« 2012 Bowman Sterlingに追加カード | トップページ | 来日外国人のMLBカード その16 »

2012年10月27日 (土)

2012 Topps Triple Threads 開封 2パック目

Untitled0

気分的に盛り上がらない時期が続いて停滞感が漂いだしたので、気を取り直して記事を書くことに。
とりあえず開封したものの記事を書いていなかった2012 Triple Threadsのパック開封結果でも。

では、開封。





Untitled2
Untitled3
B.Ruth
R.Zimmerman
L.Gehrig
Base Set Sapphire D.Price /25
Base Set Amber CC.Sabathia /625

25シリのサファイアパラが引けましたが、ここで運を使いたくなかったというのが正直な感想。
2006年版くらい綺麗な出来のカードであるのなら素直に喜べたのですが…う~ん、複雑です。





Worley_relic_auto
Unity Auto Single Relic V.Worley /99

ヒット1枚目はシングルメモラオート。

パック1でオート保障とはいっても、トリプルメモラオートではなくこちらが出ると正直痛いですね。
単純にこのカード自身のデザイン・メンツ・リターンにあんまりいいところがないということに加えて、
「これが出る→ヒット2枚目はメモラ確定→凡メモラの可能性大」と、次の悪い流れまでが見えるので、
こいつが出たときに喜べるor期待できる要素というのがほとんどないわけで…。





Arod_3relic
Triple Threads Relic A.Rodoriguez /36

ヒット2枚目のメモラですが、やはり普通のトリプルジャージでした。

トリプルメモラはパックのメインカードに位置付けられてるものなので良いところを引きたかったのですが、
異なる複数の素材が入っているわけでもなく、パッチが入ってるわけでもない非常に平凡なものでガッカリ。
2009年版ぐらいまではもっと多様なメモラが多く存在してたのに、1社独占以降はずっとこんな仕様です。
商品の名を体現するはずのカードであるにも関わらず、存在感が年々薄れていってるのが悲しいです。

う~ん、ヒット1枚目で危惧した通りの流れになっちゃったのは残念。
ハイリターンが期待できるブランドではありますが、このようなハイリスクがあるのも現実ですね。

それと余談ですが、商品のベースカラーがシルバーというのはあまり良くない気がしました。
昨年まではベースカラーが赤で、通常版・パラ版含めた全てのカードに原色が使われててド派手だったのに、
今作は通常版だけシルバー(というか灰色)の地味なモノクロになったせいでインパクトが薄くなってます。
華やかさが売りの高級版ブランドなのに、この地味さはさすがに食い合わせが悪いと思うのですが…。



<追記>
2013 Bowmanに全米1位指名のC.Correa、B.Buxton、L.Giolito、C.Bethancourtらのオートが入るとか。
ということは、年末に発売される2012 Bowman DPには彼らのオートは入らないのでしょうか?

<追記の追記>
2012 Bowman Chromeが発売。開封動画はこちら(

|

« 2012 Bowman Sterlingに追加カード | トップページ | 来日外国人のMLBカード その16 »

MLB 開封結果 2012」カテゴリの記事

コメント

こりゃあ厳しい結果になりましたね
コンセプトから外れたカード引くとヘコみますよね トリプルとは一体…
レギュラーカードもエンボス加工もリフ加工も無くしてショボくなりましたしね
灰色背景も確かにいただけないですね リフ加工してある、もしくは鏡面加工してあったら綺麗なんですけど
ただグレーだけって打ち出しのコンクリみたいで味気ないですね
何が高級版じゃーーい

投稿: かわうそ | 2012年10月27日 (土) 01時15分

>コンセプトから外れたカード引くとヘコみますよね トリプルとは一体…
去年のシングルメモラは「3個くっつけると背景がパノラマになります」ってことで企画事態はトリプルと関係あったんですが…今年のは普通のシングルものですからね。

>ただグレーだけって打ち出しのコンクリみたいで味気ないですね
見た目だけでなく、実は質感もコンクリっぽいんですよね~あまりに的確な指摘で笑っちゃいました(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年10月28日 (日) 19時59分

今年のは大当たり引けば印象は違うかもしれませんが、あまりにひどかったですね。

これ買うならLeaf Metal Draftあたり買ったほうが面白かったかもと。
レデンプションが入っていると、同じカードを最大5枚手に入れることができるものとかで、笑えるっていうかw

投稿: Matt | 2012年10月29日 (月) 23時48分

>今年のは大当たり引けば印象は違うかもしれませんが、あまりにひどかったですね。
年を経るごとに当たり外れの差が大きくなってる気がします。
もともとハイリスクハイリターンな商品なので仕方ないのかもしれませんが(汗

>Leaf Metal Draft
レデで帰ってくる枚数がランダムで決まるみたいですね。
ホットボックスの外箱にわざわざホットボックスであることを示すシールがあらかじめ貼ってあったりと、ギャグみたいなことになってるようで…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年10月30日 (火) 20時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/47601944

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 Topps Triple Threads 開封 2パック目:

« 2012 Bowman Sterlingに追加カード | トップページ | 来日外国人のMLBカード その16 »