« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月25日 (土)

2015 Topps Strata

2015 Topps Strataの内容が発表、1箱=1パック=オート1枚+メモラ1枚という構成の超高級版だとか。
カードはすべて透明プラスチック製のカードで、オートは直書き仕様を予定。


封入されるオートはおそらく以下の4種。

1つ目はStrata Autograph。
スタンダードなシングルオートで、レギュラーカードがない今作でのベースセット的な立ち位置?

2つ目はStrata Signature Patch。
ジャンボサイズのメモラをカード内部に埋め込み、それを透明プラで挟み込んでオートを書いた代物。
Topps Seriesにも入ってる人気のアレです。

3つ目はStrata Signature。
上記のStrata Signature Patchのパッチ部分がチームロゴの背景になったものらしいです。
紹介文にRelicやJerseyみたいな単語が使われていないのでメモラ素材を挟み込んでいるのではなさそう。

4つ目はClearly Authentic Auto Relic。
挟み込まれるメモラにMLBオーセンティックホログラムシールが貼られた素材が使われるらしく、
さらにMLBロゴ、ランドリータグ、ボタン、ボタンホール、マジェスティックロゴなんかもあるとか。


んで、メモラなんですが、紹介文にはClearly Authentic Relicの1種しか名前がありません。
メモラがこれ1種だとしたら「MLBオーセンティックホログラムシールが貼られたメモラが箱1オッズ」
ということになるのですが…そんなこと本当に実現できるんかいな…?
最近はメモラ素材に対する信頼感が地に落ちていているだけに、これが実現すれば面白そうです。

ただ、実際に商品が発売されてみたら目玉として紹介していたアイデアがきちんと実現されてなかったり、
事前情報にはなかったカードが入ってた、というパターンも普通にあるのでなんとも言えないですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

2015 Topps Allen & Ginter 発売

2015 Topps Allen & Ginterが発売。 開封動画はこちら(

注目のイチローのオートですが、一応何枚か出品されています。
ただ、出品されてるすべてのオートは400点で、そのうちイチローが3枚だけという状態なので、
やっぱりイチローのオートの出現確率は厳しい設定になっているようです。

MLB選手以外のオートは相変わらずバラエティに富んだメンツ。
役者、ミュージシャン、コメディアン、スポーツレポーター、スポーツライター、サッカー選手、
スポーツビジネスのアナリスト、大学フットボールのコーチ、テレビ司会者、作家、ホッケー選手、
バスケット選手、サーファー、レスラー、栄養士など様々な人たちがラインナップされています。
ミュージシャンの肩書きでBernie WilliamsがいたりするのもAllen & Ginterらしいですね。

ちなみに、この中でも飛びぬけて怪しげなのが、口ひげアーティスト
とりあえず検索してみましたが、どうやら伸ばした髭を様々な形に変えて披露している人のよう。

毎年封入される珍メモラ、今年は「Allen&Ginterを作成する際の資料(?)の一部」なんてのがあります。
部品表や請求書の一部をメモラにしようという発想にはさすがに驚かされました。


<追記>
2015 Panini Cooperstownが発売。 開封動画はこちら(
ダイカットやエッチングなどの表面加工が凝っているインサートが多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

2015 Bowman Inception 発売

2015 Bowman Inceptionが発売。 開封動画はこちら(

プロスペクトオートのメンツはトッププロスペクトと評価されるような選手が中心。
いい選手が高確率で出るみたいですしオートの封入枚数も多いので、コストパフォーマンスは良さそう。
ただ、本家Bowmanのように1st yearに拘っていないこともあり、オートを頻繁に書いてる選手が多く、
ラインナップを眺めると若干マンネリを感じるメンツになっているような気がしないでもありません。

いつも通り目玉選手(GalloやBryantら)はSPなんですが、もしかしたらKyle SchwarberはSPではないかも?
シリなしの通常オートがすでに複数出品されています。

ビッグヒットにはFutures Gameのパッチを使ったド派手なメモラオートがありますが、期待度は薄め。
686~1408箱に1枚みたいなオッズだとさすがに厳しいような…。
ミドルサイズのパッチオートだと2~3ケースに1枚くらいのオッズになっており、こちらは良さげ。


<追記>
2015 Panini Eliteが発売。 開封動画はこちら(


<追記の追記>
2015 Topps Stadium ClubのMember’s Onlyパラは7枚限定、Orange Black&Whiteパラは17枚限定、
Black foilパラは201枚限定になっているそうです。


<追記の追記の追記>
Topps Seriesに封入されている人気オート・Strata Signatureが単独ブランド化か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

2014 Bowman Sterling USA Edition 開封 2パック目

2014 Bowman Sterlingをこっそりパックで購入。
これまでのものと比べると内容が若干アレなんで追加しなくてもいいかなと思ってたんですが、
もう少しドラフトピックのオートを集めておきたかったので、封入枚数が多いこれをチョイス。
セール価格で買いやすくなっているというのも購入を決めた理由のひとつですが。

では、開封。





Untitled2
Base Set Rookie J.Marisnick

レギュラーの背景は天体の軌道と宇宙の広がりをイメージしたCGデザイン+モノクロカラー。
身長・体重・利き手等のプロフィールが表側にこっそり書かれているのが面白いです。

このブランドでは高級感を感じさせるような上品な模様が描かれるのが定番だったのですが、
2013年版からはそれまでとはまた違ったラインのデザインになってきましたね。





Untitled4
Prospect Autograph Mike Papi

Mike Papiはドラフト全体38位、インディアンス1巡目指名の大学生外野手。
我慢強くボールを待つ・選球眼に優れる・コンタクト能力が高い、と非常に洗練された打者。
ラインドライブヒッターですが、体格が良いためもう少しパワーがつく可能性もあるようです。
今の守備位置はライトですが、いずれファーストに移ると見られています。
ただ、ファーストを守る選手に求められるような打撃が出来るかは怪しいらしいですが…。





Untitled5
Prospect Autograph Luis Ortiz

Luis Ortizはドラフト全体30位、レンジャーズ1巡目指名の高校生右腕。
最速96マイルの速球、スライダー、チェンジアップが持ち球。
高校生ですが体が出来上がっているので身体的な伸びしろはほとんど残されていないことや、
腕を痛めた影響で長いイニングを投げていなかったことを心配する声もちらほらとあります。





Untitled6
Prospect Autograph Max Pentecost

Max Pentecostはドラフト全体11位、ブルージェイズ1巡目指名の大学生捕手。
バッティングが良い捕手で、スムーズなスイングでラインドライブの打球を放つのが特徴。
HRを打ちまくるようなタイプではありませんが、高打率とそこそこのHRが期待できそうです。
守備のツールは平均的なんですが、身体能力があるので今後も捕手を続けられそうだとか。
唯一の心配事は怪我がちなことでしょうか。



ドラフトピックのオートが狙いでしたが、3枚すべてがその通りになったのでラッキーでした。
今年のオートはドラフトピックとそれ以外のプロスペクトの割合が半々くらいになっており、
ドラフトピックが1枚も含まれていないパックに出会うことも普通にありえたので。

ちなみに今回引いた選手ですが、Papiは1A+で大不振、Pentecostは肩の手術で長期離脱中…。
う~ん…またドラフトピックのオートを補充したほうがいいのかなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »