« 2013 Topps Chrome 発売 | トップページ | 2013 Topps Tier One 開封 2箱目 »

2013年9月27日 (金)

2013 Topps Chrome 開封

Untitled0

毎年恒例となっているTopps Chromeの開封。
シーズン中にデビューしたトッププロスペクトのRCオートが安価で狙える優良シリーズだったんですが、
昨年から目玉級選手は通常版オートがSPオッズになりそのぶんだけ他の選手より出にくいという状況に。
シリ入りの各リフ版は発行枚数が共通なので、リフオートが出れば引ける可能性は上がるようですが…?
ついでに今年は目玉級は軒並みレデになってるので、レデが出たほうが良い状況でもあるようです。

では、開封。





Untitled2

今年のレギュラーは表面がつるりとしていてなんとなく上品な印象。
恒例のクローム特有の凹凸加工が施されているのですが、その凹凸の部分がやや少ないからでしょうか。

RCは16枚出てきたのですが、Puig、Machado、Profar、藤川など引きたい選手の多くが引けず。
ちなみに画像のJ.FernandezのRCはチームロゴが間違っているエラーカード
Topps Heritage等に封入されるSP用のエラーカードなどではなく普通に間違って作成したもののようです。



Untitled3
Base Set Refractor L.Duda
Base Set Refractor B.Lawrie
Base Set Refractor A.Pagan
Base Set Refractor A.Rendon
Base Set Refractor J.Kubel
Base Set Refractor R.Nolasco
Base Set Refractor C.Granderson
Base Set Refractor J.Morneau


通常リフは今年も8枚。
カード枠の余白部分が大きめなので、そのぶんリフの透明感を感じれる部分が大きくて綺麗な仕上がり。



Untitled4
Base Set X-Fractor B.Butler
Base Set X-Fractor B.Revere
Base Set X-Fractor D.Holland
Base Set X-Fractor J.Kipnis


Xリフも昨年と同じオッズで4枚。
リフ系のカードではありますが、綺麗系ではなくスクウェア状にギラギラと輝く超ド派手な加工に。





Untitled5
Base Set Gold Refractor A.Romo /50
Base Set Blue Refractor A.Marte /199


シリ入りの色リフは2枚のみでした。
青リフの色がかなり薄くなっており、反射の仕方によっては通常リフと混同しそうになるので要注意。





Untitled7
Dynamic Die Cuts C.Santana
Chrome Connections Die Cuts B.Harper
Chrome Connections Die Cuts M.Harvey
1972 Topps Chrome J.Hamilton
1972 Topps Chrome J.Upton


インサートは3種、合計5枚。
昨年大人気のダイカットが引き続き封入され、さらに種類と封入枚数が増えたのは嬉しいところ。

Dynamic Die Cutsは名前ほどダイナミックなカットになっておらずちょっと大人しい加工なんですが、
デザインのセンスがどことなく90年代後半のUpperdeckのインサートのようで意外と好みの出来です。
そういえば、横型のダイカットカードって最近はあまりなかったような…。

Chrome Connections Die Cutsは昨年のDynamic Die Cutsを思わせる複雑なカット
2枚のカードを縦横に組み合わせて合体できるデザイン
になっており、その遊び心に思わずニヤリ。

1972 Topps Chromeは名前の通り過去のToppsの復刻デザイン。
CGデザイン全盛期の今だからこそこういったレトロデザインもまた輝くのだと思います。





Untitled10
Rookie Base Card Autographed Variation J.Gyorko
Rookie Base Card Autographed Variation Refractor M.Mesa /499


オートで期待通りリフ、さらにレデまで引けたのですが、メンツまでは期待通りとはいかず。
う~ん…。

J.Gyorkoはパドレスの25歳の内野手。
今季は春先からレギュラーとして定着しなかなかの活躍を見せていたのですが、鼠径部の怪我で離脱、
一ヶ月のブランクが効いたのか打撃の調子が戻らず打率がどんどん下降していってしまいました。
それでも1年目からシーズン21HRというのは大したものだと思います。

M.Mesaはヤンキースの26歳の外野手。
長打も盗塁も期待できるタイプではありますが、スケールが大きくないのでなんだか地味な印象です。
一瞬活躍したものの、大型補強を頻繁に行うヤンキースではレギュラーを取れる感じではありません。



んで、今回の一番のヒットはオートではなくこちらのカードでした。





Gordon_magenta_plate_1of1
Base Set Printing Plate Magenta Alex Gordon 1of1


1of1の印刷原版です。
昨年の年末に原版オートを引いたばかりなのに1年経たずにまた1of1というのはちょっと不気味…。





以上、開封終了。

全体的に見れば、昨年に引き続き優秀な内容になっていると感じました。

クローム加工でしっかりした造りのカードが1箱で100枚近く手に入るなどボリューム感がありますし、
パラレルやインサートが種類・枚数ともに豊富に用意されているので賑やかな開封が楽しめます。
個々のカードも魅力的かつ個性的な出来になっており、各セットのコンプリートを目指してみたり、
好きな選手のものだけでも集めてみようかと思わせるような、トレカの基本を抑えた内容になってます。
トレカの楽しみは高額のレアものだけではないんだと思い起こさせてくれるのが嬉しいですね。

そんな中でヒット系のカードもしっかり用意されているのも有難いところ。
RCオートではPuig、Machado、Profar、Bundy、Fernandez、Myersといったトッププロスペクトと藤川が、
インサートオートではインクバリエーション、コンボオート、パッチオートといったところがねらい目。
一部のRCオートも含めて軒並みSPオッズになっているので自引きが難しいのが辛いとこですが、
箱の値段が普及版くらいの額であることを考えると仕方ないことかなと思います。



<追記>
先日の記事では紹介できなかったHobby版の開封動画はこちら()ケース開封結果はこちら

|

« 2013 Topps Chrome 発売 | トップページ | 2013 Topps Tier One 開封 2箱目 »

MLB 開封結果 2013」カテゴリの記事

コメント

なんか頻繁に1of1引いてますね! うらやましい…
贅沢を言っちゃうとパラレル版じゃないのが惜しいですねw

Autoはカード的に当たりでもメンツ負けするとハズレよりもガッカリしますね
何でお前なんだ と…

それにしてもリフの種類増えましたね〜 1箱でいろいろ引ける様になってRef Autoも引きやすくなってうれしいですが
正直コレクタ泣かせですねw 
たった1シリーズで何枚集めなきゃならんのかと…
最近はコンプ諦めて数枚揃えばいいやーってなっちゃいましたw 

投稿: かわうそ | 2013年10月 1日 (火) 16時33分

私も本日、開けましたがJ.Gyorkoのリフオート引いたんですよ。こちらのベースオートはレデになってますね。。。
なんで同じ選手のオートに、封入とレデが存在してるんですかね???
レデの方はパラレルオートってことはないですよね???う~んよくわかりません┐(´д`)┌ヤレヤレ

投稿: フミノヒデ | 2013年10月 1日 (火) 22時46分

>贅沢を言っちゃうとパラレル版じゃないのが惜しいですねw
これまで引いた1of1のうち3分の2が原版ものですなんですよね…一度で良いのでsuperfractorなんかを引いてみたいものです。

>Autoはカード的に当たりでもメンツ負けするとハズレよりもガッカリしますね
リフオートなんかだと、選手を確認する前にテンションが一度上がりますからその落差がショックを生んでるような(汗
まあ、その辺の「当たりか外れか」のギャンブル感が楽しいからトレカは止められないのかもしれませんね。

>それにしてもリフの種類増えましたね〜
枠の色を変えるだけで簡単にリフの種類を増やせますからね~、Toppsとしてはさほど苦労せずに新カードを作ったとアピールできるのでリフ系を入れるブランドでは重宝しているみたいです。
2005~2006のfinestでは10種以上のリフとかやっちゃってましたし(笑
e-bayやトレードをフル活用してもフルコンプは簡単ではないので、○○シリまでは集めるといった感じで揃えてる人は多そうです。

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年10月 2日 (水) 23時50分

>なんで同じ選手のオートに、封入とレデが存在してるんですかね???
e-bayを見ると今回引いたものと同じ通常オートの現物が出品されているので、どうやら通常版オートの一部だけがレデになってるようです。
大量に書いてもらっているので全部確保まではできなかったということなのかもしれませんが…確かに┐(´д`)┌ヤレヤレですね(汗
最近のToppsはレデが目立つなぁ…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年10月 2日 (水) 23時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/53399408

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 Topps Chrome 開封:

« 2013 Topps Chrome 発売 | トップページ | 2013 Topps Tier One 開封 2箱目 »