« 2013 Topps Tier One 発売 | トップページ | 2013 BBM 広島東洋カープ カードセット 輝鯉 開封 »

2013年8月31日 (土)

2013 Topps Tier One 開封

Untitled0

昨年のTier Oneは人気が高くて早めに売切れてしまったので、今年は念のため予約をしておきました。
しかし発売予定日が何度も変わるうちに、今年の内容はパワーダウンしちゃうんじゃ…と不安に。
e-bayや開封動画を見る限りではその予感はあながち間違いではなかったような気がするのですが、
極端に内容が悪くなったというほどでもないので、そこまで悲観することではないかなと。

では、開封。





Untitled2
Tier One Relic G.Sheffield /399

箱1のメモラはほぼ1種のみ、しかもシングルメモラが出てくるのが基本なので期待感は薄いです。

エンボス加工を施した箔押しとモノクロを基調としたシックな色合いが高級感を醸し出していますので、
カードそのものは非常によく出来た仕上がりになっていると思います。
デザインパーツ・加工・写真の配置など色々なものが昨年と酷似しているのがちょっと気になりますが。





Untitled3
Crowd Pleaser Autographs J.Peralta /299

オート1枚目は横型のベテランオート。
現役選手、しかも強豪球団のスタメンショートの直書きオートなので嬉しいといえば嬉しい引きですが、
MLBを揺るがすバイオジェネシス社のドーピングスキャンダルの渦中にあるJ.Peraltaというのが複雑。

そういえば、昨年のCrowd Pleaser Autoも同じドーピングスキャンダルの当事者のオート…。
偶然なんでしょうけど、年に1箱しか開けないブランドで共通点のある引きが起きるのは不思議な感じ。





Smyly_silver_auto
On The Rise Autographs Silver Ink Drew Smyly /10

オート2枚目は縦型の若手オートのシルバーインクバリエーションでした。

ベテランオートでの共通点も驚きましたが、シルバーインクの出現まで昨年と共通するとは…。
特に今年はインクバリエーションのオッズが少しだけ厳しくなってるから自引きは難しいと考えてたので、
背景が黒いカードが見えたときはさすがに信じられませんでした。





以上、開封終了。

オートは直書き仕様で2枚入り、インクバリエーションもケースに2~3枚のオッズなので期待感が◎。
また、「箱保障のオート=若手・RC・プロスペクトオート」という図式が出来上がってる流れのなかで、
メンツが主力級の現役&引退選手で固められてるオートが1枚保障されてるのは非常にありがたいです。
ただ、超高級版であることを考えるとピンキリ感が強いラインナップになってると言わざるを得ませんし、
目玉級といえるような選手の数が昨年よりも少なめなうえに殆どがSP&レデになってることを考えると、
手放しに褒められるというものでもない気がします。

メモラはオートに比べると期待感・存在感がやや薄め。
バットノブやオールスターパッチなどのビッグヒットもあるので期待が持てないわけではないのですが、
現実的なオッズで魅力的なものが出てくるオートとの比較でいえば物足りなさを感じるのは確かです。

まあ、上記で述べたような長所短所はこのブランドでは以前からも大なり小なり見られるところなので、
Tier Oneらしさを感じさせるような根っこの部分は変わらない作りになっていると思いました。
要所要所で少しだけパワーダウンしてるように感じるところだけは気になりますが。





<追記>
いくつかの開封動画を見て思ったのですが、ケースごとの内容に偏りがありすぎな気が…。
ケースヒットレベルのものの出現枚数や若手・ベテランオートのメンツの内容が安定しておらず、
大当たりと大外れのどちらかしかないようなバクチ性が異常に高い封入になってると感じました。
そういえば、去年もこんな内容だったかなぁ。



<追記の追記>
前の記事に2013 Tier Oneの開封動画へのリンクを追加していますので、興味のある方はどうぞ。

|

« 2013 Topps Tier One 発売 | トップページ | 2013 BBM 広島東洋カープ カードセット 輝鯉 開封 »

MLB 開封結果 2013」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

シルバーインクautoおめでとうございます。やはりTier Oneはカードの出来が素晴らしいのでそそられますね。

しかし今年はレデが多いのがへっぽこさんと同様気になります。

toppsは先日の代替カードの件でやらしていますからね。

それでも昔に比べれば対応がマシにはなりましたが。

増産の影響なのか通常のジャージ・バット等までレデがあるのはなんとも…。


自分も1箱開封でバムガーナとカルロス・サンタナのパッチジャージautoが出て大物ではありませんがどちらの選手も1枚は欲しいなと思っていたのでよかったです。


レデが多くメンツも今イチな印象を受けますが最近では数少ないベテランautoを手に入れられるチャンスなのとカードの出来を考えればそこまでは悪くはないとは思いますが上記で述べた通りレデが多いのはちょっとダメですね。

今回は当りと言われるものに多いのが特になんとも…。

投稿: マッカーサー | 2013年8月31日 (土) 20時57分

>やはりTier Oneはカードの出来が素晴らしいのでそそられますね。
リターン面はともかく秀逸なカードが欲しいのならばもってこいのブランドですね~。
他のブランドと比べるとインクバリエーションものが非常に出やすいですし。

>レデが多いのはちょっとダメですね。
e-bayで値段が高い順にソートすると表示されるものの半分くらいがレデになっちゃいますからね…(汗
増産してるくさいのである程度はレデになっても仕方ないと思うのですが、延期を繰り返してあの量はちょっといただけないかなぁと思います。

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年9月 1日 (日) 21時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/53078961

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 Topps Tier One 開封:

« 2013 Topps Tier One 発売 | トップページ | 2013 BBM 広島東洋カープ カードセット 輝鯉 開封 »