« 2015 Topps Tribute 発売 | トップページ | 2014 Panini Elite Extra Edition 開封 10パック+α »

2015年3月25日 (水)

2014 Bowman Sterling USA Edition 開封 1パック

毎年パック購入しているBowman Sterlingですが、2014年版はちょっと引き気味。
これを買う動機はその年のドラフトピック、特にドラ1たちのオートを多く集めることなんですが、
Bowman Draftのオートが十分満足いく内容であったため、こちらを開ける動機が薄れてしまいました。
また、2014 Bowman Sterlingの内容にも若干引っかかるところがありましたし、手を出さないままに。

そうやって放置しているとセール価格で売られ始めたのでとりあえず1つ買ってみることにしました。
極端に悪い内容というわけでもありませんし、お気に入りブランドを全く開けないのもなんですし、
ちょっと摘んでみるのも良いかなと。

では、開封。





Untitled2
1989 Bowman is Back Silver Diamond Refractor J.Gallo


パック1封入のオートなしカードはBowman共通の復刻デザインインサートでした。
格好いいカードなんですが、これは他のBowmanブランドでも出るインサートなのでちょっと残念。

超高級版ブランドで、しかもパックに1枚しかベースセットを入れない構成であることを考えると、
普通にBowman Sterlingのレギュラー・プロスペクトが出てくれたほうが有難い気がします。





Untitled4
Prospect Autograph M.Johnson

M.Johnsonは2012年ドラフト全体291位、ホワイトソックス9巡目指名の大学生内野手。
俊足が最大の武器で2013年にはシーズン84盗塁を記録したのですが、2014年は22個と大幅に減少。
ハムストリングを痛めたことが影響したとはいえ、これはちょっと残念。
長打力がなく守備も改善の余地ありといわれるなど期待度が下がり気味なので頑張ってほしいです。



Untitled5
Prospect Autograph Lucas Giolito

Lucas Giolitoは2012年ドラフト全体16位、ナショナルズ1巡目指名の高校生右腕。
100マイル近い速球、カーブ、チェンジアップが持ち球。
球速がある、空振りが取れる変化球がある、制球力がある、身長が高い、ゴロ率が高いなどなど、
ピッチャーに必要な要素をほとんど持っているので、チームの次世代のエースと期待されてます。

ドラフト前にトミージョン手術を行ったため彼を高順位で指名するのは高リスクと言われましたが、
復帰して2年で手術以前とほぼ同じパフォーマンスを出せるようになったため指名は大正解でした。



Untitled6
Prospect Autograph Erick Fedde

Erick Feddeはドラフト全体18位、ナショナルズ1巡目指名の大学生右腕。
最速97マイルの速球、スライダー、チェンジアップが持ち球。
ドラフト前にトミージョン手術を行いながらも1巡目で指名された投手というのはGiolitoと同じ。
復活するというところまで同じ流れになるかはわかりませんので、復帰後の投球に要注目です。





以上、開封終了。

う~ん、なんだかんだ言っても開けると普通に面白いブランドですね。
やはり1パックにオート3枚入りいうのはお手軽ですし、いろんな選手を集めたい人には有難いです。
他にも各種リフやビッグヒット系オートもあるので開封時の期待感もちゃんとありますし。

上記のように基本構成は良いのですが…肝心のオートの中身が厳しいのでなんかアレな印象に。

ドラフトピックのオートはBowman Draftとは違って1巡目選手で固めているので良いと思うのですが、
それ以外のプロスペクトは他のBowmanブランドでオートを書いている選手ばかりなので新鮮味がなく
2~3年連続でSterlingに登場している選手までいるのはさすがにいかがなものかと…。
78種とメンツの数は多いのに、BryantやAppelなどの2014年度の目玉選手が皆無なのも驚き。

Sterlingとしての基本構成は同じままですが、その中身がパワーダウンしすぎたせいで残念な感じに。
Bowmanブランドを乱発するようになってからこんな傾向が色々な商品で見られるようになりましたが、
この人気商品でもその問題が露骨に出てきてしまったのは少なからずショック。
後述の追記からもわかるように、ToppsもBowmanブランドをなんとかしようと動くようですが…?



<追記>
Bowman's Best
Bowman Series2が帰ってくるとか。
この影響で他のBowmanブランドが出なくなると言われ、それはPlatinumとSterlingではとの予想も。

Bowman's BestとBowman Platinumはコンセプトや雰囲気が似ているので違いは少ないと思うのですが、
Bowman Series2とBowman Sterlingではあまりに違いすぎているので、個人的にはすごく疑問です。
近年のBowmanはBowman Chromeを内包しているのですから、Bowman Chromeが取って代わられるような?


<追記の追記>
2015 Topps Heritage High Numberはセットではなくボックス&パック形式で発売される予定だとか。


<追記の追記の追記>
2015 Topps Tributeでのオートの掠れ問題が、未開封箱の回収にまで発展。
該当のオートもToppsに連絡してから送り返せば「同じプライスの代替カード+α」が帰ってくるとか。

|

« 2015 Topps Tribute 発売 | トップページ | 2014 Panini Elite Extra Edition 開封 10パック+α »

MLB 開封結果 2015」カテゴリの記事

コメント

お初にコメントさせていただきます。

少し前の記事でレデンプションの代替カードの送付依頼をされているのを見て自分も2年以上動きがないレデンプションがあることを思い出した(2012 Bowman PlatinumのBowman Black Auto)のですが、この代替依頼はToppsのどのアドレスへリクエストすれば良いのでしょうか?
折角のBowman Black Autoはもう来なさそうなので帰ってくれば何でもいいやなくらいの気持ちで依頼しようと思ったのですが何処に送ればいいのかがわからなかったため質問させて頂きました。

投稿: 賀正 | 2015年3月27日 (金) 02時04分

>Toppsのどのアドレスへリクエストすれば良いのでしょうか
窓口的なアドレスがsupport@topps.comくらいしかなさそうだったので、こちらにメールしました。
その後、customersupport@topps.comから返信がくるのでそれへの返信でやりとりが進みました。
最初からcustomersupport@topps.comのほうがいいかもしれませんが、調べてもToppsのHPなどにもハッキリ書かれていないので謎です…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2015年3月27日 (金) 23時48分

返信ありがとうございます。
customersupportの方へ送ってみて返信が無さそうだったらsupportの方にも送ってみようと思います。

投稿: 賀正 | 2015年3月29日 (日) 01時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/59381254

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 Bowman Sterling USA Edition 開封 1パック:

« 2015 Topps Tribute 発売 | トップページ | 2014 Panini Elite Extra Edition 開封 10パック+α »