« 2013 Topps Tier One 開封 | トップページ | 2014 Bowman »

2013年9月 6日 (金)

2013 BBM 広島東洋カープ カードセット 輝鯉 開封

Untitled0

BBMのセットものはシリパラが中心という印象があったので、この輝鯉の内容を聞いたときは驚きました。
一応予約してみたものの、早めに売り切れになるショップも多くメーカーカットの可能性が高そうなので、
届くことはないだろうと半ば諦めていたのですが、普通に届いたのでまたまた驚き。

では、開封。





Untitled2Untitled3

レギュラーカードは全18枚とかなり少ない構成になっています。
前田健太1人をフィーチャーしたカードセットでも全27枚だったことを考えると、この数はちと残念。

デザインは鯉の鱗をイメージした背景にプレー写真+表情豊かなバストアップ写真というもの。
カード裏の記述に「バリントンはひらがなに興味を示している」といったマニアックな情報もあったりと、
一般のBBMのレギュラーカードとは違ってちょっとだけ手の込んだものになっています。





んで、メインヒット3枚は…





Nomura_home_jersey
ホームジャージー 野村祐輔 /180

メモラ1枚目は野村祐輔の通常ホームジャージ。

画像ではわかりにくいですが、メモラ枠や文字部分には金の箔押し加工が施されており豪華な仕様。
ジャージの白と背景の黒が綺麗なコントラストになっておりメモラが引き立つデザインなのも○。





Imamura_visitor_patch
ビジタージャージーパッチ 今村猛 /50

メモラ2枚目は今村のビジターパッチ!
実はBBMでパッチを引くのは今回が初めてなのでこの引きは非常に嬉しかったです。

こちらのデザインもビジタージャージの赤に背景が白と、上のカードと同じコンセプトで作られてます。





Takahashi_auto
レジェンドOB直筆サインカード 縦型 高橋慶彦 /40

箱1のサインは縦型SP仕様の高橋慶彦のOBサインでした。
まさか赤ヘル黄金期のスターのサインカードを自引きできるとは…えらいこっちゃ。

左上に描かれた鯉の箔押しが凄まじい存在感を放っており、超高級版に相応しい秀逸な出来です。
ダイナミックな動きを見せる鯉、それをでっかく箔押しで再現するという豪快さが堪りません。
BBMのサインは加工を施さない地味なものが多いから今回もそうだろうと舐めてかかっていたので、
このカードを見たときはさすがにビックリしました…。

なお鯉のイラストは2010年のカープリミの背番号物語で使われたものに一部手を加えたもののよう。





以上、開封終了。

メインのメモラ・直筆サインの出来はデザイン・加工ともに非常によくできていると思います。
メンツも「現在1軍で活躍している現役選手+中心選手として活躍したOB」としっかり厳選されてますし、
前田健太、堂林翔太、衣笠祥雄、山本浩二といった人気選手も60~126枚と多く用意されてるのが◎。
現役のなかには1軍に残っていなかったり来期もいるのか微妙な選手が混じっていたりするのですが、
そこを加味しても、ほぼ同じ定価のカープリミとは比べ物にならないほどの内容になってます。

しかも、そんなカードたちが直筆1枚以上保障で3枚入り(サイン2枚入りのホットボックスもあり)、
バットバレルにビッグパッチまで用意されているというのは驚異的としか言いようがありません。
この内容の充実振りのおかげで期待感が大きくなり、開封がとても楽しめるようになっています。

唯一の難点は、レギュラーカードの物足りなさ。
封入枚数は少ないですし、カード裏の記述も過去のセットものと比較すると普通な印象を拭えませんし、
超高級版のものとしてはちょっとアッサリしすぎているのではないかと感じました。
まあ、豪華なメモラ・サインのセットを実現するには他の部分を切り捨てねばならないのでしょうから、
ここに注力していないことを指摘するのはさすがにちょっと無粋なのかもしれません。



<追記>
9月中旬に2013 Panini Prizmが発売になりますが、10月にPrizmのドラフトピック版が発売されるとか。
トップピックのMark Appel、Kris Bryantらのオートが最速で封入されるのが目玉のようです。

|

« 2013 Topps Tier One 開封 | トップページ | 2014 Bowman »

NPB プロ野球 開封結果」カテゴリの記事

コメント

この結果、笑いが止まらないじゃないですかっ!
おめでとうございます!
地雷をふまないように。。。
後に続きたいです!

投稿: フミノヒデ | 2013年9月 6日 (金) 08時25分

高橋慶彦縦直筆に今村パッチそして野村ジャージと素晴らしい結果おめでとうございます。

輝鯉はデザインもかっこいいですよね。

ただ直書きの方に擦れが多いのとカートンによってムラがあるっぽいのでそこが少しネックではありますがチームリミを思えば気にはなりませんよね。


ティアワン発売前だったらよかったのになぁ…。

投稿: マッカーサー | 2013年9月 6日 (金) 18時30分

>この結果、笑いが止まらないじゃないですかっ!
今村のパッチを確認した時点でサインで大きいものは出ないだろうと思ってたので…こんなこともあるんですね(汗

>後に続きたいです!
フミノヒデさんの結果、楽しみにしていますよ!
いいのが出るといいですね~。

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年9月 6日 (金) 23時23分

>輝鯉はデザインもかっこいいですよね。
和風テイストのデザインと落ち着いた雰囲気がきれいにマッチしてるんですよね~かなり好みです。
特に今回は横型サインのデザインが美しくて…。

>カートンによってムラがあるっぽい
BBMはオッズをきっちり守るというイメージがあるので、カートンごとのムラというのはびっくりしました。
あるショップの開封結果だと3カートンともほぼ共通したパターンの封入になっていたのですが、別のショップだとちょっと違うパターンの2カートンといった感じで、微妙な違いがあるようで。

>ティアワン発売前だったらよかったのになぁ…。
値段がほぼ同じで超高級版ですからね、ここまで発売日が近いとなかなか厳しいですね(汗

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年9月 6日 (金) 23時32分

スミマセン。説明が悪かったです。縦と横の直筆の割合がカートンによってムラがあるっぽいって話です。

あるショップさんの開封結果ではカートンで縦直筆が2枚パターンと3枚パターンがあったので自分が聞いたカートンで縦直筆が1枚しか出なかったものがあったことを考えるとムラはあるっぽいです。

上記とは違うショップさんのカートン開封結果では2つとも縦直筆が4枚出てるみたいですし。

それか縦直筆が1枚パターンが極々稀に存在するってだけかもしれませんけど。

チームリミの阪神と日ハムはオッズがカートンによってムラがある傾向にあるんですよね。特に阪神は。


地元のショップで2013日ハムのチームリミがカートンで同じ選手のジャージカードが5、6枚出たって話を聞いた時はゾッとしました。

もちろんジャージが入っているってことはその箱には直筆は入っていないわけですからそういう所は律儀に守っているみたいですね(笑)

そうは言っても海外に比べれば日本はオッズはきちんと守られているとは思います。

投稿: マッカーサー | 2013年9月 7日 (土) 00時39分

>縦と横の直筆の割合
基本が3枚でちょっとバラつきがある、という封入になってるんでしょうかね。
パッチ・バレルもほぼ同じような感じなのでヒット系のSPものは安定してない臭いですね。
通常ジャージや箔押しジャージはなぜかキッチリでてるっぽいですけど(笑

>地元のショップで2013日ハムのチームリミがカートンで同じ選手のジャージカードが5、6枚出た
うええええ、これはさすがにキッツイですね…。
1ブランドごとに数千回の箱詰め作業が必要になるのですからある程度ミスが起きるのは仕方ないといえるのですが、少なくない額のお金を出さねば買えない商品なのでBBMと製造現場ももうちょっと気をつけてくれると嬉しいのですが…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年9月 7日 (土) 12時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/53158076

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 BBM 広島東洋カープ カードセット 輝鯉 開封:

« 2013 Topps Tier One 開封 | トップページ | 2014 Bowman »