« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月17日 (水)

2010 Bowman Sterling 開封 5パック目

Untitled0

新製品がいくつか発売されましたが、いまいち購買意欲が湧かず、買わないまま。
それでも開封欲だけはあるので、2010 Bowman Sterlingをまたパックで買ってしまいました。
来月はMaquee、Chrome、Triple Threadsが発売されるので出費は避けたいところなんですが、
この商品はコストパフォーマンスが高いので、あまり費用をかけずとも満足できるはずです。

では、開封。




Untitled2
Rookie B.Lincoln
Prospect Gold Refractor S.Miller /50
USA Relic A.Dickerson

ゴールドリフが引けたのは喜ばしいことなんですが、通常プロスペクトなので少し複雑。
このブランドでレアリフオートをまだ引いたことがないので、ここで運は使いたくなかったかも。

ちなみに選手はS.Miller。
彼は08年にRozorにて既にカード化されてるので、2010年もののカードは微妙な立ち位置に…。


んで、オート1枚目。


Untitled4
Prospect Autograph D.Deshields

D.Deshieldsは全米8位、アストロズ1巡目指名の高卒外野手。
俊足を生かした広大な守備範囲を持つ外野手で、アスリート能力は非常に高いようです。
しかし、精神面の未熟さが心配されており、最悪の場合、全く成長せずに終わってしまう可能性も。
プロ入り後に飲酒運転で逮捕されてることを考えると、もしかするとその通りに…?

ちなみに、外野手としての価値が高かったはずなんですが、球団はなぜか内野手に転向させてます。


んで、オート2枚目は…


Heyward_rc_auto
Rookie Autograph J.Heyward

このブランドの目玉の1人、J.HeywardのRCオートが引けました。
通常プロスペクトのゴールドリフで運を使い切ったかと思ったので、これには驚きました。

今年は肩の怪我の影響もあって打撃の調子を随分と崩してしまっているようですが、
昨年見せた活躍を考えると、このまま終わってしまうような選手ではないはずです。
今後の奮起に期待ですね。


今回の開封はなんとなくな気持ちで開けたものですが、意外と満足のいく開封になりました。
9月の発売ラッシュまでこの運が続くといいのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

Leaf社がイチローとサイン契約

Leaf社がイチローとサイン契約を結んだと発表しました。
イチローがカードにサインしなくなって長い時が経ちましたが、ついに復活のときが。
一応2006 UD Exquisiteなどに極少数が封入されていたこともあったらしいのですが、
手に入れられる程度の枚数が発行されるのは2004 UD Sweet Spot以来、約7年ぶりです。

彼のカードはMetal Draftを皮切りにLeaf SignatureLegends of Sportsなどに入る予定。
ただし、オートが入るかどうかという点にまで明言した記述がまだ見当たらない事や、
それらの商品がMLBの正式なライセンスを得ていないであろう事などが気にかかります。


<追記>
2011 Topps Lineageが発売。 開封動画はこちら(

パラレルやインサートの種類が豊富ですし、それぞれに工夫が凝らされているのが好印象。
また、リプリントオートの出来はかなり秀逸だと思います。
ただ、メンツがあまり多くなさそうなうえ、SP・コモンの枚数差がありそうなのが難点?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »