« 2013 Topps Museum Collection Asia Edition 開封 1パック | トップページ | 2013 Topps Tribute WBC Edition 開封 1パック »

2013年6月29日 (土)

2013 Bowman Inception & Topps Tribute WBC Editon 発売

2013 Bowman Inception発売。開封動画はこちら(

商品への印象は「Five Starの普及版の出来+Bowman Platinumの高級版のメンツ」といった感じ。

1箱=1パックという作り、1パックにオート4枚+オートメモラ1枚の内容、全カードがオート入りと、
プロスペクトオートのみに特化してほかの全てを切り捨てた極端な構成には賛否両論あるでしょうが、
超高級版らしい割り切り方なので悪くないと思います。

オートのメンツはトッププロスペクトと評価される有名どころの選手が多数ラインナップされる一方で、
今年がオート化初年度となる選手は少なくて、去年以前にオート化が済んでる選手が多い内容なので、
「プロスペクトカード=1st Card」という考えを持っているプロスペクトコレクターには違和感があるかも。
超高級版の値段設定ということを考えると、無理に1st Cardにこだわってコモンオートを多くするより、
大成する可能性が高い人気選手たちで固めて手堅いリターンを約束したほうがいいということなのかも。


2013 Topps Tribute WBC Editon発売。開封動画はこちら(&●&●&●)

ヒット系カードのメインはやはりWBCジャージのパッチカード。
前田健太、稲葉、大隣、松田、今村、杉内、内海、本田と日本人選手が8人もラインナップされてます。
パッチは3パックに1枚のオッズで全70種なので、日本人のパッチが出る確率は27パックに1枚くらい?

オートはメンツ・出来ともにやや平凡に感じられました。
WBCに参加した選手の多くは海外リーグに在籍しているのでオートを書いてもらうのが難しいのでしょう、
オートのメンツはMLB傘下に属している(または過去に属していた)選手たちのみで構成されています。
今はMLBに属していない岩村と城島のオートもありますが、これは昔のシールオートの流用だと思います。

|

« 2013 Topps Museum Collection Asia Edition 開封 1パック | トップページ | 2013 Topps Tribute WBC Edition 開封 1パック »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/52226074

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 Bowman Inception & Topps Tribute WBC Editon 発売:

« 2013 Topps Museum Collection Asia Edition 開封 1パック | トップページ | 2013 Topps Tribute WBC Edition 開封 1パック »