« 2015 Bowman Jumbo 開封 | トップページ | 商品情報 小ネタ »

2015年5月 6日 (水)

2012 Bowman Sterling USA Edition 開封 1パック

普段はあまり足を運ばない玩具屋を訪れたところ、隅っこにMLBカードが置いてあるのを発見。
トレカ専門のショップではないのでもしかしたら掘り出し物が残ってるかもと思って見てみると、
2012 Bowman Sterling(USA版)のパックがちょっと安めの値段で置いてありました。

この商品はすでに5パック開けているのでパスしようかとも思ったのですが、USA版はまだ未購入、
この年のプロスペクトはJ.Gallo、C.Seager、A.Russell、D.Dahlなどの魅力的なバッターが多い、
1of1オートダルビッシュ10シリインサートを引くなど相性も良い、ということを考えて、購入。

では、開封。





Untitled2
Prospect K.De la Cruz

日版のものと合わせて6パック目ですが、プロスペクトはこれでまだ2枚目。
プロスペクト・RC・インサートのいずれかが1枚のみの封入だと、数を集めるのは相当大変です。
シングル買いを駆使したとしてもコンプするには結構な資金がいりそう…。





Untitled4
Rookie Autograph A.Gose

オート1枚目はA.GoseのRCオート。
いきなりダブりが発生したのは残念ですが、A.Goseが開幕から打撃好調なので悪くない引きかも。
身体能力が高くて守備走塁は一流、課題は打撃という選手が打撃開眼すればロマンがありますね。





Untitled5
Prospect Autograph P.O'brien

オート2枚目はP.O'brienのオート。
マイナー1年目の低評価を跳ね返し、2年目からはなかなかのバッティング成績を残しています。
ただ、コンタクト能力に欠けるうえにフリースインガータイプなのでまだ穴が多いようですし、
ポジションを捕手から外野・一塁へ変えられたばかりなので、メジャー昇格は少し先かも。

ちなみにこのオートもダブり
オートが2枚もダブり、しかもその組み合わせが日版の3パック目と同じというのはちょっと…。
やはり封入の組み合わせには一定のパターンがあるみたいですね。

んで、オート3枚目なんですが、これはさすがにダブりではありませんでした。





Zunino_gold_ref_1st_auto
Prospect Autograph Gold Refractor Mike Zunino /50

オート3枚目はMike Zuninoのゴールドリフオート。
Zuninoは2012年のドラフトで高い評価を得ていた野手ですが、メジャーでは苦しんでいます。
打者不利のセーフコ・フィールドを本拠地にしてシーズン22HRを打てるパワーはさすがですが、
打席内でのアプローチに課題を残しており、打率・出塁率・三振率が壊滅的な状態。
球の見極めさえなんとかなれば良いバッターになれるはずなので、頑張ってほしいです。


少し古めの商品を開封するのはやっぱり良いですね。
懐かしみながら開封を楽しめますし、出てきたカードへの印象も当時とは違うので味わい深いです。
お店にはまだいくつか気になる商品があったので、資金に余裕があるときにまた寄ってみるかも?



<追記>
2015 Topps Five Star
は1箱=1パック=オート2枚の構成になり、お値段も安めになるとか。
初登場時から徐々にパワーダウンして微妙な内容になりつつあったので、てこ入れでしょうか。

<追記の追記>
ウェブページの過去の開封結果まとめに少しだけ手を入れてみました。
開封記事へのリンクを置いてるのですが、リンクが200件を超えてしまって選びにくくなったので、
内容が良かった開封結果へのリンクに「Ranking03001」のマークを付けてみました。

よろしければ暇つぶしにどうぞ。

|

« 2015 Bowman Jumbo 開封 | トップページ | 商品情報 小ネタ »

MLB 開封結果 2015」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/59898107

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 Bowman Sterling USA Edition 開封 1パック:

« 2015 Bowman Jumbo 開封 | トップページ | 商品情報 小ネタ »