« 2014 Topps Tier One USA Edition 開封 | トップページ | 2014 Bowman Inception 発売 »

2014年6月23日 (月)

2014 Topps Tier One USA Edition 開封 2箱目

Untitled0

1箱目の結果
がなかなか良かったので、調子に乗ってTier Oneを追加購入してみました。
超高級版の箱買いを繰り返すことは普段はやらないのですが、Tier Oneは内容が安定しているうえに、
ケースヒット級のカードが現実的な確率で出つつコストパフォーマンスも良い美味しい出来なので、
在庫があるうちにもう1つくらい開封しておいてもいいかなと。

「ケースヒット級のカード」とはいうものの、1ケースにTier Oneオートが1枚、メモラオートが1~2枚、
インクバリエーションが1~3枚、コンボオート0~2枚といった感じのゆる~いオッズになっているので、
1箱勝負であってもそのうちのどれかがなかなかの確率で期待できますし。

では、開封。





Untitled2
Tier One Relic B.Posey /254


メモラはB.Poseyのシングルジャージ。

シリアル数が254シリとほんのちょっとだけSP風味になっていて笑っちゃいました。
メモラはオートに比べると生産数を揃えやすいカードなので、このように微妙なシリは珍しいような?





Untitled3
New Guard Autograph M.Davidson /399


オート1枚目は縦型の若手選手オート。

M.Davidsonは昨季メジャーデビューした強打の三塁手ですが、今年は3Aで足踏み状態。
コンタクトに難があり三振が多いタイプなのでメジャーや3Aで打撃内容が悪くなるのは仕方ないのですが、
3Aで打率が2割にギリギリ届くくらいで三振も減らせていないのではさすがに苦しいと言わざるを得ません。
長打自体は結構出ているので、時間をかけて確実性を上げていけさえすればチャンスは来るかも。





Untitled4
Acclaimed Autograph B.Butler /299


オート2枚目は横型の現役選手オート。

B.Butlerのオートは2013 Museum Collectionで引いて以来3枚目の自引きで、直書きは初めて。
直書きでサインを書くスペースがたっぷりあるせいなのか、これまでの2枚とはサインの形が違っています。
若干擦れてはいますが、大きく豪快に書かれていますし背番号まで添えているのでとても格好いい1枚。



う~ん…残念ながら期待したような引きとはいかず、比較的平凡な内容でした。
とはいえ現役選手の直書きオートが引け、しかもそれが好きな選手のものだったので悪くはないかな?



<追記>
2014 Topps Series2のSPレギュラーパラレルに、スヌーピーのイラストが入り込んだJ.Mauerのカードや、
裏面の成績表がセイバーメトリクスの指標で書かれたものなんかもあるそうです。


<追記の追記>
2014 Bowman Draftpicks&ProspectsにてJumbo版を超えるSuper Jumbo版が出るとか。
構成は、1箱に10パックでオート5枚&リフ30枚だとか。

|

« 2014 Topps Tier One USA Edition 開封 | トップページ | 2014 Bowman Inception 発売 »

MLB 開封結果 2014」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/56580927

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 Topps Tier One USA Edition 開封 2箱目:

« 2014 Topps Tier One USA Edition 開封 | トップページ | 2014 Bowman Inception 発売 »