« Paniniのレデンプション 到着 | トップページ | 2012 Topps Triple Threads 開封 1パック »

2012年9月13日 (木)

2012 Toppc Chrome 開封 2箱目

Untitled0

1箱目を開けたときに思ったよりも良い商品だと感じたので、追加でもう1箱買ってみることにしました。
B.Harperやダルのオートが狙えるのに廉価版並みの値段というのも買いたくなる理由の1つですが。

ちなみに今年のRCオートは通常版にはSPがあり各リフ版にはSPがない(枚数が同じ)状況なので、
通常版が出たときよりリフ版が出たときの方が目玉選手のオートが出る可能性が高いみたいです。
なので、リフオートを狙っていきたいところなのですが…果たして結果は?

では、開封。





Untitled2

1箱目では日本人のRCが1枚も出なかったのですが、今回はダルビッシュ、青木、岩隈の3人がまとめて出現。





Untitled5
Untitled6
Base Set Refractor B.Zobrist
Base Set Refractor T.Hanson
Base Set Refractor D.Wright
Base Set Refractor A.Pujols
Base Set Refractor W.Rosaris
Base Set Refractor E.Encarnacion
Base Set Refractor A.Laroche
Base Set Refractor J.Vargas
Base Set X-fractor I.Kennedy
Base Set X-fractor I.Davis
Base Set X-fractor E.Hosmer
Base Set X-fractor C.Young


リフ、Xリフともにメンツ負けな感じ。
この辺で有望ルーキーやスター選手を多く引きたいところなんですが…A.Pujolsが出たのは良かったかな。



Untitled9
Base Set Sepia Refractor J.Hamilton /75
Base Set Blue Refractor L.Martin /199


シリ入りリフは2枚だけしか出なかったので、やや物足りない結果になってしまいました。
シリなしリフと違ってランダム封入なので、出てくる枚数にバラつきが出ちゃうのは仕方ありませんが。





Untitled11
Dynamic Die Cuts A.Mcctchen

ダイカットインサートはA.Mcctchen。
Mcctchenは才能を完全開花させて素晴らしい成績を残している今ホットな選手なのでいい引きでした。





Untitled12
Rookie Base Card Autographed Variation Black Refractor C.Cowgill /100
Rookie Base Card Autographed Variation D.Mesoraco


オートで狙い通りのリフ、しかもレアなブラックリフが出たものの、選手までは狙い通りとは行かず。

C.Cowgillはアスレチックスの26歳の外野手。
6月に怪我で離脱するとその間に外野の空きがなくなってしまい、メジャーでの出番が完全に消滅。
マイナーでもパッとしない成績しか残してませんし、このまま特に活躍できずに干されてしまう気が。

期待度で言うと、通常オートのD.Mesoracoの方がマシでしょうか。

D.Mesoracoはレッズの24歳の捕手。
チームプロスペクトランク1位の有望株で、平均程度の守備力とパワーのある打撃が特徴と言われています。
昨オフに球団が2010年のドラ1捕手・Y.Gradalを出したのはMesoracoを正捕手にと考えての事のようですが、
ここまでは打率2割前半とかなり苦しんでおり、その期待には応えられていません。



う~ん…。
色々と期待した開封でしたが、各リフやオートなどのヒット系カード全般がかなり厳しい結果でガッカリ。
主立った収穫といえばはダル、青木、岩隈のRCぐらいかなぁ。
来週に発売が迫る2012 Topps Triple Threadsの前に運の無駄遣いをしなかったと考えることにしよう…。

|

« Paniniのレデンプション 到着 | トップページ | 2012 Topps Triple Threads 開封 1パック »

MLB 開封結果 2012」カテゴリの記事

コメント

極端なSP増やした結果、生産数とコモンも激増してホント引きが厳しくなった気がします
目玉カードとコモンが反比例しすぎなんですよね
NFLでも今期の開封結果を観てみるとケース開けですらベテランや上位指名RCが出なかったりと酷い内容が目に付きます
特にTOPPS、コモンのシリアルが1000超えのモノばかりで誰もが同じ選手ばっか引いてて「全部アソート一緒なんじゃねぇの!?」と思ってしまうくらい
私もTOPPS CHROME予約してますが怖いですねぇ…

あと内容もある程度保証されちゃってるので誰かが引いちゃってたら終わり ってのも引きのキビシさに拍車かかってますよね
私は通販オンリー組なので包んでくださる店員さんにいつも願いをかけてますw

投稿: かわうそ | 2012年9月13日 (木) 21時01分

>誰もが同じ選手ばっか引いてて「全部アソート一緒なんじゃねぇの!?」
今回のmlb topps chromeもそれに近い内容になってるんですよね…30人くらいラインナップされてるはずなのに特定の2,3人のオートが異常に出てきます。
通常版オートはシリアルがないので枚数の差がはっきりしないのですが、数倍くらい差がありそうです。

>あと内容もある程度保証されちゃってるので誰かが引いちゃってたら終わり
SPオートがケースヒットみたいな形で封入されるとしたら、これが怖いんですよね~。
上記のアソートの酷さと合わせて怖さ倍増ですし…。
自分も通販組ですので…店員さん、いい箱送ってちょうだいっ!(涙

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年9月14日 (金) 23時03分

お久しぶりです。

どうしてもダイカットカードの出来やビックヒットもありということでついつい2箱買ってしまいました。


結果は別にして久しぶりの開封はとても楽しかったです。

これだからダメなのかもしれませんが…。


へっぽこさんのいう通り開封してましてJarrod Parker autoがダブってしまい似たような選手が出やすいということを物語っているようなものでしたがゴールドリフと通常版で完全なダブリではありませんし今旋風を起こしているチームの先発ローテ投手なのでまだマシかもしれませんね。


なかなかこの業界から抜けられそうもありません(汗)


今回の開封でJarrod Parkerも気になり始めましたし…。


ちょっと縁を感じてしまうような開封でした。

投稿: マッカーサー | 2012年9月15日 (土) 21時34分

>なかなかこの業界から抜けられそうもありません(汗)
お久しぶりです。久々の開封で良い引きとは…復帰への甘いお誘いですね(笑
自分もここ1年くらい「一時的にでもブログも開封も止めて抜けちゃおうかなぁ」などと考える事が多いのですが、なんとなーくコレクターを続けてます。
趣味の世界はそう簡単に抜けられませんね~。

>今回の開封でJarrod Parkerも気になり始めましたし…。
レアもので引いた選手、しかもそれが頑張ってる選手だとなおさら気になりますよね。
縁を感じた選手の成長を追っかけるのってなかなか面白いので、parkerを収集対象にしてみるのもありかも?

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年9月16日 (日) 20時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/46974980

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 Toppc Chrome 開封 2箱目:

« Paniniのレデンプション 到着 | トップページ | 2012 Topps Triple Threads 開封 1パック »