« 2012 Bowman | トップページ | 2012 Topps Archives »

2011年12月 8日 (木)

2011 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目

Untitled0

つい先日開けたばかりの2011 Bowman DPですが、2箱目に手を出してしまいました。
前回引いたドラフトピックオートがレデなせいで現物が手元になくて消化不良な感じですし、
いい加減リフオートなしの連続記録の呪縛から解放されたいと思ってしまい、衝動的に購入…。

では、開封。





Untitled1
Untitled2
Untitled3

通常ドラフトピック・USAチームは綺麗に抜け番が埋まってコンプリートすることができました。
通常RCの方はコンプできませんでしたが、こちらはあまり重要視していないのであまり問題は無し。

クローム版ドラフトピックは抜け番があまり埋まらず、6種もダブってしまいました。
1箱に封入されている枚数が少ないだけに、これは痛かったです。





Untitled6
Base Set Refractor J.Lindblom
Base Set Refractor L.Perez
Base Set Refractor J.Guerra
Draft Pick Refractor D.Goforth
Draft Pick Refractor T.Story
Draft Pick Refractor B.Swihart


リフが多めに出るようになったおかげで、今回はドラ1のリフが2枚も引けました。
この商品ではオートに次ぐ目玉カードなので、このオッズ変更はありがたい限りです。



Untitled7
Draft Pick Blue J.Harris /499

箱1の青パラでもドラ1が。
ドラフトピックは全90種、そのうちドラ1は30人以上もいるのでかなり引きやすいようですね。



Untitled8
Base Set Blue Refractor M.Wilson /199

今回は無事に色リフを引くことができました。
着色される枠の部分の面積が大きいので、今年の色リフは非常に鮮やかに見えて好印象です。



んで、問題のオートですが、





Crick_1st_auto
Prospect Autograph K.Crick

やっぱり通常版。
これで14枚連続リフオートなし(0.07%ぐらいの確率)なんですが、あまりの酷さに思わず失笑。

K.Crickは全米49位、ジャイアンツ1巡目指名の高卒右腕。
90マイル半ばの速球、カーブ、スライダー、チェンジアップ、スプリットが持ち球のパワーアーム。
球種が豊富ですし体格も良いのでうまく成長すればイニングを稼げるピッチャーになれるそうです。
ただし、コントロールが悪いのが大きな欠点。
高校最終年に63イニングで44個もの四球を与えていることを考えると、楽観視できない問題のような。



今回もリフオート引けなかったなあと凹みながら残りを開けていると、なにやら見慣れないカードが。
はて、枠が白いパラレルなんてあったっけ?と不思議に思って確認してみると…。





Swihart_aflac_auto
AFLAC All-American Autograph B.Swihart

AFLACオートでした。
Bowman DPでは恒例のオートですが、自引きは初めてだったのでかなり嬉しかったです。

リフオートなしの連続記録が終わらなかったのは残念でしたけど、最後の引きで随分と助けられました。
ふう。



<追記>
今年封入されたAFLACオートは、ある欠陥を抱えています。
ベースになってるAFLACカードはAFLACのイベントでサインなしのカードセットとして配布されており、
プライベートサインや偽造サインを書き加えれば製品版のオートに似たものが簡単に作れてしまうので、
対策としてこれまでの封入されてきた製品版のオートにはシリアルナンバーが刻印されていたのですが、
なぜか今年のものはシリアルがないので本物なのが偽物なのかの区別できなくなっているんです。

Toppsはこれを重く見たのか、今年のAFLACオートをToppsに送れば無料でPSA鑑定してくれるとか。
自分はグレーディングには興味がないのですが、ネタ的に面白そうなので送ってみるのもアリかなぁ…。

|

« 2012 Bowman | トップページ | 2012 Topps Archives »

MLB 開封結果 2011」カテゴリの記事

コメント

アフラックひけたから別にいいじゃないですか。

投稿: | 2011年12月 8日 (木) 22時33分

そうですね^^;

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年12月 8日 (木) 23時17分

AFLACオートおめでとうございます!
なるほどそんな欠陥があったのですね・・
でもグレーディングすればエラーカード的な
意味で価値は上がりそうですね。

投稿: yoshikazu | 2011年12月 9日 (金) 01時59分

コメントが反映されず、申し訳ございませんでした。

>欠陥
最初はあまりたいしたことではない欠陥と思っていたのですが、Toppsの対応がかなり大きなことだったので驚きました。
なにやら送ったら証明印みたいなものが加えられるらしいので、おっしゃるようにエラーカードみたいな扱いになりそうです。
やはり送るべきかしら…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年12月 9日 (金) 21時41分

AFLAC auto おめでとうございます。

グレーディングもいいのですが貴重なカードだけにきちんと戻ってくるのか不安になりますよね。

付加価値という意味では当然出したほうがいいでしょうしどのようになってくるのか物凄く興味があります。


自分も1箱追加しました。
結果は、

KEENYN WALKER・BRYSON BRIGMAN USAオレンジリフ autoと
JUSTIN JAMES 1of1プレートが出ました。

へっぽこさんのジンクスと同様に自分もドラフト上位指名選手と縁がない結果が続いているのでいくら指名順では将来が決まらないとはいえそろそろ引きたいなと思いますね。

ですか、
あくまで結果がともなえばいいのですが逆だった場合は・・・。
そう考えるとどちらがいいのか難しいです。

投稿: マッカーサー | 2011年12月16日 (金) 23時33分

カード画像観る限りcertified auto issueって表記も無いですし、サイン無しはマジでこのまんまの
デザインなんですね。
そりゃ偽物も出回りますよねぇ… 既に偽物が錯乱してるこのご時世に何やってんでしょうね。
直書きに戻って良くなってるかなぁ と思うとこっちが立たず… 

へっぽこさんには是非人柱… 試しに送っていただきたいです。

投稿: かわうそ | 2011年12月17日 (土) 02時44分

>きちんと戻ってくるのか不安になりますよね。
一番の不安がそこなんですよね…行きと帰りで郵便事故がおきちゃったら泣いちゃいます。
こういうのはUPSとかで送ったほうがいいのかしら。

>ジンクス
この趣味ではやたらと続くジンクスってありますよね。
これを払拭するために買うべきなのかを考えると、確かに難しいところです。
まあ、1of1やオレンジオートなど他の引きが素晴らしいので、勝ち逃げって手もありですよ(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年12月17日 (土) 13時54分

>サイン無しはマジでこのまんまのデザインなんですね。
おそらくサイン無しのカードをもらった人たちに「ぜひ選手にサインしてもらってね」という意図をわかってもらうためのデザインなんだと思いますが…今回はそれが完全に裏目です。
おっしゃるように、直書きオートの難しいところですね。

>人柱
B.Swihartはドラ1選手なので、生贄に捧げるには勿体無いんですよおお(涙
ホントにどうしようか悩んでいます。

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年12月17日 (土) 14時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/43294521

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目:

« 2012 Bowman | トップページ | 2012 Topps Archives »