« 来日外国人のMLBカード その14 | トップページ | 2012 Bowman »

2011年11月26日 (土)

2011 Bowman Draft Picks & Prospects 開封

Untitled0

この時期は発売ラッシュになってどの商品を買うのか取捨選択に迷ってしまうのが恒例でしたが、
今年は発売される商品の数が非常に限られているので選択の余地はほとんどなく、若干萎え気味…。
とりあえず、開けるのが恒例になっているBowman DPを1箱買ってみました。

では、開封。





Untitled2

通常RCは47枚。
昨年は金パラが無くなった穴埋めとして通常版の枚数が増えたのですが、今年は金パラも穴埋めもなし。

通常ドラフトピックは59枚、USAチームは13枚。
こちらはパック内での封入数は変わっておらず、一安心。

ちなみに、今回のプロスペクトカードは2011 Bowman、Bowman Chromeとは違って枠が黒い仕様に。
元々Bowmanのカードは黒枠になってるのが普通なのでこれは別に変なことではないのですが、
2009 Bowman以来、約2年ぶりの仕様になるせいなのか、なんだかちょっと違和感がありました。

あと、データ収集が間に合わなかったのか、一部の選手はカード裏のレポートがありません



Untitled3

クローム版は、RCが20枚、ドラフトピックが16枚、USAチームが4枚でした。
以前は封入枚数が極端に偏ることもありましたが、今年はRC1枚+ドラフトピック・USA1枚でほぼ固定。
1st cardでないFutere Gameばかりが出てしまうという悲劇が起こらなくなったのは嬉しいですね。





Untitled6
Base Set Refractor J.Dyson
Base Set Refractor B.Hand
Base Set Refractor C.Kimball
Draft Pick Refractor B.Martin
Draft Pick Refractor J.James
USA Refractor N.Ciuffo

このブランドではリフは1箱に2枚程度しか出ないのが普通だったのですが、今年は6枚も出ます。
しかも、RCとプロスペクトが3枚ずつ出るようになっているようです。
パック数が多い割りに出るものが少ないブランドだったので、増量はそれに配慮してのことなのでしょうか。



Untitled7
Base Set Blue R.Brothers /499

シリ入りの色パラは相変わらず1枚のみ。
他のカードの封入数がよく変更される中で、この地味なパラだけ妙なSPのまま続いているのは謎です。

ちなみに、シリ入りのカードはこれ1枚で、色リフは出ませんでした。





Untitled10
Prospect Autograph J.Fernandez

箱1のオートはレデンプションでした。

J.Fernandezは全米14位、マーリンズ1巡目指名の高卒右腕。
最速98マイルの速球、落差の大きいカーブ、スライダー、チェンジアップが持ち球。
現時点では速球が一番の武器なようですが、変化球も不安定ながらも光るものがあるようで、
ちゃんとモノにできれば素晴らしい決め球になりうるらしく、化ければエース級になるかも。
若干太めな体型ですが身体能力は高いようなので、今後の成長に期待できそうです。

余談ですが、これでBowmanのクロームオートは09 Bowman DPで出たのを最後に13枚連続で通常版
正確な数値は不明ですが、通常オートが出る確率を60%と仮定したら13回連続になるのは…0.1%
いくらなんでも酷過ぎ…。




Untitled11
USA Baseball Autograph A.Pabst

色リフなしの代わりなのでしょうか、ケースヒットのUSAオートが出ました。
直書きではなくシールオートなのですが、透明シールであるおかげで違和感のない出来になっています。

ちなみに、オッズ表を見ると、USAオートのオッズは通常版は1:763でリフ版は1:410だそうです。
リフが出る確率のほうが高いはずなのに、ここでもリフなしの連続記録は継続中。笑うしかありません。





以上、開封終了。

定番商品らしく基本的な構成がしっかりしてるので、安定した面白さの開封でした。
さらに、今年はリフが6枚出るようになっており、収穫が少めという欠点がなくなったのは嬉しい限り。
また、Futere Gameのパッチやロゴパッチ、USAオート、AFLACオート等のボーナスヒットもあるので、
箱1のプロスペクトオートが出終わったとしても、最後の1パックまで期待感を持ったまま開封できます。

目玉であるドラフトピックのオートのメンツは可もなく不可もなくといったところでしょうか。
今年のドラフトは豊作らしいのですが、サンドイッチピックが10人ほど、2巡目が1人いるのは少し微妙。

唯一残念なのが、一部の選手のスカウティングレポートの欠落。
プロスペクト系商品ではカード裏の記述で選手の詳細を知ることが多いので、ここは頑張って欲しかったです。



<追記>
Youtubeでの開封動画をいくつか(
10ケースほど開封した人もいるようで、その開封結果動画も。

|

« 来日外国人のMLBカード その14 | トップページ | 2012 Bowman »

MLB 開封結果 2011」カテゴリの記事

コメント

自分も1箱開封したので結果を載せておきます。

へっぽこさんと同じく色リフが出ませんでした・・・。

しかしその影響かは分かりませんがTyler Goeddel オレンジリフautoが出現しました。

目玉の選手ではありませんでしたがレアリフautoですし寝かせておきたいと思います。

確かに今年はこの時期が寂しく感じますね。

ちょっと前の連続リリースが嘘のようです。

もう少しtoppsも考えてリリースしてくれるといいんだけどなぁ・・・。

投稿: マッカーサー | 2011年11月26日 (土) 21時17分

>へっぽこさんと同じく色リフが出ませんでした・・・。
以前はx-fractorが箱1のシリ入りリフとして入っていたんですけどね…。
ちょっと残念です。

>ちょっと前の連続リリースが嘘のようです。
>もう少しtoppsも考えてリリースしてくれるといいんだけどなぁ・・・。
1社独占になったせいで以前よりも増産せざるを得ず、そのしわ寄せで工場の稼動が限界になってリリースできないんでしょうね。
複数の制作会社が別個にあった時期なら、数を絞りつつ各々が持つ工場で作れたのに…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年11月27日 (日) 11時12分

ケースヒットおめでとうございます。
やはり手堅いですね~
しかし同じトップスでもオートに関してはクロームオート系と超高級版だけ予算つぎ込んで
後のブランドはメンツ的にぐちゃぐちゃな印象がありますね。

投稿: フミノヒデ | 2011年11月29日 (火) 21時51分

>ケースヒットおめでとうございます。
オートがレデで現物がないと寂しいなあと思っていたので、この1枚に救われた感があります。
Bowmanブランドではオートのメンツの安定度も含めてDraftが1番手堅い商品ですね。

>後のブランドはメンツ的にぐちゃぐちゃな印象がありますね。
ルーキー級かコモン選手ばかりで、スタメン級の選手は軒並みSPでケースヒットレベルというパターンが多くてキツイですよね。
UDの商品だともっとマシなメンツであることが多かっただけに、今のTopps独占は…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年11月29日 (火) 23時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/43142669

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 Bowman Draft Picks & Prospects 開封:

« 来日外国人のMLBカード その14 | トップページ | 2012 Bowman »