« 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 3パック目 | トップページ | 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 4パック目 »

2013年2月17日 (日)

商品情報 小ネタ

気になった商品情報をまとめて。


昨年に続き、2013 Bomwn Chromeには1/3の確率でオートが2枚封入されている箱があるそうです。
定番のプロスペクトオートの他にもRCオート、ミニカードオート、リプリントオート、ダイカットオート、
Bowman Blackオートなど、様々なオートが用意されてるようです(インサート系はSP揃いですが)。

ただ、この商品で一番気になるのは基本構成よりもプロスペクトオートのメンツ。
2012年ドラフト1巡目指名選手の大半がすでにBowman DPとBowman Sterlingでオートを書いていますし、
さらに全体1&2位のC.CorreaとB.Buxtonも先に2013 Bowmanでクロームオートを書くようなんですから、
コレクターの関心を引けるようなメンツを揃えるのはかなり大変になるんじゃないかなぁ…。
「Bowman 1stオート」ということに拘るのを辞めれば色々な有力選手をラインナップに入れられますが、
それをやりすぎると「Bowmanらしさ」が揺らぎかねないので、そういった流れにはなって欲しくないものです。


2013 Topps Pro Debutにはいくつかの新カードが封入されるようです。
1988年に公開された野球映画「Bull Durham(邦題 さよならゲーム)」のキャストたちのカットオートや、
マイナーリーグのチームマスコットを象った刺繍カード(UD Goodwin Championの動物パッチ風のアレ?)、
チームロゴのレプリカパッチなど、正攻法とは違ったネタ系のカードなので、若干人を選ぶ代物ですが…。
なお、刺繍カードorレプリカパッチは箱1のオッズで出てくるみたいです。


Topps Turkey Redが復活するみたいですが、Toppsのオンラインショップでのみの扱いになるようです。
内容は、1箱にレギュラーが10枚+オートが1枚で、価格は20ドルくらいだとか。
ただ、サイトをチェックしてみたらすでに予約が終了しているようなんですが…?

|

« 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 3パック目 | トップページ | 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 4パック目 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

Turkeyredは僕も1日遅れで買えませんでした。レギュ10枚にauto1枚の構成、レギュは100種類なのでコンプには10箱は必要です。
パラレルがあるので開けて面白そうではありますが、
Autoは価格とオッズと面子を考えるとあまり期待しない方が良さそうです。

投稿: へば | 2013年2月17日 (日) 20時09分

今年はどうなるんでしょうねBowman…。

autoのメンツに目新しさが現段階では少ない分他で工夫をしないと厳しいかも。

以前へっぽこさんも言っていましたがWBC関連のカードが制作されるといいですね。


昨日ですがUDの2012SPゲームユースドゴルフを2パック開封しましたが引きはともあれデザインが個人的にヒットしたのでMLBにも復帰してくれたらなぁなんて思ってしまうんですよね。

一社独占のマンネリ化から…。

投稿: マッカーサー | 2013年2月18日 (月) 17時44分

2012 Bowman ChromeにProspectオートが入ってたScooter Gennettって選手は2010にもProspectオートが入ってましてねぇ
1stオートにはすでにこだわってないんですよ、他にもあるはず(苦笑)

結局、Bowman Chromeは下位指名で漏れ組とInternational FA組に生きるしかない状況なんですよねぇ。つまり完全なバクチ箱と。
と考えると、それこそデフォが箱2枚でもいいかと思うんですけどね。
EEEだと大量に書く設定の選手ですからね、彼ら。

投稿: Matt | 2013年2月18日 (月) 22時52分

>レギュは100種類なのでコンプには10箱は必要です。
ダブリのことも考えるとコンプ狙いの箱買いはものすごく大変そうですよね。
e-bayでのシングル出品を待つのが一番なのかもしれませんが、今作は大量生産してなさそうなので出品量も限られるかも?

>Auto
ラインナップを見るといつものコモンばらまきになりそうな予感がしますね(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年2月19日 (火) 22時28分

>WBC関連のカードが制作されるといいですね。
ChapmanやCespedesがWBCカードでbowman 1st cardになってますからね〜いっそMLBに流れてきそうな選手にオートを書いてもらうと面白いかもと思ったり。
ただ、ハマらないコレクターにはハズレもいいとこのカードになっちゃいますけど(笑

>デザイン
メーカーごとに特色がありますからね〜。
Toppsのレトロデザインもいいですが、UDの未来的(?)デザインもそろそろ恋しいです。

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年2月19日 (火) 22時30分

>他にもあるはず
1stオートでないものはRCやプロスペクトの概念が変わった2006年から少量ながらずっと封入されてるんですよねえ…。
これまで通り数人ぐらいで済めばいいのですが、これが多数派になるとしたらさすがに困ります。

>完全なバクチ箱
プロスペクトは誰がどう育つのか予想がつきにくいとはいえ、コモン選手はどうしてもリスクが高くなるのでハズレ的扱いになりますからね…。
EEEみたいにポンポン大量に出てくるなら悪くないのですが、箱1オートだとダメージがシャレにならないです(汗

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年2月19日 (火) 22時32分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/49443033

この記事へのトラックバック一覧です: 商品情報 小ネタ:

« 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 3パック目 | トップページ | 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 4パック目 »