« 2015 BBM 広島東洋カープ 開封 | トップページ | 2015 Topps Finest 発売 »

2015年5月28日 (木)

2015 Topps Tier One USA Edition 開封

Untitled0

2012年以来、毎年購入しているTier One。
バットノブなどのエグいメモラを期待して買っているものの、今のところ全く縁がありません。
とはいえ、インクバリエーションが3年連続で出るなど相性はいいみたいなので、今年も購入。

では、開封。





Untitled2
Tier One Relic C.Biggio /199

ボックスヒット1枚目はシングルジャージ。
このポジションのメモラは大半がシングルメモラなので、ヒット3枚の中では存在感が薄め。

ただしカードそのものは非常に格好良いです。
背景が黒メインになっているので表面に施された金の箔押しの輝きがより引き立っています。





Untitled3
New Guard Autograph J.Cosart /399

ボックスヒット2枚目は若手オート。
J.Cosartは昨年2桁勝利を達成した主力級のピッチャーなのでぼちぼちの引きでしょうか。

こちらのカードも背景が黒っぽくなっており、渋いデザインに。
チームカラーと同じ原色を組み込んでいた昨年までのデザインも悪くなかったと思うのですが、
このような落ち着いたデザインもなかなかいいですね。





Ozzie_smith_tier_one_auto
Tier One Autograph Ozzie Smith /99

最後のボックスヒットはTier Oneオートでした。
最近はBowmanブランドばかり開けていたので殿堂入り選手のオートを引くのは久々になりますし、
それが美麗デザイン+直書きのカードだったのでめちゃくちゃ嬉しかったです。

Ozzieを引くのは2006年に開けた2004 Donruss Throwback Threadsのとき以来、9年ぶり。





以上、開封終了。

内容は例年通りですし、開封したときの印象も昨年までのものとほぼ同じでした。
なので、締めの文は昨年書いたものを流用した手抜き仕様です。

派手すぎないけど上品な箔押しがなされた美麗カードに直書きされたオートが2枚も保障されており、
若手と現役or引退選手の両方が必ず出る構成なので、一定水準以上のカードが約束されています。
それに加えてインクバリエーション、メモラオート、Tier Oneオート、ジャンボパッチ、バットノブ、
コンボオートなどのビッグヒットが現実的なオッズで用意されているので開封に期待感があるのも◎。
ケース開封動画を見るとケースヒット級のものが2枚入った箱もあるので、ハマるとデカそう。

ただ、箱の中身がヒット系カード3枚だけでなので満足いく引きでなければかなり痛いですし、
肝心のオートのメンツもピンキリ感が強く、有名選手はSPになっているので、甘くはありません。

そういう意味では、かなりハイリスクハイリターンでギャンブル性が高い商品になっています。

|

« 2015 BBM 広島東洋カープ 開封 | トップページ | 2015 Topps Finest 発売 »

MLB 開封結果 2015」カテゴリの記事

コメント

おお~~!!
オジーですか~!
相変わらず丁寧なサインですね。
カードの構成も秀逸。
素晴らしい引きですね!

投稿: yoshikazu | 2015年5月31日 (日) 23時46分

>相変わらず丁寧なサインですね。
レジェンド選手はずっと綺麗なサインを書き続けてくれてる人が多いですね~。
このファンサービスは本当にありがたいです。

>カードの構成も秀逸。
Tier Oneの魅せるカードが好きなので、今回の引きは格別でした…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2015年6月 1日 (月) 22時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/60158868

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 Topps Tier One USA Edition 開封:

« 2015 BBM 広島東洋カープ 開封 | トップページ | 2015 Topps Finest 発売 »