« 2012 BBM Rookie Edition 開封 10パック | トップページ | 2012 Topps Tribute 発売 »

2012年3月 4日 (日)

2011 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 3箱目

Untitled0

Bowman Sterlingでも摘もうかとネットショップを巡ると、意外と安いBowman DPを発見。
リフオートなしの連続記録のことを考え出してしまうと居ても立っても居られず思わず衝動買い…。

半ば祈りながらの開封です。





Untitled1Untitled2

20枚出るプロスペクトクロームですが、その内13枚がダブリ、未所持のものは7枚のみでした。
う~ん、自引きでクロームをコンプさせるのは思っていた以上に難しそうです。



Untitled4Untitled5
Base Set Refractor A.Amarista
Base Set Refractor T.Chatwood
Base Set Refractor T.Hottovy
Draft Pick Refractor F.Lindor
Draft Pick Refractor K.Moen
USA Refractor C.Sands
Base Set Blue J.Sellers /499


MLBカードではインサートの封入数や内容に偏りが出ることがよくありますが、今作では殆どありません。
リフの封入数は6枚、内容はRCとプロスペクトが半分ずつという型が3箱連続で守られていたので少し驚き。



Untitled6
Draft Pick Blue Refractor Z.Cone /199


2007年から毎年Bowman DPを買い続けていますが、ドラフトピックの青リフを引くのは実は初めて。
ただ、Z.ConeはBowman Sterlingを開けたときにも書いたように評価が微妙なのでなんとも複雑。



そして問題のオートですが…





Bauer_1st_auto
Prospect Autograph T.Bauer


やっぱりリフオートは出ず。

T.Bauerは全米3位、ダイアモンドバックス1巡目指名の大卒右腕。
最速97マイルの速球、ツーシーム、落差の大きいカーブ、チェンジアップ、スライダーが持ち球。
奪三振率が異常に高いうえに完投できるだけの体力もあり、素質に関しては文句なしの選手のようです。
ただし、投球フォーム練習前のルーチンがかなり独特なので、そこを心配する声も。

選手的には文句なしの引きでしたが、これで15枚連続リフオートなし(0.047%ぐらいの確率)です。
リフオートって実は都市伝説で存在しないんじゃないのかしら…と思っていたらこんなものが。





Meadows_orange_auto
USA Baseball Autograph Orange Refractor A.Meadows /25


1箱目2箱目に続いてまたもやボーナスオート、しかもオレンジリフのUSAオートが引けました。

「15枚連続リフオートなし+3連続ボーナスヒット」という極端に悲喜交々な現象に戸惑ったものの、
とにもかくにもこれでリフオートなしの呪縛から逃れられることができたのでホッとしました。
趣味でカードを買ってるのにそれでストレスを抱えたままってのもなんだかなぁと思っていたので…。

しかし、記事内で「偏りが出ることがよくある」と書きましたがここまで偏るもんかなぁ。
確率的には考えにくいことが平然と起きるのがトレカ、といえばそれまでですが。



<追記>
2年ほど前にUDがMLB側と揉めていましたが、また問題が再燃したとか。
どうやら2011年6月以降UDからの損害賠償の支払いが遅れているらしく、それにMLBがキレた様子。

いつかはUDもMLBカード製作に復帰できるかもと淡い期待を持っていましたが、これではさすがに…。

|

« 2012 BBM Rookie Edition 開封 10パック | トップページ | 2012 Topps Tribute 発売 »

MLB 開封結果 2012」カテゴリの記事

コメント

Bauer!! いいなー!笑

彼はLincecumに比較される逸材な上に、Lincecumの大ファンでもあるみたいです!
だから投球フォームは意識しているんでしょうね。
調整法も、Lincecumとは違う種類ですが型破りという点で共通していると言えなくも…
出身リーグ、リーグ新人賞受賞、Golden Spike賞受賞というのもすべて同じですし、大注目しています!

…興奮しすぎました(^^;; すみません笑

投稿: tim_55 | 2012年3月 4日 (日) 02時10分

>Lincecumの大ファン
なるほど!フォームがよく比較されていたのですが、あれはBauer自身が意識してやってたものだったんですね~。
同一地区なのでLincecumと直接対決する日も近いかもしれませんね。
自分も彼のデビューが楽しみです。

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年3月 4日 (日) 22時50分

素晴らしい結果じゃないですかっ!
Bauerなら私のかつてのマチャドみたいにリフどうこのうのは関係ないですよ。
しかもオレンジリフオートまで・・・
やはり自引きはやめられませんな。
おめでとうございます( ^ω^ )

投稿: フミノヒデ | 2012年3月 5日 (月) 19時20分

>Bauerなら私のかつてのマチャドみたいにリフどうこのうのは関係ないですよ。
実は開けてるとき「選手は誰でもいいからリフっててください」ということだけしか考えていなくて…(汗
冷静に考えると通常版とはいえBauerオートを引けたのはえらいことですよね。

>やはり自引きはやめられませんな。
想定外の引きだったときの感動はこの趣味の醍醐味ですよね!

投稿: へっぽこ太郎 | 2012年3月 5日 (月) 22時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/44355812

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 3箱目:

« 2012 BBM Rookie Edition 開封 10パック | トップページ | 2012 Topps Tribute 発売 »