« 2011 Bowman Chrome 開封 | トップページ | 2011 Topps Tier One & 2011 Leaf Valiant 発売 »

2011年10月30日 (日)

2011 Leaf Metal Draft 開封

Untitled0

イチローやドラフト1たちのオートが入っているということで期待してたLeaf Metal Draftなんですが、
予約してたお店への入荷が遅れてしまったようで、開けたいのに開けられないというもどかしい事態に。

んで、ようやく届いたので、開封。




Untitled4
Base Set Autograph A.Meo

A.Meoは全米63位、ダイヤモンドバックス2巡目指名の大卒右腕。
90マイル半ばの直球、平均以上のスライダー、チェンジアップが売りのパワーアームなんですが、
制球力に難があるせいで一部のスカウトからの評価はあまり高くないようです。


Untitled5
Base Set Prismatic Autograph J.James /99

J.Jamesは07年ドラフト全米683位、フィリーズ22巡目指名の高卒外野手。
昨年・今年とシーズン30盗塁を記録しており、スピードが武器のようです。
ただし、盗塁成功率、打率、出塁率、長打率、三振などの数字が良くないのでイマイチな印象。


Gilmartin_rc_auto
Base Set Autograph S.Gilmartin

S.Gilmartinは全米28位、ブレーブス1巡目指名の大卒左腕。
90マイル弱の速球、カーブ、チェンジアップが持ち球で、総合力で勝負するタイプのようです。
大きな欠点はないのですが、強力な武器もないため、スカウトからの評価は若干低め。


Stephenson_ref_auto
Base Set Prismatic Autograph R.Stephenson /99

R.Stephensonは全米27位、レッズ1巡目指名の高卒右腕。
最速97マイルの速球、カーブ、チェンジアップが持ち球で、体格や精神面の評価も高い選手です。
変化球の安定度や制球力に若干不安があるものの、まだ若いので成長すればいい投手になりそう。


Nimmo_rc_auto
Base Set Autograph B.Nimmo

B.Nimmoは全米13位、メッツ1巡目指名の高卒外野手。
コンタクト能力に長けた綺麗なスイングが特徴で、将来的には長打力も付くと予想されています。
外野の3つのポジションを守れる器用さと身体能力も持っているようなので、穴が少ない選手かと。


Bradley_rc_auto
Base Set Autograph A.Bradley

A.Bradleyは全米7位、ダイアモンドバックス1巡目指名の高卒右腕。
最速98マイルの速球、90マイル強のツーシーム、素晴らしいカーブ、チェンジアップが持ち球。
投球モーションがスムーズで安定している点や、3種のスポーツをこなす身体能力も高評価のようで、
ドラフト候補にあげられた高校生投手のなかでもトップクラスの選手のようです。




以上、開封終了。

ドラ1が1箱に1~2枚は期待できると思っていたのですが、4枚も引けたので満足いく開封でした。
低確率とはいえイチローのパッチオートを引ける夢が見れるので開封時に緊張感がありますし、
オートが直書き、基本的な造りもToppsのクローム・リフと同等(というか全く同じ)なのも○です。

しかし、オートのみが6枚しか入っていないという極端に割り切りすぎた構成はさすがに考え物で、
オートを上からぽんぽんと確認したら開封が終わるのはあまりにアッサリしすぎだと思います。
レギュラーがないだけでここまで印象が悪くなるとは思っていなかったので、ちょっと面食らいました。
また、MLB・カレッジ関連の権利の両方をクリアしていないせいで、ユニフォームのロゴがないのも×。

嫌いな商品ではないのですが、バランスの悪さがちょっと気になります。

|

« 2011 Bowman Chrome 開封 | トップページ | 2011 Topps Tier One & 2011 Leaf Valiant 発売 »

MLB 開封結果 2011」カテゴリの記事

コメント

金属板のようなカードに直書きというのは
とっても良いアイディアだと思いますが・・
ユニのロゴが無いのは痛いですね。
イチローのアレはおそらく天文学的なオッズでしょうが
その言い訳に使われてる・・のでしょうか?

投稿: yoshikazu | 2011年11月 1日 (火) 19時35分

>金属板のようなカードに直書きというのはとっても良いアイディア
出来自体は本家(?)のクローム以上にクロームっぽいんですよね~。

>ユニのロゴが無いのは痛いですね。
たしかカレッジスポーツの権利はUDが独占してるはずなので、その影響なんだと思います。
2011 Donruss Elite Extraも今作のようなロゴなしになるみたいですし。

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年11月 1日 (火) 22時48分

直書きなんですね。それなら開封の時はおもしろくなくても、長期保存して、今回のフリーズのように活躍したら結構お気に入りカードになるかもしれませんね。
トライスターやジャストよりはるかにいい出来みたいですね。
おおっと、ヘリテージマイナーに比べても紙質、メンツ、はるかにマシだ(爆)

投稿: フミノヒデ | 2011年11月 1日 (火) 23時38分

ドラ1が出やすくメンツもいいので開けてみたいんですよね。

デザインそのものは嫌いじゃないのですがロゴ消しがどうしても・・・。

しかしイチローのパッチautoは引けるものなら引きたいですがあの確立ではまさしく夢ですね。


その変わりにBowman Chromeと Finestを開けてみました。

結果ですが、
Finest2箱でAaron Crow Xリフ・Jerry Sands 赤リフとAlexi Ogando ジャージ 緑リフ・リフautoで
Bowman Chromeがパックと箱でKeyvius Sampson・Luis Heredia autoでした。

Finestは色リフがそこそこ出ますし面子もなかなかいいのでとても好印象を持ちました。
その他Troy TulowitzkiのダイカットXリフ(10シリ)も出たのですがこちらもなかなか出来がよかったです。

Bowman Chromeは去年よりはマシかもしれませんが大物級を除くとあまりパッとしないので厳しい印象でした。
しかしこちらもダイカットのインサートの出来がよく素直に集めたくなるようなカードですね。

ダイカットは個人的に好きなのでこれからも続けて欲しいなぁ。

投稿: マッカーサー | 2011年11月 2日 (水) 20時25分

>長期保存
プロスペクトものの楽しみという点ではこれが一番ですね。

>はるかにいい出来
1枚あたりの値段がかなり高いですからね…(汗
Leaf(Rozor)は完全に高級路線一本で勝負するみたいです。

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年11月 2日 (水) 22時38分

>ロゴ消しがどうしても・・・。
見た目が明らかに胡散臭い感じですからね。自分も正直好きではありません…。

>Finest
オートのメンツや内容はなかなか良さそうなんですよね~。
ダイカットのリフは引いて見たいものなので、羨ましい引きです。

>Bowman Chrome
まったく同意見です。
自分の開封を今思い返しても、ダイカットインサートの記憶しか残ってません(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年11月 2日 (水) 22時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/42740027

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 Leaf Metal Draft 開封:

« 2011 Bowman Chrome 開封 | トップページ | 2011 Topps Tier One & 2011 Leaf Valiant 発売 »