« 2012 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目 | トップページ | 商品情報 小ネタ »

2013年1月27日 (日)

2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 3パック目

前回の開封が物足りない結果だったので、また2012 Bowman Sterlingをパック買いしてみました。
しかし、購入した後にもうすぐ2012 Panini Elite Extraが発売されるということに気付いて少し後悔。
資金が豊富ではないので新商品が出る時期はもうちょっと気をつけないといけないのですが…。
前の記事で「安易な出費は避けたほうが良いような気も」と書いてたのに、いきなりやっちゃいました。

とはいえ、買っちゃったものは仕方が無いのでとりあえず開封。





Untitled2
Prospects T.Skaggs


3パック目にしてようやくレギュラーカードが引けたと思ったら、インサート扱いのプロスペクトでした。
プロスペクト・RC・インサートどれか1枚のみの封入なんですが、これでコンプできる人はいるのかなぁ。

ちなみにカード自体は非常にクールな出来に仕上がっています。
このブランドは白か黒を基調にした色使いをずっと続けていたので、この紺色はなかなか新鮮でした。





Untitled4
Prospect Autograph P.O'brien


P.O'brienは全米94位、ヤンキースの2巡目指名の大卒捕手。
打撃への期待度が高い選手ですが、1A-程度で打率.202、OPS.643という悲惨な成績だったるうえに、
シーズン終盤に手首を傷めたせいで長打力を失ってしまうかもと心配されるなど、相当マズイ状態。
ヤンキースは捕手のプロスペクトを多く抱えてることも考えると、メジャーへの道のりは険しそう…。



Untitled6
Rookie Autograph A.Gose

A.Goseは2011年に2Aで70盗塁+2桁HRを記録して評価を上げた選手なんですが、2012年は伸び悩み。
身体能力は非常に高いものの技術を身につけるスピードが緩やかという素材先行型の選手なので、
メジャーや3Aレベルの野球に順応するにはまだまだ時間がかかるのではないかと思われます。

ちなみにこのカードはRCオートなんですが、見た目がプロスペクトオートと殆ど変わらないのが残念。
若手選手という大まかな括りで考えればルーキーとプロスペクトは同じようなものなのかもしれませんが、
トレカ的に考えるとまったく別物なので、両者をちゃんと区別ようにデザインも変えてもらいたいところ。



Untitled5
Prospect Autograph M.Olson


M.Olsonは全米47位、アスレチックス1巡目指名の高卒内野手。
大振りせずコンパクトにスイングし最短距離で球を捉えるのが特徴のパワーヒッター。
バットスピードは良くて平均レベルだとか4~6巡で指名できる選手だとか評価は微妙な感じなんですが、
ルーキーリーグや1A-ではそれなりの成績を残しているので、化ける可能性は十分にあると思います。



う~ん、前回のBowman DPに続き、こちらも当たり障りのない結果になりました。
とはいえ、こちらはコストパフォーマンスが良いのでそこまでダメージを受けたわけではありませんし、
今回もきっちりとドラ1選手のオートが引けたので、ぼちぼちの結果だと言えるのではないでしょうか。
パックのオートが3枚になったおかげでかなり助けられているような気がします。



<追記>
2012 Panini Elite Extra
発売。開封動画はこちら()。ケース開封動画はこちら

発売前は箱にオート6枚という話でしたが、実際には6~8枚入っており、ホットボックスも12枚と多め。
量が増えただけでなく、ダイカット版にも直書きオートを設けるなど品質も良くなってるので好印象です。

|

« 2012 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目 | トップページ | 商品情報 小ネタ »

MLB 開封結果 2013」カテゴリの記事

コメント

自分も今年はパックで3autoになったこともありUSA版日本版各5パックずつ購入と暴走してしまいました。

難点はautoの出るパターンがある程度決まっているぽいので意外とダブりやすいやはりこれは選手による枚数の違いの影響でしょうか?


自分は日本版ではズニーノゴールドリフauto、USA版ではトラウトリフautoと同じパックにハーパー・トラウトのデュアルパープルリフautoが出る奇跡もありなんとか生還できました。

へっぽこさんもプレートautoを引かれたみたいでこの趣味は流れや相性ってあるんだなって時々感じさせられますよね?

エリートはホットBOXもありコストパフォーマンスという意味では捨てがたいですがロゴがないカードですし面子もスターリングと似通っている現状ではスターリングの方がドラ1がバンバン出るのでいいかなとは思いますがどこからスゴい選手が出てくるか分かりませんからね。


ここ数年は目玉になるルーキーがいましたが今年はどうなるんですかね。

そう考えると開幕が楽しみです。

でもその前にWBCがありましたっけ。

投稿: マッカーサー | 2013年2月 2日 (土) 09時00分

>難点はautoの出るパターンがある程度決まっているぽい
開封動画を見ているとパックのオート3枚が封入の順番まで同じ、またはほぼ同じというのを見かけましたから、そのようですね。
最近のtoppsは製造時に封入する際にランダム性をもたせようとしてないので、単純にパターンを崩すような手間をかけたくないってだけのような気もします(汗

>なんとか生還できました。
生還どころか凱旋では(笑
ツキが来るときはとことん来ますから、なんか不思議な感じになりますね。

>エリート
毎年150~200種くらいラインナップされてるので、bowman系でフォローできてなかった選手の中から新たなプロスペクトで出てきたりするんですよね。
ただ、やっぱりそういった選手を引き当てる確率は相当厳しいので、手堅くいくならbowman sterling、夢を追うならeliteって考えています。

>今年はどうなるんですかね。
bundy、machado、profar、(デビューすれば)myers、あたりが目玉でしょうか。
個人的にはwbc関連のカードが多く出てくれれば嬉しいのですが。

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年2月 2日 (土) 14時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/48970156

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 3パック目:

« 2012 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目 | トップページ | 商品情報 小ネタ »