« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月16日 (金)

2012 Topps Five Star 発売

2012 Topps Five Starが発売。 開封動画はこちら(

予想通り、内容は過去最高レベルのものに仕上がっていると思います。
直書きオート、コンボオート、メモラオート、インクバリエーションオート、インスクリプション入りオート、
ロゴパッチ、コンボパッチ、ジャンボパッチ、ブックレット型カード、バットバレル、レジェンドメモラと、
コレクターの欲望をそのまま具現化したようなカードで構成されており、なんか笑えてくるレベルです。
オートは全て直書きで、スペースが大きいぶんサインが伸び伸びと書かれているのものが多くて壮観。

メンツも宣言どおり厳選されており、チームの顔といえるような現役スター・レジェンド選手が目立ちます。
今一番ホットなB.Harper、M.Troutのオートが別にSPでもなく普通に150シリで封入されてたのには驚愕。


ただ、重箱の隅をつつくようなことで申し訳ないのですが、欠点も一応あります。
それは誰もが気づいてることだと思いますが、尋常じゃないリスクの高さです。

メモラ1枚+オート3枚+その他1枚という構成なんですが、メモラは最近乱発傾向にあるジャンボジャージ、
その他のカードというのもレギュラーであることが多いので、実質的に勝負できるのはオート3枚が基本
また、メンツが厳選されてるとはいえ、「スターというよりファンフェイバリット」な選手も一部含まれています。
これに加えて1箱5万円前後という桁外れな値段を考えると、それなりに素晴らしいカードを引けたとしても、
それが対価に見合うリターンなのかと言われるとちょっと引っかかるところがあると言わざるを得ないかと…。

ただし、この問題は「値段を考えたら」という話なので、金銭面を度外視できるのであれば無問題ですが。



<追記>
S.Koufaxのジャンボメモラオートを見てちょっと笑っちゃいました。
たぶんこのインサートにおいてメモラのスペースの使い方が一番正しいものになっているのでは。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

2012 Panini Signature 発売

2012 Panini Signatureが発売。 開封動画はこちら(

う~ん、思ってたほどインパクトのある内容にはなってないかなぁ。
箱にオートが3枚入っているので1度に複数枚のビッグヒットが手に入る可能性もあるかと思えますが、
3枚のうち2枚はRC・プロスペクトオートでほぼ固定されてる封入なので、そういったことはほぼ無理。
というか、3枚のオートがすべてRC・プロスペクトオートでスターのオート0枚という箱が普通にあります。

そのRC・プロスペクトオートのラインナップが豪華であればまだ良かったのですが、実際にはかなり貧弱。
目玉級と言える様な選手はM.Moore、Y.Cespedes、T.Bauer、W.MiddleBrooksくらいでしょうか。
偽パッチやスイスポ素材を使ったカードというのは悪くないのですが、造型がやや甘いのが気になります。

とはいえ、現役スター選手やレジェンド選手のオートもかなり出易くなっている様子。
開封動画を見る限りでは5割前後の確率でしょうか?
ラインナップもそこそこですし、近年はスター選手のオートが出し惜しみされることが多い事を考えると、
悪しざまに「プロスペクトオートしか出ない箱」という烙印を押すには忍びないかなぁと思えちゃいます。

ちなみに今回もMLB不認可の商品なのでチームロゴは不使用。
使う写真は選手の顔のどアップばかりで、帽子や胸のロゴが見切れて写り込まないようにしています。



<追記>
2012 Panini Cooperstownも発売したので開封動画を(
オートはMLB野球殿堂関連のものばかり出るのですが、中にはアナウンサー等のオートなんかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

来日外国人のMLBカード その16

日本シリーズが終了し、2012年のNPBの話題は本格的にストーブリーグへと移行しました。
MLBカードコレクターにとっては、これからどんな元有望株orベテラン選手が移籍してくるのかと予想し、
そして来日が決定したならばその選手のカードがないかとストレージを漁りまくるのが楽しくなる季節。
んで、さっそく来日が決定した選手が現れたので、その選手とカードをご紹介します。





Untitled2
阪神タイガース ブルックス・コンラド

阪神が獲得したブルックス・コンラド。
スイッチヒッターであり内野・外野・捕手まで守った経験があるという物凄いユーティリティーぶりや、
マイナーで2004~2007年まで4年連続20HRを記録したパワー、練習熱心な姿勢を持っているのが特徴。

画像は2008 Bowman Draftpicks & ProspectsのリフRC、クロームRC、通常RCの3種です。
同商品ではリフのオッズが箱2なので、これを引いたときは貴重なリフでハズしたと落胆したのですが、
まさか4年後にこのような形で日の目を見るなんて思いもよりませんでした。



ちなみに…



Untitled5

2008 Bowman Draftpicks & Prospectsにはなぜか来日外国人のRCがやたらとラインナップされており、
バレンティン(1段目左)、デントナ(1段目中央)、ニック(2段目右)、エドガー(2段目左)、
ホフパワー(2段目中央)、カーター(2段目右)と、最初に紹介したコンラッドと合わせて7人もいます。
他にも楽天が獲得を目指しているラヘアーなんかもいたりするので、今後またその人数が増えるかも?

この商品はスターのM.Stanton、B.Posey、E.Longoria、C.Kershawらの初orRCサインが封入されており、
サインのラインナップが豊作でMLBのプロスペクトカードコレクターにとって有難い内容だったのですが、
NPBの来日外国人カードコレクターにとっても豊作で有難い内容、ということになりそう。



<追記>
BBMカードギャラリーに画像を追加。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »