« Kris BryantのRC | トップページ | 2012 Bowman Sterling USA Edition 開封 1パック »

2015年5月 1日 (金)

2015 Bowman Jumbo 開封

Untitled0

今年もBowmanのJumbo版を開封。
昨年のような日本人ルーキー(田中将大)、超大物プロスペクト(AbreuやBryant)はいませんが、
プロスペクト好きには外せないシリーズですし、2箱分の値段でオート3枚というのはやはり魅力。

では、開封。





Untitled2

今年のカードデザインにはちょっと違和感。
写真の四方を枠で囲んでいるところはいつものデザインなんですが、枠の左右どちらかが半透明に。
そこの部分は背景写真が透けてて、枠が半分しかないように見えるのが違和感の原因でしょうか。
「Bowmanのベースセット=枠できっちり囲まれたデザイン」というのに慣れてたので、変な感じ。

ちなみに右枠が透けているのがレギュラー・RC、左枠が透けてるのがプロスペクトです。



Untitled3

プロスペクトクロームはこんな感じ。
ペーパー版では赤色だったBowmanロゴがクローム版では青色に変わっています。

ちなみに今年のプロスペクトのメンツは、全体の40%くらいが1st Card発行済みの選手たち。
ですので「まだ発掘されてない若手のカードを集める」というBowmanの魅力が薄らいでいます。
Bowman・Bowman Chrome・Bowman Draftと本家シリーズを1年だけで3つも出しちゃってますから、
次の年に1st Cardを作れる選手が限られてネタ切れになるのは仕方ないのかもしれません。

カード裏の細かいスカウティングレポートが帰ってきていたのは嬉しかったです。
2014 Bowman Draftのカード裏面は成績を大雑把なグラフにしただけのもので物足りなかったので。





Untitled5
Base Set Silver Ice K.Suzuki
Prospect Silver Ice J.Rhoades


シリなしのパラレルはSilver Iceが2枚だけ。
昨年入っていたState & Hometownパラが今年は入っておらず残念。



Untitled7
Untitled8
Rookie Recollection J.Olerud
Bowman Scouts' Top 100 D.Norris
Bowman Scouts' Top 100 T.Glasnow
Bowman Scouts' Top 100 A.Jackson
Bowman Scouts' Top 100 J.Taillon
Bowman Scouts' Top 100 D.Pompey
The Farm's Finest Mini C.Gillaspie
The Farm's Finest Mini C.Moran
The Farm's Finest Mini D.Dahl
The Farm's Finest Mini D.Pompey
The Farm's Finest Mini R.Stephenson
The Farm's Finest Mini T.Kolek


インサートは3種・合計12枚が出現。

Rookie Recollectionは過去の名選手を今年のBowmanデザインでカード化したもの。
写真は若い時期のもので、カード裏にはスカウティングレポートや学生時代の成績も載っており、
「あの選手のプロスペクトカードが2015年に作られたら」というifをちゃんと再現してあります。

Bowman Scouts' Top 100とThe Farm's Finest Miniはプロスペクトをランク付けしたインサート。
テーマそのものは昨年のものと完全に同じなんですが、前者はクローム加工からリフ加工になり、
後者はリフ加工からウェーブタイプのリフ加工になっており、ちょっとパワーアップしてます。
Bowman Scouts' Top 100は封入枚数も増加。





Untitled10
Chrome Prospect Purple Refractor F.Montas /250
Chrome Prospect Refractor R.Merritt /499
The Farm's Finest Mini Blue Shimmer Refractor T.Taylor /150
Base Set Gold G.Blanco /50
Base Set Purple J.Arrieta /250
Base Set Silver B.Ziegler /499


シリアル入りのパラレルは6枚出現。

ペーパー版・リフ版の両方に250シリのパープルパラが入るようになったので、シリパラは多め。
好みは分かれるかもしれませんが、個人的にはシリパラが多く出る商品が好きなのでこれは○。



んで、最後にオート3枚。





Untitled15
Chrome Prospect Autograph Refractor J.Bauers /499

J.Bauersは2013年ドラフト全体208位、パドレス7巡目指名の高校生内野手。
選球眼がよい・コンタクト能力が高い・パワーもそこそこと、まとまったバッターなんですが、
守備位置がファーストに限られた中距離砲というのがなんとも微妙な感じ。
体格も小柄なため、将来的にパワーがつく可能性も高くないといわれているのが残念。





Tellez_purple_ref_1st_auto
Chrome Prospect Autograph Purple Refractor Rowdy Tellez /250


Rowdy Tellezは2013年ドラフト全体895位、ブルージェイズ30巡目指名の高校生内野手。
16歳のときに出場したホームランダービーで462フィートの打球を放ったこともある長距離砲。
球の見極めも悪くないしすべての方向に強い打球が打てるらしいので打者としてはなかなか。
ただ、これまでのところはその能力を成績に反映させれらていないので頑張ってほしいですね。
なお、指名順位が低いのは進学の可能性が高くて指名しても契約できない恐れがあったため。





Jorge_mateo_1st_auto
Chrome Prospect Autograph Jorge Mateo

Jorge Mateoは2012年の海外FAでドミニカからヤンキースに加入した内野手。
スピードが最大の武器で、昨年のドミニカサマーリーグでは64試合で49個の盗塁を決めています。
打席内のアプローチ・バットスピード・打撃技術なども高く評価されており、打撃も良さそう。
ショートの守備では、スピードを生かした守備範囲と肩の強さが評価されています。





以上、開封終了。

基本構成はいつも通りしっかりしています。
レギュラー・インサート・パラレル・オートなど多様なカードが用意されてボリューム感があり、
それらのカードが色々な加工と工夫を凝らした出来なので、安心して開封が楽しめます。
メジャーリーガーではなくマイナーリーガーをメインに据えた商品なのでかなり癖がありますが。

唯一残念に思ったのが、プロスペクトのメンツ。
1st Card発行済みの選手がかなり多くなっており、1st Cardを集めたい自分にとっては痛いです。
「まだ発掘されてない若手のカードを集める」というのがBowman最大の魅力であるにも関わらず、
自らその魅力を減じてしまうのはさすがに勿体無いのではないかと思います。
オートはラインナップ数が少しだけスリムになったので、そこは良かったです。



<追記>
話題のキューバ人プロスペクト・Yoan MoncadaがLeaf社とサインに関する契約を結びました。
契約期間は複数年で、Leaf社はかなりの額を積んだっぽいです。


<追記の追記>
2015 Bowman
発売。 開封動画はこちら(

<追記の追記の追記>
2015 Panini Diamond Kings
発売。 開封動画はこちら(

|

« Kris BryantのRC | トップページ | 2012 Bowman Sterling USA Edition 開封 1パック »

MLB 開封結果 2015」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/59832803

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 Bowman Jumbo 開封:

« Kris BryantのRC | トップページ | 2012 Bowman Sterling USA Edition 開封 1パック »