« 2015 Topps High Tek 開封 | トップページ | 2015 Panini Contenders 発売 »

2015年10月28日 (水)

来日外国人のMLBカード その23

レギュラーシーズンが終わり、来期に向けた戦力補強が始まっているプロ野球。
今季新たに加入したものの来期の契約を見送られる外国人助っ人のニュースが聞こえてきましたので、
シーズン中に「来日外国人のMLBカード」カテゴリで紹介しそこねたカードを今のうちに紹介します。





Untitled6
広島東洋カープ ヘスス・グスマン

広島東洋カープの助っ人、ヘスス・グスマンのカードです。

資金が豊富ではないカープが未知数の新外国人に1億円もつぎ込んだというのには驚きましたが、
このカードを見つけてカード裏にある選手紹介を読んだときはもっと驚きました。

その選手紹介とは、「サードとセカンドの経験あり」「守備練習を頑張ってきた」というもの。
これだけだとよくある普通の選手紹介ですが、グスマンのプレーを見た後だと確実に驚くと思います。
なぜなら、「普通の送球を落球する」「守備範囲と打球への反応が絶望的」「守備への積極性なし」と、
ここ十数年の間で広島のファーストを守った選手達のなかでもダントツで守備がアレな選手だから。
「セカンドの経験あり」と書かれていたのを見たときはなんかの間違いと思って二度見したほど…。

ちなみに驚いたのは守備に関する記述だけで、打撃に関する記述はかなり正確。
「ギャップパワーのあるバット(中距離バッター)」「選球眼を見せる」という紹介はズバリです。
早打ちばかりのカープ打線の中、じっくり球を見極めて出塁できるところは印象的でした。





Untitled2
Untitled3
広島東洋カープ ネイト・シアーホルツ

こちらも広島東洋カープの助っ人、ネイト・シアーホルツのカードです。

1段目が2005年、2段目が2007年、3段目が2008年に発行されており、すべて若手をテーマにしたカード。
複数年にわたってカード化される若手選手というのは注目すべき有望株ということに他ならないので、
このことからもシアーホルツがいかに期待されていた選手なのかがわかります。

カード裏の選手紹介ではパワーがあることが強調されており、実際プロ野球でも結構打ちましたが、
引っ張りしかできないので守備シフトを敷かれる、チェンジアップやインハイの直球に対応できない、
体調を崩しまくりと、他の面で色々な問題が露呈してしまって残念な結果に。
前述したように名が知られていた元プロスペクトだったので期待していたのですが…う~ん。


ちなみに1段目右のカードには2人の選手が一緒に写っていますが、もう一人はフレッド・ルイス
この選手も同じくカープに在籍したことがある選手です。

助っ人外国人が2人一緒に写ってるMLBカードって久しぶりだなあと思ったら、8年ぶりでした

|

« 2015 Topps High Tek 開封 | トップページ | 2015 Panini Contenders 発売 »

来日外国人」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/62242745

この記事へのトラックバック一覧です: 来日外国人のMLBカード その23:

« 2015 Topps High Tek 開封 | トップページ | 2015 Panini Contenders 発売 »