« 2015 Panini Diamond Kings | トップページ | 2015 Topps Tribute 発売 »

2015年3月 7日 (土)

2015 Topps HeritageのSP まとめ

2015 Topps Heritageが発売。 開封動画はこちら。(

このブランドはレギュラーのSP版が多数用意されるのが恒例なんですが、今年はそれがすごい数に。
調べてみたら覚えるのが面倒なくらい種類があったので、自分用メモも兼ねてまとめてみました。



High-Numbered
通し番号が426~500番のもの。
カード裏面左上の通し番号を確認すれば判断できるのでとてもわかりやすい。



Errors
エラーカード風のもの。
選手名、生年月日、選手紹介の記述、成績表、カード表面の写真のいずれかが間違っている。
写真のエラー以外は見分けるのが難しく、どの選手のどこの部分が間違ってるかの発表もないため、
SP版のなかでも探し出すのが最も面倒になっている感じ。

オッズは1:840。



Traded Player
トレード移籍したCespedes、Heyward、Donaldson、Millerの4人のみに存在するバリエーション。
カード裏面左上の選手プロフィール欄最下部が「Home:XXX」から「Acquired:XXX」に変わっている。

オッズは1:2,310。



Action Image
カード表面の写真違い。
通常版はポートレート風かベンチ内の写真だが、Action Imageはプレー中の写真になっている。

オッズは箱1くらい。



Color Swap
カード表面の色違い。
チーム名と選手名が書かれている欄の部分が黒地になっている。

オッズは1:140。



Throwback Uniform
カード表面の写真違い。
着ているユニフォームが復刻ユニフォームのものに変わっている。

オッズは1:3,310。



Gum Damage Back
カード裏面にチューイングガムの色が写ったような痕跡が付いている。
裏面を見ればいいので気づきやすいのですが、痕跡の色がやや薄いので見逃す可能性も。
昔のTopps製品ではパックにチューイングガムを入れたせいでカードにガムが張り付く問題が起きてたので、
それを思い起こさせるセルフパロディネタ。

レギュラーの全種に存在しているので、厳密に区別するとSPではなくパラレルに属するカードのよう。



Blue Ink Backs
通常版はカード裏面の色使いがピンクメインだが、ライトブルーメインの色使いに変わっている。
裏面の全体の色がまったく異なっているので、非常にわかりやすい。

Gum Damage Backと同じくパラレル扱い。



ちなみに①~⑥のSPは、裏面に書かれたコードを確認することでも判別できます。

カード裏面右下に「CODE#CMP0122??」と非常に小さく書かれているのですが、数字の下二桁が53は通常版、
58はHigh-Numbered、59はErrors、60はTraded Player、61はThrowback Uniform、62はAction Image、
63はColor Swapと、それぞれのSP毎にきっちり区別されています。
数字が小さいのでここをチェックし続けてSPかどうかを判断するのは苦行になるのでお薦めできませんが、
SPっぽいのを見つけた後にそれが本当にSPなのかどうかを確認するための手段としては有効かと。



<追記>
2015 Panini Diamond KingsにRuthのカットオートが入るのは確定のよう。
あと、ベケットの記者によると、2~3年前にPanini社を訪れたときにはまだRuthのパンツが2着残っていたとか。

|

« 2015 Panini Diamond Kings | トップページ | 2015 Topps Tribute 発売 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

日本でも昔のプロ野球チップスやら仮面ライダースナックやら、
こんな形で出してくれるといいんですがね。

僕はレギュラーカード重視なブランド、
かつレトロなデザインがストライクで毎年楽しみなブランドです。

投稿: 小林 | 2015年3月13日 (金) 22時50分

当時はガムをカードと直入れとかトチ狂ってましたね〜
アメリカのお菓子は砂糖ザリザリだから菌が繁殖しなかったんでしょうかw

投稿: かわうそ | 2015年3月19日 (木) 01時21分

>昔のプロ野球チップスやら仮面ライダースナック
何年か前に復刻版カードを現行のチップスに封入する流れがありましたが、長く続きませんでしたね…。
仮面ライダーのは袋もレトロなイラストを使ったりしていい感じだったので勿体無かった気がします。
一応最近のBBMが過去のインサートデザインを使ったりしてはいますが、日本ではカードのリバイバルが主流にはなりにくいんですかねえ…。

>毎年楽しみなブランドです。
デザインだけでなくコンセプトまで当時の雰囲気を出そうと頑張ってるブランドですしね~あの雰囲気が好きな人にはこれ以上ない商品ですね。

投稿: へっぽこ太郎 | 2015年3月19日 (木) 20時02分

>当時はガムをカードと直入れとかトチ狂ってましたね〜
パックも紙の包み紙でしたし恐ろしい衛生状態ですね(笑

>アメリカのお菓子は砂糖ザリザリだから菌が繁殖しなかったんでしょうかw
7年前にHidden Treasures World's Greatest Card Chaseを開けたときにガム入りパックがありましたが、カビも生えず変色してなかったので驚いた記憶があります。
ただ、youtubeに古いToppsの未開封パックを開ける動画があったのですが、その中であのガムを口に入れた途端吐き出すという場面がありましたのでかなりヤバそうです。

投稿: へっぽこ太郎 | 2015年3月19日 (木) 20時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/59180045

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 Topps HeritageのSP まとめ:

« 2015 Panini Diamond Kings | トップページ | 2015 Topps Tribute 発売 »