« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月28日 (木)

2014 Topps Chrome 発売

2014 Topps Chromeが発売。 
開封動画はこちら()ケース開封動画はこちら()ケースRecap動画はこちら()

例年通り、各種リフ、インサート、オートが大量に出てくる内容で、開け応えがありそうです。
特に近年は封入されるカード枚数やパック数が少ない超高級版が多いだけに、一層開封が楽しめそう。

メインヒットのRCオートは45種と昨年よりもさらに増加。
ピンポイントで特定の一選手を狙うと考えた場合、その選手が封入されてる箱は約2ケースに1つということ…。
ただ、X.Bogaerts、A.Guerrero、E.Arruebarruena、R.OdorなどがSPくさい(もしかしたらG.Springerも)ですし、
封入のバラつきもありますので、実際の状況はもうちょっと違うものになっているかもしれません。

そんな中でJose AbreuがSPではないっぽいのはありがたいことです。



<追記>
Paniniから2014 Panini Immaculateという超高級版の新ブランドが出るとか。

内容は1箱=メモラorオート5枚+レギュラー1枚という商品で、メモラに力を入れたものっぽいです。
なんでもパッチカードを9500枚以上使うらしく、他にもランドリータグ、ボタン、バッティンググローブ、
キャップ、スパイク、フィールディンググローブ、リストバンド、レターパッチなんかも入れるとか。

販促用チラシでは田中将大のRCメモラの画像が載ってるのですが、正式なリストがないので詳細は不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

2014 Panini Donruss Series2 開封

Untitled0

最近開けたくなる箱がないなあと思っていたら、Donruss Series2が意外と面白そうな出来。
チープシリパラ大量封入、光ものやダイカットのインサートあり、ヒット系カードのオッズオーバーありと、
個人的に大好きな要素がいっぱい詰め込まれているので、開封動画を見てるうちに我慢できなくなりました。

では、開封。





Untitled2

レギュラーはレトロ調のシンプルデザイン。
それ故にロゴなしユニフォーム&帽子という写真の地味さ加減が目立ってしまって、ちょっと残念な感じ。
特にチームカラーと帽子が濃紺のアウェイ用ユニフォームだとカード全面が色彩に欠けてしまってます。



Untitled3

サブセットはSPオッズでDiamond Kingsは6枚、Rated RookiesとThe Rookiesは4枚ずつ出ました。

Diamond Kingsは帽子の上半分が見切れるようなデザインになっており、ロゴなしの違和感が減じられてます。
このカード以外でも同じ工夫がこらされたものがいくつもあるので、Paniniもロゴなしを気にしているよう。



Untitled4
Elite ×24枚

Eliteインサートはパック1のオッズ。

1箱開けるだけで大量に手に入りますが、全100種もあるのでダブリも発生せず集めがいがあるセットに。
加工はElite Extraなどでもお馴染みの銀のホイル仕様です。





Untitled6Untitled7
Elite Turn of the Century N.Martinez /199
Elite Series 2 P.Goldschmidt /999
Face to Face M.Cabrera & C.Sale /999
Rated Rookies Gold Press Proof C.J.Cron /99
Base Set Silver Press Proof C.Hamels /199
Rated Rookies Silver Press Proof W-C.Wang /199
The Rookies Silver Press Proof T.Collins /199
Diamond Kings Career Stat Line Y.Cespedes /162
Rated Rookies Season Stat Line O.Taveras /310
Base Set Season Stat Line P.Corbin /178
Base Career Stat Line T.Cingrani /287


シリ入りのインサートやパラレルもガンガン出てきます。
カードデザインだけでなく、リフ・ホイル・箔押しと表面の加工も違っているのでかなり賑やか。

Stat Lineは選手の成績に応じたシリアル数になっており、その選手固有のものという感じで面白いです。
選手によっては1桁シリアル
と意外とレアなものが混じっているので要チェック。

ちなみに田中将大とJ.Abreuがインサートとサブセットのほぼ全てのカードセットに名を連ねているので、
彼らのシリアル入りカードがかなり引きやすい状況みたいです。





Untitled10
Elite Red Status Die-Cut C.Headley /25
Elite Inspirations Die-Cut J.Bruce /68


ダイカットパラは2枚出てきました。
InspirationsかStatusのどちらかが1枚保障で、金・赤・黒パラがボーナス封入といった感じです。

最近のElite系ダイカットはシンプルなカットの仕方が多かったのですが、今回はなかなか複雑な加工に。





Untitled12
The Elite Series C.Sale /999
The Elite Series R.Cano /999
Elite Dominator P.Goldschmidt /999
Elite Dominator Jose Abreu /999
Elite Dominator C.Lee /999


今回の開封における個人的目玉カードがこの2種。
プリズム風のリフ加工、レトロデザイン、大きめの選手写真の3要素が最高にマッチしており格好良すぎ。
特にThe Elite Seriesはインサート全盛期の90年代風の仕上がりで、本当にツボに嵌る出来になってます。



んで、ここからはヒット系カード。





Untitled14
Jersey Kings J.Heyward


メモラは1枚。
ヒット系カードではありますが、基本的にJersey KingsとBat Kingsの2種類だけなので存在感は薄めです。

ちなみにパッチはケース1オッズ。





Untitled16
Turn of the Century Signatures J.R.Murphy
Turn of the Century Signatures M.Shoemaker

オートは基本的にEliteのパラレルオートのみ。
ラインナップは現役スターとルーキー選手の混合ですが、出てくるものの大半はルーキー選手になっており、
現役スターとO.Taveras、X.Bogaerts、G.Springerといった一部の大物ルーキーはSPになっているようです。


オートは箱2オッズですが、オッズオーバーでオートが3枚出る箱もぽつぽつあるようですが…。





Longoria_auto
Red Status Die-Cut Signatures Evan Longoria 10/10

と思っていたら、なんとオッズオーバー。
しかもEvan Longoriaのダイカット10シリオートというありえないほど素晴らしいものが引けました。

Longoriaは2008 Bowman Draftpiks&Prospects以来、約6年ぶりの自引き。
結構オートを書いてくれる選手ですがあれ以来全く縁が無くもう引くことはないだろうと思ってたので、
その点においても嬉しい1枚です。





以上、開封終了。

開けていてとても楽しくなる箱でした。
Toppsとは色合いが全く違う商品なので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、個人的にはどストライク。

1パックにインサート、サブセット、パラレル、メモラ、オートのがどれかが2~3枚必ず入っていますし、
それぞれカードの特徴が違うので、開ける度に「今度は何が出るかな」という楽しみが味わえます。
派手さのあるダイカット・リフから地味で控えめなホイル・箔押しまで取り揃えてあるのが嬉しいですね。
チープ系インサートではありますが、1of1のBlack Statusや少シリのStat Lineがあるのも見逃せません。


ヒット系カードはやや弱い
感じ。

出てくるオートの8割ぐらいがRCオート、しかもコモンクラスの出現率が相当高く設定してあるようですし、
メモラは内容的にもメンツ的にもインパクトに欠けるので、ハズレ箱だと物足りなさを感じるかも…。

ただ、現役スターのオートがケースに2~4枚くらい出るのでハズレばかりというわけではありませんし、
J.AbreuのRCオートやデュアルオートのPassing the Torchオートが1ケースに1枚くらい出るようです。
また、1of1のBlack Statusオートや5シリのバイバックオートというビッグヒットも僅かながらあります。



<追記>
2014 Panini Donruss Series2
の開封動画はこちら(


<追記の追記>
2014 Topps Finest
が発売。 開封動画はこちら(

オートはRCオートが中心。
Jose Abreu、George Springer、Gregory Polanco、Oscar Taveras、Xander Bogaertsなどが目玉ですが、
後者2人はe-bayの出品数が他の選手に比べてかなり少ないことから察するにSPっぽい感じです。
AbreuやSpringerあたりまでSPにしてくるだろうと思っていたので、この仕様は意外に感じられました。

ベテラン選手の直書きオート・Finest Greatsオートはオッズ表を見るとケース1くらいのオッズのよう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »