« 商品情報 小ネタ | トップページ | Toppsのレデンプション 到着 »

2014年1月30日 (木)

2013 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目

Untitled0

新年一発目の開封はなににすんべかと考えるものの、特段惹かれるようなものはありませんし、
かといって2013 Bowman Stelringをパック買いというのもなんだかなあと色々と悩んでいると、
2013 Bowman Draft Picks & Prospectsがセール価格になっているのを発見。
1箱目の結果にイマイチ納得できなかったこともあり、これでもいいかなと注文することに。

では、開封。





Untitled2

1つの箱の中でダブリが発生、しかも2種類同時にだったのでちょっと驚き。
Toppsはシャッフルがきっちりしていてダブリはあまり起こらないというイメージがありましたが…。

クローム版は封入枚数が少ないのでダブリはあんまり歓迎できないのですが、ネタ的にはOKかなあ。





Untitled4
Blue Sapphire Best of All-Time A.Jones
Bowman Scouts Breakouts A.Aplin
Dual Draftees Inserts R.Mcguire&A.Meadows
Future Franchise C.Hawkins


インサートカードではDual Draftees Insertsが1枚のみの出現。
オッズ表を見ると1:18とあるので確率上は箱に1枚しか出ないということも普通にありえるのですが、
上記のような謎のダブリ発生を併せて考えると、なんかちょっと不気味。

左端のカードは現在東北楽天イーグルスに所属しているジョーンズのリプリントカード。
新旧スーパースター限定のインサートのラインナップに今も名前を連ねてるということを考えると、
こんなすごい選手がよく来日してくれたもんだなあと今更ながら再認識しました。



Untitled6
Untitled7
Draft Pick Silver Ice W.White
Draft Pick Silver Ice C.Oliver
Draft Pick Refractor R.Mcguirex2
Draft Pick Refractor N.Ciuffo
Draft Pick Refractor A.Blair
Draft Pick Refractor C.Knebel
Draft Pick Refractor J.P.Crawford
Draft Pick Refractor C.Sandberg
Draft Pick Refractor T.Wade
Draft Pick Refractor A.Murphy


シリなしパラでもおかしな封入が起きており、Silver Iceとリフが1枚ずつ多く出現。
しかもそのリフは選手がダブっていました
まあ、同じオッズ異常でもオッズ割れでなくオッズオーバーなのでこれはこれで有難い封入です。
ダブった選手もドラフト指名選手の中でも評価が高いR.Mcguireなのでこっちも有難い結果に。

んで、もうひとつ変な封入が。
今回出てきたリフ9枚のうち6枚がドラ1選手という非常に偏った内容になっていたんです。
リフはRCが45種、トッププロスペクトが45種、ドラフトピックが130種、合計220種あるはずですが、
出たものはドラフトピックのみで、しかも通し番号が1~60番までの狭い範囲に限られていました。
ドラ1はこの辺の範囲にラインナップされているので今回のような美味しい引きになったようです。

そういえば前の開封でもドラフトピックのリフは通し番号が近いものが纏まって出てましたから、
もしかしたらこういう傾向があるのかもしれませんね。





Untitled10
Draft Pick Blue Refractor S.Hurley /99
Draft Pick Blue K.Franklin /500
Base Set Blue H.Urrtia /500


シリ入りパラは前回と同じ3枚でした。
オッズオーバーが起きるならこっちのほうが…と思ったものの、それはさすがに高望みですね。





Anderson_1st_ref_auto
Prospect Autograph Refractor T.Anderson

T.Andersonは全体17位、ホワイトソックス1巡目指名の短大卒内野手。

身体能力が高いアスリート型の選手で、スピードがあり盗塁もうまいので理想的な先頭打者タイプ。
積極的に振っていくので四球をあまり選ばないのですが、死球をよくもらって出塁率を上げてます。
打撃スキルが高くパワーも秘めてると思われていましたが、マイナーではコンタクト率が低いですし、
長打も出てないので、これらの問題点を改善させるため時間をかけて育てるべきと言われてますが、
最近のホワイトソックスはこういった荒削りなアスリートタイプの野手を高いレベルのリーグに送り、
結局選手を潰してしまうということを何度かやらかしてしまっているので、それが心配…。



新年一発目の開封ですが、いつも通りの開封結果でした。
変なダブりやオッズオーバーが起きてもそれがまったく派手でないところのも自分らしいですね。
とはいえ、昨年はそういった盛り上がりに欠ける開封が1年間ずっと続いて沈む事もあったので、
今年はちょっとくらいでもテンションが上がるような引きが来てくれることを願っています。

|

« 商品情報 小ネタ | トップページ | Toppsのレデンプション 到着 »

MLB 開封結果 2014」カテゴリの記事

コメント

ドラ1リフオートおめでとう
ございます!
なにげにAJのリプリント良い
ですね。

投稿: yoshikazu | 2014年1月31日 (金) 23時15分

>ドラ1リフオートおめでとうございます!
そういえば2012年ごろまでまったくリフオートが出ませんでしたからね…2箱連続でドラ1リフオートというのは嬉しい結果でした。

>AJのリプリント
引いた瞬間ちょっとテンションが上がりました(笑
MLBでもNPBでもスター選手ってホントにすごいですからね~。

投稿: へっぽこ太郎 | 2014年2月 1日 (土) 12時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/54757240

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目:

« 商品情報 小ネタ | トップページ | Toppsのレデンプション 到着 »