« 2012 Topps Tribute 発売 | トップページ | 2011 Bowman Sterling 開封 3パック目 »

2012年3月15日 (木)

2012 Topps Tribute 開封 1パック

Untitled0

昨年に続き、Tributeで1パック勝負です。

このブランドはヒットがオートかメモラの2択、出現確率は両方50%という博打仕様になってるので、
開封するときの緊張感は他のブランドの比ではなく、いろいろな意味でギャンブル的に楽しめます。
また、カードの造りが良く、引退選手のオートも多くラインナップされてるので人気が高い商品です。
しかし、今年はちょっとした理由で評価が揺らいでいるようですが、それはまた後述。

とりあえず、開封。





Untitled2

レギュラーはリフ+箔押しの加工が施されており、写真も大きく使われているので◎。
毎年同じような造りですが、デザイン等が完成しきった素晴らしいものなのでそこは問題なし。



Untitled3
Base Set Bronze J.Hamilton /299

今年は色パラにブロンズが新登場。
青や赤といった派手な原色ではないので落ち着いた雰囲気になっており、意外と出来が良いです。



んで、パック1のヒットですが





Teheran_auto
Tribute Autograph J.Teheran /99

無事オートが引けました。
e-bayで散々眺めていたカードなんですが、実物は想像してた以上に素晴らしい出来で感動です。

しかし、J.Teheranかぁ。
いい選手ではありますが、昨年Topps ChromeやFinestなどでRCオート書いていたのを考えると複雑。
開封前に「ちょっとした理由」と書きましたが、この「オートのメンツの内容」というのがその原因です。





以上、開封終了。

今年からオートはシールから直書きに、オート・メモラは全てケース入りに変わりましたが、
これはTributeの「美麗なカード」「豪華な造り」という基本コンセプトに合致しているので、
オート・メモラの持っている魅力を倍増させることに成功しておりとても良い変更だと思います。

これによりオートの造りに関しては文句のつけようがない出来に仕上がっています。
サインを書くスペースが大きく、それに合わせてサインも大きく書かれているので、見栄えは抜群。
インスクリプション入りのビッグヒットも考えると、間違いなく近年No.1のサインシリーズと言えます。

ただし、オートのメンツが唯一にして最大の難点
総生産数を1.5倍ほどに増産したことでオートを大量に確保しなければならなくなったせいなのか、
メジャー1~3年目ぐらいの若手選手やルーキーのオートが非常に多い内容になってしまっています。
このブランドが人気である理由は上記のようなコンセプトに基づくカードであるというだけでなく、
「実績のある有名引退選手のオートが非常に高い確率で出る」というところも大きかったので、
若手選手のオートを増やすというのはコレクターのニーズとは明らかに方向性が違うわけで…。

優秀な商品であることは確実なんですが、昨年までの内容と比べると少しパワーダウンかなぁ。



<追記>
Youtubeにダルビッシュのオートレデンプションを引いた瞬間の動画がありました
これを見る限りではボーナスヒットとして封入されてるようです。

|

« 2012 Topps Tribute 発売 | トップページ | 2011 Bowman Sterling 開封 3パック目 »

MLB 開封結果 2012」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、いつも拝見させて頂いてます。

オートの件確かにうむむってなってしまいますね…
コンセプトもって各ブランド作っても、あっちにもこっちにも若手やルーキーが入って来ちゃうとみんな同じになってしまいますね…

ルーキー、プロスペクト系はBowman系に任せて、ベテラン、OBは他ブランドと言った感じである程度差別化してくれるといいんですけどね。

当方もパックで開封予定ですがどうなりますやら…(^_^;)

ダルレデの開封動画、当方も見てましたが引いた方が最初何これ?的な間があったのがちょっと面白かったです。

投稿: ハフ | 2012年3月15日 (木) 21時42分

ハフさん、こんにちは、初めまして。
駄ブログではありますが、今後もよろしくおねがいしますm(_ _)m

>あっちにもこっちにも若手やルーキーが入って来ちゃうとみんな同じ
最近は出てくるオートのメンツが共通したプロスペクト・ルーキーになってることが本当に多いですよね~。
オートが商品の全てではないのですが、やはり目玉のカードがワンパターンだとどうしても萎えてしまいます。
なんだかほとんどの商品がBowman系に侵食されてるような気がするような…?
ハフさんのおっしゃるようにキチンと差別化してほしいですね。そうすればもっと違った印象になると思うのですが。

>当方もパックで開封予定ですがどうなりますやら…(^_^;)
いいものが引けるといいですね!期待しています。

>引いた方が最初何これ?的な間があったのがちょっと面白かったです。
「絶句する」というのは正にあのことなんでしょうね(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年3月15日 (木) 23時04分

反比例してスターベテラン、新人がSPにされるので余計引きが厳しくなりますよね
最悪ドラフトすらされない新人のFA!?なんてのしか引けなかったりします
新人だけでも同じ数書かせりゃいいのに… デフォで25枚とかどないすりゃええんじゃ と
でも引けたら騒ぎますよ!!踊らされますよ! メーカーに! えぇもう

そーいやどこのメーカーも新人には直書きサイン、が普通に戻ってきましたね
TRIBUTE見た目めっさ美しいです いいなぁ

投稿: かわうそ | 2012年3月16日 (金) 00時37分

>新人だけでも同じ数書かせりゃいいのに… デフォで25枚とかどないすりゃええんじゃ と
初めからSPになってると猛烈に萎えますね…ラインナップに入っていてもそれじゃあ引けねえよっと思うこともしばしばです。
でも、確かに引けたらそういった文句も忘れちゃいますね(笑
コレクターの性というやつでしょうか。

>そーいやどこのメーカーも新人には直書きサイン、が普通に戻ってきましたね
シールオートはメーカーにとって利点はあってもコレクターにとってはデザインを悪くするだけの代物でしたからね。
元に戻ったおかげで今回のような一品も手に入れられるようになりました。

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年3月16日 (金) 22時44分

自分もみなさんそう思っていると思いますがへっぽこさんと同意見です。

カードの出来が優秀なだけに現役スターや引退選手が出にくくなっているというのはとても残念です。

しかし高級版でこれはどうなんでしょうか?

高確率でスターが出るのが良さでありその対価として通常版より高い金額設定にしていると自分は思うのですが・・・。


自分は2パック開封でGeorge Brett Bat/25とPaul O'Neill auto/99だったのでホッとしたのですが開封時は緊張感たっぷりでした(汗)

やらかした後の開封だったので余計そう感じたかもしれませんが・・・。

投稿: マッカーサー | 2012年3月16日 (金) 22時59分

>しかし高級版でこれはどうなんでしょうか?
値段との兼ね合い、特にボックスでのそれを考えるとなかなか厳しいものがありますね。
特に今年は引退選手やスター級の選手は箱1程度の封入にきっちり抑えてるっぽいですし…。

>開封時は緊張感たっぷりでした(汗)
昨年よりリスクがあるぶん緊張感と良いものが引けたときの喜びは増すかもしれませんね。

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年3月17日 (土) 20時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/44492698

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 Topps Tribute 開封 1パック:

« 2012 Topps Tribute 発売 | トップページ | 2011 Bowman Sterling 開封 3パック目 »