« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

2015 Panini Diamond Kings

Donruss系メーカーの名ブランド・Diamond Kingsが10年ぶりに復活
油絵風のイラストや額をイメージしたフレームパラといったお馴染みの加工がきっちりあるようですし、
1箱=12パック、箱に2枚のオートorメモラが封入という基本構成までもが10年前と同じような内容に。

ちなみに、Babe Ruthのメモラ・カットオート(?)も一緒に復活するようです。
販促チラシのメモラ画像では挟み込まれている素材がストライプ入りジャージになっているのですが、
実際にそのような素材が使われるのでしょうか?
Paniniの前身であるDonruss・Leaf・Playoff社は本物のBabe Ruthの実使用ジャージを持ってましたが、
MLBライセンスの契約が2005年で切れると決まってから色んな商品にジャージをブチ込みまくったので、
たぶんあのジャージは使い切っていると思うのですが…。

あのときのジャージの一部がまだ残っていたのか?それともPaniniが新たにジャージを仕入れたのか?
2000年代のDonruss製Ruthジャージーカードに強い憧れを持っていただけに、かなり気になります。

販促チラシと違い、実物は「memorabiliaという名の謎の木片」でしたというオチも十分ありえますが。



<追記>
2015 Topps Triple Threadsにはメモラパーツが10個のフォルダ型メモラ・メモラオートがあるとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

レデンプションの代替品 到着

記事更新のネタがなくてどうしようかと考えていると、放置中のレデがあることを思い出しました。

登録してから3年が経っていますが一切動きがありませんし、そもそもオートを書くべき選手本人が
2012年以降オートを書いておらず、該当カードが作られる可能性がないので帰還する可能性もゼロ。
このままにしていても仕方ないので、ネタ作りも兼ねてToppsに代替カードの送付を頼んでみました。

ちなみに元々のカードはこれ。



Untitled5
2011 Bowman Sterling Prospect Autograph B.Snell




んで、届いたのがこのカード。



Untitled2
2013 Topps Chrome Rookie Autograph Refractor A.Hechavarria /499

無名のプロスペクトのオートがメジャーでスタメンを張る選手のRCリフオートに代わりました。
代替を頼む際に希望するカードを提示してみたのですがその望みは叶えられそうになかったですし、
元々のカードがベケプラ8ドルのコモンオートなので、代替品に期待はしてなかったのですが…。
プライス的には大差のないカードかもしれませんが、これはなかなか嬉しかったです。

なお、今回はいつものオレンジ封筒ではなく、FedExで届きました。
高額カードでもないのにFedExを使うということは、Toppsはレデのトラブルに気を使ってるのかも?
メールで代替に関するやり取りが済んでから一週間ちょっとで発送していますし。



<追記>
2015 Panini Donruss
にはイチローやDerek Jeterらのバイバックオートがあるとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »