« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月25日 (木)

2015 Topps Stadium Club 発売

2015 Topps Stadium Clubが発売。 開封動画はこちら(

レギュラーカードがメインのブランドということで、今年も秀逸な写真のカードが多いです。
同じ写真が使いまわされることが多い引退選手のカードでも珍しい写真が使われてて好印象。

ベースセットオートはそのレギュラーを流用したものなので、これも写真が綺麗。
メンツはルーキー・若手がメインでファンフェイバリットな引退選手がちょこちょこ混じる感じ。
リストにはスター選手の名前が結構あるのですが、当然SPです。

Co-Signers等のビッグヒットもありますが、発行数・選手数が絞られてるのでやや厳しいかも。

インサートだとケースヒットのCrystal Ball印象的な出来
選手の写真がカード内部に埋め込まれており、それをレンズから覗き込むように見る加工になってます。



<追記>
2015 Bowman's Bestは1箱=6パック入りのミニボックス2つの構成で、オートが4枚の内容だとか。
1995年版で使われたAtomic RefractorパラやMirror Imageインサートを復刻させるらしいので、
レトロテーマを軸にした商品になりそうな感じです。

ちなみに発売は年末を予定してるとか。
少し前に「既存のBowmanシリーズのうちどれかが削減されるのではないか」という話がありましたが、
Bowman Sterlingが「年末に発売されるオート多めの商品」という点でBowman's Bestと被る事になるので、
削減されるのはBowman Sterlingになるのでしょうか

<追記の追記>
2015 Topps Series2が発売。 開封動画はこちら(

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

2015 Topps Finest 発売

2015 Topps Finestが発売。 開封動画はこちら(

今年のカードデザインはダイヤモンドカットを思わせるCG背景が使われて現代的な雰囲気のものに。
余談ですが、個人的には90年代風レトロデザインを使っていた去年までの雰囲気が好きだったので、
デザインの路線が変わってしまったのはなんとも複雑…。

ベースオートはルーキー・現役選手がミックスされた内容です。
ここ数年間はオートがRCオートで固定され、ルーキー好きでないと楽しむのが難しい内容でしたが、
この変更のおかげでライトなコレクターでも比較的楽しめるようになったのではないかと思います。
ただ、ルーキーと現役選手が一緒にラインナップされてはいますが、ルーキーは発行枚数が多くて、
現役選手(特にスター)はSPぎみなので、「オートはRCオートがメイン」と考えたほうが良さげ。

ケースヒットのFinest Greatsは相変わらず優秀な出来。
メンツは殿堂入りレベルのスターのみで構成されてカードは直書き+リフ加工という美麗仕様なのに、
これがビッグヒット級オッズではなくケース1オッズで保障されているのはありがたいですね。

インサートではケースヒットのFinest Careers Die-Cutがいい感じ。
Derek Jeterのキャリアをテーマにしたカードなんですが、写真のチョイスやダイカット加工が秀逸。



<追記>
注目のKris BryantのRCオートはレデンプションでした。
実物のカードが出回るようになるのはもう少し先のようですね。

<追記の追記>
2015 Topps Archivesが発売。 開封動画はこちら(

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »