« 2014 Topps Stadium Club | トップページ | 2014 BBM 広島東洋カープ 開封 »

2014年4月13日 (日)

2013 Bowman Sterling USA Edition 開封 4パック目

MiLBが開幕し、これまでに引いたプロスペクトたちを追いかける楽しみがようやく始まったのですが、
2013年版のプロスペクト商品で引いた選手たちがまだちょっと少ないように感じられました。
期待のドラ1であるTrey BallやRob Kaminskyらはルーキーリーグ所属でまだ出番が先になりますし…。
ということで、格安で複数のプロスペクトオートが集められるBowman Sterlingを追加購入。

では、開封。





Untitled2
Base Set Rookie N.Freiman

4パック目ですが、ベースセットではいまだリフ系は引けず。





Untitled4
Prospect Autograph A.Thurman

A.Thurmanは全体40位、アストロズ2巡目指名の大卒右腕。
90マイル半ばの速球、チェンジアップ、カーブ、スライダーが持ち球。
飛び抜けたツールは持ってないのですが、持ち球すべてが平均レベルを維持し、制球力もあるので、
メジャーでローテ3、4番手くらいのイニングイーターとしての活躍が期待できる投手だそうです。



Untitled5
Prospect Autograph T.Danish

T.Danishは全体55位、ホワイトソックス2巡目指名の高卒右腕。
最速95マイルの速球、スライダー、チェンジアップが持ち球。
高校最終年の成績は94イニングで156奪三振・16四球・防御率0.00という圧倒的な数字なんですが、
エースタイプのような投手ではなく、サイドスローぎみの変則フォームで打者を惑わす技巧派投手。
変則タイプでしかもリリーフ向きの投手を全体55位という高順位で指名したことを疑問視する声も…。



Untitled6
Prospect Autograph Joc Pederson

Joc Pedersonは2010年ドラフト全体352位、ドジャース11巡目指名の高卒外野手。
ドジャースの若手野手の話題はY.Puigに殆ど独占されてしまっているのであまり目立っていませんが、
Joc Pedersonも5ツールタイプの若手有望株でプロスペクトランキングでも上位に入るような選手です。
ただ、左投手をかなり苦手にしているのでメジャーでは右投手限定の起用になるかもしれません。



トッププロスペクトのJoc Pederson、既に1Aで投げており好投が続くT.Danishが引けたのでなかなかの結果。
ビッグヒットはありませんが、目的通り良いプロスペクトを一度に二人も増やすことが出来たので満足です。
まだ開け足りない商品ではありますが、今月末に同じプロスペクト系商品の2014 Bowmanが発売されるので、
そちらが一段落するまではこれに手を出すことはないかなあ。



<追記>
2014 Topps Gypsy Queenが発売。開封動画はこちら()ケースのまとめ動画はこちら(
他のブランドでは見られない珍アイデアのカードがよく見られる商品ですが、今年はこれ
ブックレットという仕様とマッチしたアイデアでなかなか面白いですね。見た目のインパクトも凄いですし

田中将大のカード
はSPのRC、ミニカード、ミニカードの各パラレル、SPミニカードなどが封入されてます。
また、このような写真反転のエラー(?)カードも存在しているようですが、オッズ等の詳細は不明。

<追記の追記>
先日の記事でちらっと書いたRicky Vaughn名義のCharlie Sheenのメモラの話ですが、詳細が発表。

映画「メジャーリーグ2」風のジャージを使って作成、Triple Threads、Five Star、Dynastyに封入とか。
一応Charlie Sheen自身が着用したジャージのようですが、映画で使用されたものではなさそうです。

|

« 2014 Topps Stadium Club | トップページ | 2014 BBM 広島東洋カープ 開封 »

MLB 開封結果 2014」カテゴリの記事

コメント

写真違いのSPはTOPPSのお家芸ですね 
デザインが反転してないところを見るとエラーでは無さそうですが…
レギュラーカードのパッと見わかりづらいSPは知らぬ間にポイしてるかもしれないので注意が必要ですね。
あいかわらず公式で比較画像見せてくれない不親切さはなんなんでしょう Beckett観て照らし合わせるしかないのがめんどくさすぎ…

ebayいつの間にか日本からのアクセスだと円表示になってますね。
どうせ$で取引するんだからすっごいわかりづらいっつーの

>一応Charlie Sheen自身が着用したジャージのようですが、映画で使用されたものではなさそうです。
LEGEND選手とかも「カードにするためにちょっと着てもらったメモラ」が増えましたね。 
引退選手のジャージなんて有限なものだからいずれは無くなるもですが、これには正直なんの価値が?って気がします。

投稿: かわうそ | 2014年4月14日 (月) 18時53分

>デザインが反転してないところを見るとエラーでは無さそうですが…
田中以外の選手にも同じ反転写真版があるのでエラー風のSPカードなのではないかと思います。

SPの具体的な変更点や誰がラインナップされてるのかはすぐに出てこないので開封しているときに気づきにくいでしょうね…特に発売直後は情報が全然ありませんし。
一応SPはインサート等が入る場所(パックの一番真ん中のとことか)に入っていることが多いので、そこだけ注意知するとわかりやすいみたいですが、カードを全部まとめちゃうと混ざってしまって探しにくくなりそう(汗
比較画像とかを公式で見せないのはシークレットアイテム的な面白さを維持したいからなんでしょうか?ネットですぐに知れ渡ってしまいますけど…。

>ebayいつの間にか日本からのアクセスだと円表示になってますね。
e-bayのシステムなのかこちらのウェブブラウザのせいなのかわかりませんが、ドル表示になるときもあります(笑

>「カードにするためにちょっと着てもらったメモラ」
カード裏に書いてある証明関連の文章がどんどん雑であいまいな内容になっていますし、使われる素材のありかたが変わっている気がしますね~。
200年代前半までは「もともと誰のアイテムなのか」「誰が使ったか」「メジャーの試合で使ったか」が書かれていたのでメモラへの信用度や特別感があったのですが…。
今回のCharlie Sheenや引退選手なんかは残ったものが限られているので仕方ない面もあるのでしょうけど、なんか引っかかっちゃいますね。

投稿: へっぽこ太郎 | 2014年4月15日 (火) 23時09分

ともあれ、NFLカードよりはマシですよw

ジャージカードもルーキーものばかりなんですが、Rookie Premiereというイベント(http://www.nfl.com/photos/0ap1000000204796)で何枚も着るんですけど、それを各社に渡してジャージカードにしているだけ。だから、ジャンボジャージとかやたらパッチが出るんですけどね。Game-Usedはルーキーシーズンの後半になってやっと出てくるかな程度。シーズンの最初のブランドからジャージカードを入れるためなんでしょうけど、なんだかねと思ったりはします。

Legend選手がイベントできたものも、多分選手指定の慈善団体に寄付すればもらえるとかだと思いますね。現役選手でもそういう感じで入手してる場合がありそうかなと。

今のアメリカ人コレクターは博打箱のパンチドランカーみたいな感じですからね。枚数のあるジャンボジャージ系なんてこういうのも使わないと作れないんでしょうよ(苦笑)
トリスレや国宝とかをケース単位で買ってくれるお客様がそういうのが好きならそういう路線で行くしかないでしょう。

投稿: Matt | 2014年4月22日 (火) 00時17分

>ジャンボジャージとかやたらパッチが出るんですけどね。
NFLではよくパッチを見かけるなあと思っていたのですが、そういった理由があったんですね~。
ルーキーものは話題がホットなうちに早めに手に入れたいと思いがちなので需要とはマッチしていますが、Player-WornとGame-Usedではやっぱり別物という印象になっちゃいますから難しいところですね。

>そういう路線で行くしかないでしょう。
ランダム封入、高額で売れる少シリレアもの、という要素があり、それらが支持されるのであればギャンブル的な内容になりがちですよね。
嗜好品って「以前より刺激が強いもの」を作らないと物足りなく感じてしまうので、どんどん極端な方向に振れていっちゃいますし…避けられない流れなんでしょうかね(汗

投稿: へっぽこ太郎 | 2014年4月22日 (火) 23時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/55750940

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 Bowman Sterling USA Edition 開封 4パック目:

« 2014 Topps Stadium Club | トップページ | 2014 BBM 広島東洋カープ 開封 »