« 2015 Topps Archives Signature Series 発売 | トップページ | 2015 Topps Dynasty 発売 »

2015年12月12日 (土)

2015 Bowman Draft Jumbo 開封

Untitled0

年末恒例となっているBowman Draftの開封。
昨年はSuper Jumbo版を開けましたが、今年は円安等もあって手を出しにくい値段になってたので、
それなりの値段に収まるJumbo版のほうを開けることにしました。

では、開封。





Untitled2

ペーパー版のレギュラーセットは264枚。
1st yearのドラフトピックが180枚、プロスペクトが84枚という内容でした。

ちなみに1st yearのドラフトピックもプロスペクトも区別されておらず同じ通し番号になっており、
セットにおけるテーマの統一感が失われて若干グダグダになってしまったような気がして残念…。
また、シャッフルがちゃんとできておらず、特定のカードが同じ順番で並んでるのが散見されました。



Untitled3

クローム版のレギュラーセットは70枚。
1st yearのドラフトピックが47枚、プロスペクトが23枚と、こちらも同じ割合になっています。





Untitled5
Chrome Refractor ×24枚

通常リフはパックに2枚ずつで合計24枚。
これも1st yearのドラフトピックが16枚、プロスペクトが8枚と、きれいに2:1の割合に。



Untitled6
Chrome Sky Blue Refractor H.Moyer
Chrome Sky Blue Refractor C.Tucker
Chrome Sky Blue Refractor F.Wall
Chrome Sky Blue Refractor T.Ball


シリなしパラの代表格・Silver Iceがなくなった代わりなのか、スカイブルーリフが新たに登場。
名前の通り薄い透き通った青色がきれいなカードで、なかなか好みです。



Untitled10
Untitled11
Teams of Tomorrow B.Davidson&K.Allard
Bowman Scouts Fantasy Impacts D.Swanson
Bowman Scouts Fantasy Impacts J.P.Crawford
Bowman Scouts Fantasy Impacts T.Anderson
Bowman Scouts Fantasy Impacts T.Jay
Draft Night B.Rodgers
Draft Night M.Nikorak
Draft Night A.Russell
Draft Dividends A.Blandino
Draft Dividends B.Zimmer
Draft Dividends E.Fedde
Draft Dividends H.Renfroe


インサートは4種、合計12枚。

Teams of Tomorrowはクローム・リフ・ダイカットの各種加工が施されています。
また、カードのデザインとダイカットの仕方が綺麗にマッチしており秀逸な出来だと思います。

Bowman Scouts Fantasy Impactsはプロスペクトたちの2016年を予想したもの。
成長したらどんなタイプの選手になるのか、比較としてメジャーリーガーの名前をあげているので、
プロスペクトに詳しくない人でもどのような選手なのかイメージできるようになっている親切設計。

Draft Nightは指名を受けた直後のドラフトピックたちの写真を使ったインサート。
選手たちがプレー中とはまったく違った表情を見せているのが印象的です。

Draft Dividendsは過去に2度指名を受けたことがある選手たちをテーマにしたもの。
1度目から2度目までにどのくらい順位があがったのかが数値化されてるのですが、みんな極端な数。
A.Blandinoの1127位アップとかになるとさすがに笑えてきます。





Untitled14
Chrome Green Refractor T.Alexander /99
Chrome Purple Refractor T.Jay /250
Base Set Silver K.Wilcok /499
Base Set Silver C.Stewart /499


シリアルパラレルは色リフ2枚+シルバーパラ2枚の合計4枚。
どちらのパラも枠の色がBowmanのものと比べて少し濃くなっており、見栄えが良くなってます。
カードを並べて比較しないとわからないようなレベルの違いですが…。



んで、最後にドラフトピックオート。





Untitled20
Chrome Draft Pick Prospect Autograph B.Lilek

B.Lilekは全体50位、マーリンズ2巡目指名の大学生左腕。
90マイル強の速球、スライダー、チェンジアップが持ち球。
大学時代に怪我やコントロール難に苦しんだせいもあり、評価はイマイチな感じです。





Tyler_nevin_1st_auto
Chrome Draft Pick Prospect Autograph Tyler Nevin

Tyler Nevinは全体38位、ロッキーズ1巡目指名の高校生内野手。
1992年のドラフト全体1位指名選手・Phil Nevinの息子、トミージョン手術をやって昨年全休など、
個人的なエピソードは有名なようですが、プレーヤーとしての評価は知名度ほど高くはない様子。
コンタクトがうまくて、将来的にパワーが付きそうと言われているので今後に期待。





Nolan_watson_1st_auto
Chrome Draft Pick Prospect Autograph Nolan Watson

Nolan Watsonは全体33位、ロイヤルズ1巡目指名の高校生右腕。
90マイル強の速球、スライダー、カーブ、チェンジアップが持ち球。
体格がよくてフォームもきれいと、ピッチャーとして基礎となる部分への評価は高いのですが、
他に突出したツールを持っていないので先発ローテの3,4番手クラスの選手だと言われてます。





以上、開封終了。

所々細かな変更点はあるものの、いつも通りの安定した内容の商品ですね。
ベースセットは大ボリューム、インサートは多種多様、メインヒットにはビッグヒットの夢があると、
トレカの楽しみをきっちりおさえているところはやはり大きいです。

オートの内容は昨年から少し改善されたのではないかと思います。
1巡目の選手のラインナップ数は昨年と同じ35種なんですが、全体のラインナップ数は70種から60種に。
オートの封入枚数が少ないBowmanシリーズでは1巡目の選手が引きやすいというのはかなり有難いです。
全体1004位・34巡目のConor Biggio(Craig Biggioの息子)等を入れてるのは相変わらずアレですが。

|

« 2015 Topps Archives Signature Series 発売 | トップページ | 2015 Topps Dynasty 発売 »

MLB 開封結果 2015」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/62919102

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 Bowman Draft Jumbo 開封:

« 2015 Topps Archives Signature Series 発売 | トップページ | 2015 Topps Dynasty 発売 »