« 2012 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 | トップページ | 2012 Bowman Sterling 発売 »

2012年12月16日 (日)

来日外国人のMLBカード その17

ウィンターミーティングが始まったせいか、メジャー選手の来日が続々と決まっています。
それに合わせて彼らのカードはないかとストレージを漁るのですが、今回はサインを複数発見。
ということで、その選手とカードをご紹介します。





Untitled2
ソフトバンクホークス ブライアン・ラヘアー

来日の噂がたっていたラヘアーが遂に来日。
今年はスタメン一塁手の座を獲得して開幕から打ちまくりオールスターにも選ばれるような活躍を見せたので、
バリバリのメジャー主力級選手が来日するという報道もありましたが…実際にはそこまでではないような?
開幕時は確かによく打っていましたが、BABIPが4割近い数値だったので運に助けられていた可能性が高く、
また、対左の打率が.062、三振率が6割と弱点があまりにハッキリとしているので、なんとも言えない印象。
とはいえ、マイナーでは十分な実績がありますし、右腕キラーでもあるので、活躍する可能性もありそう。

画像は2007 Bowman Sterlingと2006 Justifable Memorabilia Editionのプロスペクトオート。
来日外国人のオートとしては、同一選手のオートを複数枚所持するというのは初めてです。





Untitled3
中日ドラゴンズ ブラッド・バーゲセン

こちらのバーゲセンはボールを丁寧に低めに集めてゴロを打たせる軟投派のピッチャー。
日本は飛ばない統一球ですし、本拠地となるナゴヤドームは投手有利球場なので、ハマればすごそう。

画像は2005 Justifable Memorabilia Editionのプロスペクトオート。
開封時はP.HughesのサインボールとN.Cruz&T.Clippardのデュアルが引けたので影が薄いカードでしたが、
6年以上経ってから日の目をみるというのがなんだかプロスペクト関連のカードっぽくて笑いました。





Untitled5
Untitled4
中日ドラゴンズ ダニエル・カブレラ

バーゲセンとは対照的に、カブレラは剛速球を思い切り投げ込んで打者をねじ伏せる本格派のピッチャー。
メジャーデビューしたてのころは160キロ近い球を簡単に投げるということでかなり期待されてたのですが、
2年連続シーズン100四球を記録するなど制球難がまったく改善しなかったうえに球速も落ち始めてしまい、
いつのまにかメジャーの表舞台から消えていたので、今回の来日報道にはかなり驚かされました。

画像は2007 UD SweetSpotのスイスポオート。
最初からサインが薄いカード(画像上)だったのですが、時間経過でさらに薄くなってる様子(画像下)。
サインと一緒に本人もメジャーの表舞台からも消えちゃったなあとネタにしていた1枚だったのですが、
まさか日本野球の表舞台からも、なんてことにはならないよね…さすがに…。



<追記>
ラヘアー
バーゲセンカブレラのプレー動画でも。


<追記の追記>
Paniniからの正式発表がまだなのにDale Murphyがサイン中のカードをtwitterで公開してしまい、
PaniniがNational Treasuresの製作を進めているのがバレるという話はさすがに笑っちゃいました。

|

« 2012 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 | トップページ | 2012 Bowman Sterling 発売 »

来日外国人」カテゴリの記事

コメント

National Treasureって(苦笑)
PaniniはElite ExtraとContendersをしっかり出してくれればいいとしか私は思ってないんですけどねぇ。
ダルとハーパー抜きのルーキーオートばかりブランドをだされてもねぇという感じですし(Prime Signaturesみたいな)。

やめちゃいましたけどNFLで見てた分だけ、全然新鮮味もないというか、MLBを加えても03年くらいからずっとおんなじ事しかやってないよなぁという印象が強いです。NFLだとブランドの個性があまりになさすぎて、違いがわからないというレベルに到達していたので、余計なものを出すなという気になってしまいますw

投稿: Matt | 2012年12月16日 (日) 02時13分

来日選手が日本プロ野球で活躍したらMLBでのカードはNPBではどういう扱いになるんでしょ?
国内トレードで需要高まったりするんですかね?

Natial Treasuresっすか 
パニの最高級品ですが、ロゴ無しを高級版でやられるのはちょっといただけませんよねぇ…
ラインセンスはとっとと獲れっていうかMLB側が折れない限りロゴ無しで出せるならこれでいいや的な姿勢ですよね

布系のサインカードはインクの揮発でコレクションの価値がまるで無くなってしまいますからホントきびしいですよね…
カードとして面白いですし直書きなので好きなんですがなんとか解決してほしい問題です
あぁ…今活躍してる選手のRCサインがどんどん薄く… うぅ…

ちなみに昔のリフオート(直書き)もリフの曇りを取ろうと思って布で拭いたらサインまで拭き取れてしまった事があります
カードのお手入れは注意が必要ですね! ゲフッ

投稿: かわうそ | 2012年12月16日 (日) 02時27分

>ダルとハーパー抜きのルーキーオートばかりブランドをだされてもねぇ
飛車角落ちというか、RCオートで爆発的ヒットが期待できないというのが痛いですねえ…。
特にpanini系はどの商品にもRCオートが高確率で、しかも複数枚封入されてますし。

>03年くらいからずっとおんなじ事しかやってないよなぁという印象が強いです。
シールオート、メモラ、オートメモラ、パッチを組み合わせたものが多いのが好きだったのですが、そう言われてよくよく考えると革新的な新アイデアのカードってのはあまりなくて同じようなカードが多かったような気がしてきました…。
NFLカードですが、開封動画をyoutubeでたまに見るのですが、確かに違いがまったくわかりませんね(汗

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年12月16日 (日) 11時56分

>来日選手が日本プロ野球で活躍したらMLBでのカードはNPBではどういう扱いになるんでしょ?
う~ん、あまり需要はないのではないかと思います。
NPBコレクターはMLBカードを収集対象としてない人が多く、来日決定の報道が出たころにだけ少し需要が発生してヤフオクなんかで少しカードが落札されるようになる…という感じな気がします。

>ロゴ無しを高級版でやられるのはちょっといただけませんよねぇ…
頑張ってくれるのは有難いのですが、ロゴなしだとどうしてもパチもん感が拭えませんしね…(汗
prime cutsがあの状態ではこっちも内容は推して知るべし、でしょうか。

>カードのお手入れ
特殊素材のオートは本当に難しいですよね~。
レターパッチ系に使われるペンキみたいにべっとりしてるインクだとかなり状態が良いままなので、あれをもっと使うようにして欲しいです…。
布で拭いたら…のやつは自分もあります!布を見たら「なにこの青い汚れ?」と不思議に思った直後に原因に気づいて愕然としましたよ(涙
しかもそれが今評価上昇中のプロスペクトで…嗚呼ひどいっ!

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年12月16日 (日) 12時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/48333292

この記事へのトラックバック一覧です: 来日外国人のMLBカード その17:

« 2012 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 | トップページ | 2012 Bowman Sterling 発売 »