« 2012 Bowman Sterling 発売 | トップページ | 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 2パック目 »

2012年12月28日 (金)

2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 1パック

2012 Bowman Sterlingはオートの封入枚数が増加したりアジア版が発売されたりと話題になったものの、
個人的にはどこか冷めたような感じでこの商品を見ており、発売後もその印象は変わってませんでした。
理由ははっきりしませんが、同ブランドでの露骨すぎるSP商法ぶりに呆れたからでしょうか?
とはいえ、話題の商品ですし、毎年4~5パックは買ってるブランドなので、とりあえず購入しました。

では、開封。





Untitled2
Next in Line M.Adams & O.Taveras


今年はレギュラー系カードがパックに1枚しか封入されていません。メモラに至っては完全に消滅…。
オートを増量した分、他の部分でコストカットを余儀なくされてこの枚数に…ということでしょうか。
まあ、このブランドで最も重要なものはオートなので、これはこれである意味潔いやりかたなのかも。



では、オート1枚目。



Untitled5
Prospect Autograph J.Valentin


J.Valentinは全米51位、ドジャース1巡目指名の高卒内野手。
打撃面ではパワーがないことや両打ちを始めたのが最近であることなど欠点が少々目に付きますが、
守備面、しかもショートとしての評価は高く、強肩とスムーズな動きは誰もが認めるところのよう。
ちなみに父親のJose Valentinは元メジャーリーガー、しかも16年もの間プレーしたという大物です。



んで、オート2枚目。



Untitled6
Prospect Autograph N.Travieso

N.Traviesoは全米14位、レッズ1巡目指名の高卒右腕。
100マイル近い速球、ツーシーム、80マイル強のスライダー、チェンジアップが持ち球。
制球力の精度が粗かったりチェンジアップがたまに高く浮くなどまだまだ未完成な状態ではありますが、
投球フォームが綺麗で安定してることや、腕の振りが速いなど、投手としての能力はなかなか良さそう。



最後にオート3枚目なんですが…。





Marrero_1of1_plate_auto
Prospect Autograph Printing Plate Yellow D.Marrero 1of1

1of1の印刷原版オート
が引けました。
原版オートは過去に2枚引いてる()のですが、直書きのものは初めてなのでかなり嬉しいです。

D.Marreroは全米24位、レッドソックス1巡目指名の大卒内野手。
守備型の遊撃手で、広い守備範囲、滑らかな動き、強肩を持ち、plus-plus defenderと言われてます。
打撃面ではコンタクト能力が高くてそこそこのパワーもあるので2番バッターとして最適なタイプのよう。





以上、開封終了。

前述したようにやや冷め気味に見ていた商品でしたが、実際に開けてみるとかなり良かったです。

その最たる要因がRC・プロスペクトオートの出来の素晴らしさ
実物を見るまではやや地味かなという印象だったのですが、手にとって見るとまったく違いました。
クローム系特有の凸凹加工が復活したことでカードに高級感が出て値段相応の格好良さがありますし、
背景の紺色とインクの青色がマッチして全体のデザインに統一感があるので、完成度が非常に高いです。
これで「パック3枚に増量+直書き」で値段はほぼ据え置きというのは驚異的と言わざるを得ません。

問題視してたラインナップ数の増加も、Bowman DPにはなかったドラ1オートがこちらに封入されてたり、
様々なプロスペクトたちを大量に集めまくれることを考えると、一概に悪いとは言えない気もします。
ただし、メンツの濃さが失われ、さらに特定選手を引きにくくなったというのはやはり残念ですが。



<追記>
前回の記事の追記でちょっと言及しましたが、ミニボックスの廃止はやはり残念。
「高額な雰囲気を醸し出して高揚感を湧かせる演出装置」という役割がなくなるのは別にいいのですが、
「輸送時の衝撃からカードを守る盾」という役割までがなくなるのはさすがに問題なのではないかと…。
特に今回は大きめのボックスに小さなパックが無造作に入れられてるので、ダメージが心配です。

|

« 2012 Bowman Sterling 発売 | トップページ | 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 2パック目 »

MLB 開封結果 2012」カテゴリの記事

コメント

おぉ! 案の定ですねw おめでとうございます
ちょくちょく1of1引けるなんて羨ましい限りです

投稿: かわうそ | 2012年12月28日 (金) 20時00分

>おぉ! 案の定ですねw
かわうそさんから1of1に関するコメントを頂いた直後の結果なのでものすごく驚きましたよ…。
確かに定期的に引いてるような気がしますが…その逆風なのか、他のいつもの引きはめっちゃ平凡なんですよね(汗

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年12月29日 (土) 13時39分

追記に激しく同意です!
僕のボックスにも1枚
ダメージカードがありました。
中身に力を入れたがための
コストダウンなんでしょうが・・
残念でした。

投稿: yoshikazu | 2012年12月30日 (日) 02時14分

Printing Plateオートですか…、よく引けますねぇ。
コンボオートの10シリまではいけるんですけど
1/1はなかなか行けませんわ

一応、NFLでなら引いたことがあります。
09でベテランジャージのRed Refが1/1でChad Johnsonという選手。
いろんな意味で人気はある選手だけど、誰も欲しくないというやつです、はい。

投稿: Matt | 2012年12月30日 (日) 12時18分

いやあ気持ちのいい引きですね。おめでとうございます。
最後が1/1で締めれるなんてとても羨ましいです(^O^)

投稿: フミノヒデ | 2012年12月30日 (日) 23時54分

>僕のボックスにも1枚ダメージカードがありました。
う~ん、それは残念でしたね…。
製造費や人件費はコストダウンできたのでしょうけど、品質までダウンではちょっといかがなのもかと思います。
ボックスとパック、それぞれの大きさが全然合ってないので、製造途中で急遽廃止したのこんなことになったのでしょうか?

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年1月 4日 (金) 11時09分

>Printing Plateオートですか…、よく引けますねぇ。
1of1といっても原版ものは4色ぶんあるので4シリみたいなものですので(汗
本当の意味での1of1(Mattさんが引いたようなred ref等)には縁が無いですね。

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年1月 4日 (金) 11時13分

>最後が1/1で締めれるなんてとても羨ましいです(^O^)
2012年はずっと地味な感じで進んでいったので、最後だけでもいい結果で終われたので良かったです。
終わりよければ全て良しってことで(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2013年1月 4日 (金) 11時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/48485367

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 1パック:

« 2012 Bowman Sterling 発売 | トップページ | 2012 Bowman Sterling Japanese Edition 開封 2パック目 »