« 2012 BBM 広島東洋カープ 開封 | トップページ | 2012 Topps Tier One 発売 »

2012年6月 8日 (金)

2011 Panini Limited 開封

Untitled0

毎年この時期は新商品のリリースが緩やかになるので、気になってた箱を購入することが多いです。
んで、今回は2011 Panini Limitedを購入。
MLB無認可のキワモノ商品であることやリターンが厳しめであることから評判は芳しくないようですが、
この商品でしか手に入らないような珍しいメモラが封入されてるので、それを目当てに買ってみました。

では、開封。





Untitled2
Prospects T.Shirley /199
Draft Hits J.Hager /249


通し番号がそれぞれ違ってるので厳密に言うとこれらはレギュラーカードではないと思うのですが、
ProspectsとDraft Hitsの2種は箱にほぼ1枚ずつ必ず封入されておりレギュラーのような扱いです。

ProspectsはToppsのクローム加工と同じ金属調の仕様になっておりなかなか格好いいのですが、
オート用のカードをそのまま流用しているのでシールを貼るスペースが開いてて雑な仕上がり。
逆にDraft Hitsは加工なしですが無難な出来です。



Untitled3
Limited Mach-Ups CC.Sabathia & D.Ortiz /199
Limited Greats D.Justice /299


2枚出てくるインサートもオート用のカードからの流用。

右のLimited Greatsは渋くて結構好みです。
今作では権利関係の問題でチームロゴやチームカラーが使えなくて写真が地味になっているのですが、
モノクロの写真にするとその地味さが目立たなくなり、逆に落ち着いた感じになるからでしょうか。



んで、ヒットなんですが、やはり4枚出てきました





Untitled5
Limited Materials C.Kersyhaw /377

ヒット1枚目はシングルジャージ。
目玉の珍メモラ・ヘルメットカードを引いてみたかったのですがメモラはこれ1枚でした…残念。
ちなみに、開封動画を見る限りではレアメモラはケースに2~4枚程度はあるようです。



Untitled6
Prospects Signature Z.Macphee /820


オート1枚目はプロスペクトオート。
ベースになってるカードが綺麗なクローム加工で格好いいのですが、シールのせいでチャチな印象に。

Z.Macpheeは全米398位、インディアンス13巡目指名の大卒内野手。
大学2年のときに打率.389、長打率.664という好成績を残して注目されたのですが、その後は伸び悩み。
その前後2年の成績が平凡かつ似通ったものなので、2年のときの成績はフロックなのではないかと…。



Untitled7
Commons Signature I.Kennedy /199


オート2枚目はI.Kennedyのオートレデンプションでした。
レデンプションとはいえ現役選手、しかもタイトルホルダーのオートが引けたのは素直に嬉しいです。





Hamilton_auto
Lumberjacks Signature J.Hamilton /149


残り1枚のオートはまさかのHamilton。
現役スターのオートが2枚封入なんてないだろうと決め付けてたので、これにはかなり驚かされました。

しかし、レンジャーズのスタメン選手って頻繁にオートを書いてくれるなぁ…。
過去の開封を振り返ると、05 ArtifactsでYoung、06 Bowman SterlingでKinsler06 FinestでCruz
08 Bowman SterlingでAndrus09 Sweet SpotでMurphyと、これまでに5人も自引きしています。





以上、開封終了。

ボックスヒットがオッズオーバーのうえに現役スターのオートが2枚も出たのでかなりの収穫でしたが、
開封動画やe-bayでの出品状況を見る限りでは、実際の内容はもうちょっと厳しくなることが多い様子。

箱に2~3枚のオートが封入されているとはいえ、1~2枚はプロスペクト系でほぼ確定されていますし、
さらにトッププロスペクトが殆どSPになっているのは超高級版の商品としては少々厳しいと思います。
現役・引退選手のオートはラインナップ数が多いし近年見かけなかった選手がいるのは面白いのですが、
やはりこちらも超高級版の商品にしてはインパクトに欠けており、帯に短し襷に長しといった感が。

また、メモラは良くも悪くも極端な内容で、平凡なシングルジャージか奇怪なメモラのほぼ2択ですし、
素材も学生時代のキャップなどかなり独特な代物なので、それに興味がないとメモラで楽しめないかも?

ただ、このように短所も目立つ商品ではあるのですが、個性的(というかDonrussらしい)構成なので、
Toppsの商品ばかりでマンネリぎみになってる現状ではそこそこ楽しめる商品だと思います。



<追記>
この商品における1番の当たりと思しきカードが出てる開封動画でも。

|

« 2012 BBM 広島東洋カープ 開封 | トップページ | 2012 Topps Tier One 発売 »

MLB 開封結果 2012」カテゴリの記事

コメント

ハミルトンおめでとうございます!

私は二つ購入しましたが、確かに当たりはずれが極端なブランドのように思いますねえ~

当たりにはヒットと思われるカードが複数入っていて、はずれには1枚も無い・・・・という印象です。

投稿: kasa☆hara | 2012年6月 8日 (金) 11時55分

>当たりはずれが極端
kasa☆haraさんはデュアルオートでしたね!
この商品で当たりが出るとそれが本当に強烈なカードであることが多い気がします。

>当たりにはヒットと思われるカードが複数入っていて、はずれには1枚も無い・・・・という印象です。
確かにそんな感じがしますね~。
prime cutsでも当たりと思われるカードが固まって入っていましたし、工場での封入作業で当たりをバラけさせるような封入をやってなかったのではないかと…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年6月 8日 (金) 23時32分

まずはヒットおめでとうございます
現役スターが当たるのは嬉しいっスね!

ヒットの偏りは私も感じてました
PANINIは内容を保証してる分、確立が一定になってしまうんじゃないでしょうか
国宝みたいなハイエンド商品でもケース単位で偏りがありますね
どちらの意味でも「何じゃこのケース!?」という開封を何度も見ました

レアカード…もそうですがスター選手、コモン選手にも偏りがあるのは何なんでしょうね

投稿: かわうそ | 2012年6月 9日 (土) 00時57分

>現役スターが当たるのは嬉しいっスね!
最近はスター選手を入れてるブランドが本当に限られてますからね~引けてよかったです。

>ケース単位で偏り
これはちょっと酷いですね。ボックスでの偏りは珍しくないのでそんな箱に出会ってもある程度割り切れますが、ケースで買った人で悪い方向に偏ると悲惨なことになりそうなのに…。
Toppsではケースヒットのカードやそれに近い当たりカードは一定数きっちり封入しているんだけどなぁ。

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年6月 9日 (土) 22時31分

素晴らしい結果ですね。
ドンラス、パニーニ系には、たまにウハウハがあるから好きです。
こんな高級版でなくてもエリ-トやら、かつてのスレッドなんかも結構ウハウハな展開がありましたね。
トップスなんかの基本シリーズやアレジンとかにもこんなウハウハがあったらなあ(苦笑)
高級版除いて、最近のドンラス系以外でおもしろいったらOBAKぐらいかな。

投稿: フミノヒデ | 2012年6月 9日 (土) 23時34分

ハミルトンおめでとうございます(^^ゞ

レンジャーズの選手確かにサイン書いてる選手多いですね。
が、収集選手が多い当方ですが、今一番ご贔屓にしてるナポリのサインは今年はまだ発行されてません…(>_<)
過去のサインはToppsから発行されてたし、昨年後半からプレーオフにかけての活躍があったのでかなり期待してたのですが…(ry

ドンパニ物はどうしてもロゴ消しとかがどうにも違和感があってあまり手が出ませんが、ヘルメットとか昔のドンラスを思い出してしまいました。あの頃はヘルメットやキャップやグローブやら何でも挟んでましたけど今思えば面白かったんだなぁと思います。

オフィシャルがToppsだけなのでどうしてもオート面子等かなり固定化されがちですから、ドンパニ辺りに頑張って欲しいとこですが…(^_^;)

何か微妙に話が逸れていきましたね…すいません(^_^;)

投稿: ハフ | 2012年6月10日 (日) 06時19分

>ドンラス、パニーニ系には、たまにウハウハがあるから好きです。
昔からホットボックスを多く作ってたりインサートをパック1にしたりと、開封が楽しめるような封入を意識的にやってきたメーカーですよね。
threadsのプロスペクトと引退選手のごった煮みたいな内容も面白かったです。

>トップスなんかの基本シリーズやアレジンとかにもこんなウハウハがあったらなあ(苦笑)
toppsは内容が非常に安定しているのは間違いなのですが、逆に言うとバクチ感というか意外な展開が殆どないとも言えますからね(汗
ほかのメーカーそこに入り込めるように頑張ってくれたら面白いのですが…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年6月10日 (日) 20時49分

>今一番ご贔屓にしてるナポリのサインは今年はまだ発行されてません…(>_<)
そういわれてみると見かけませんね。昨年のブレイクで全米的にも認知度が上がり、オールスター投票でも捕手部門1位なのに…。

>今思えば面白かったんだなぁと思います。
Donruss系はイロモノ的な色合いが強いメーカーなので人によっては結構好き嫌いが分かれそうですね~。
あの頃のDonrussは新しいアイデアのメモラでコレクターを楽しませ、他社との差別化を図ろうとしてたのが個人的には好きでした。

>オフィシャルがToppsだけなのでどうしてもオート面子等かなり固定化されがち
Toppsでは「この選手のオートはどの商品にも入ってるなぁ」と思うことが多いですね(笑
やっぱりMLBカードは複数のメーカーが競い合ってこそと思います。

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年6月10日 (日) 21時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/45531346

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 Panini Limited 開封:

« 2012 BBM 広島東洋カープ 開封 | トップページ | 2012 Topps Tier One 発売 »