« 2011 Topps Marquee & 2011 Topps Finest | トップページ | 2011 BBM 広島東洋カープ 開封 20パック »

2011年5月29日 (日)

2011 Bowman 開封

Untitled0

ようやく届きました、2011 Bowman。
値段が高騰しているので、今の時期に当初の値段のままで開けられるのはお得感があるような?
ただ、届くまでに開封動画をいくつもチェックしちゃったので、新鮮味は失ってしまいましたが。

とりあえず開封。





Untitled2

レギュラーは昨年に続き、印刷サインがないバージョンになっています。
印刷サインはお約束のデザインでしたが、写真が大きく使える事を考えると、無い方が良いかも?

パック1の金パラが2009年以来の復活を遂げていますが、やはり存在感は薄いですね。


Untitled4

今年のプロスペクトカードは、デザインのおかげで随分と印象が変わっていました。

枠で写真を囲うデザインはいつも通りなんですが、今年は選手が枠から飛び出てくる構図になってて、
若手選手たちのハツラツとしたところや躍動感みたいなものがうまく表現されてるような気がします。
逆に、プロスペクトのイメージカラーであるはずの青色があまり使われていないのは残念ですが。


Untitled5

昨年は目玉のStrasburgのクロームが引けず残念でしたが、今年はB.Harperを無事引けました。
ヘタなオートよりも欲しい1枚だったので、かなり嬉しかったです。



Untitled6

背景が出身地の地図になっているインターナショナルパラは1枚のみでした。
アイデアが面白いカードなので、もう少し量が欲しかったところです。
ホイル箔が使われているところもかつてのものと同じだったので、昔を思い出して懐かしくなります。





Untitled7
Bowman's Best ×4枚
Finest Future ×3枚
Bowman's Brightest ×4枚
Topps of the Class ×4枚
Topps 100 Prospect ×8枚

インサートは5種のうちのどれかがパックに1枚の割合で出現します。

Bowman's Bestは名前の通り、同ブランドのカードを意識して作られたもの。
色使いやデザインが非常に怪しげで、さらにクローム加工が施されているので、かなり派手。
こういう毒々しいセンスは海外ものっぽくて結構好み。

Topps 100 ProspectとBowman's Brightestはプロスペクトを紹介するもの。
ざっくりとした情報ながらもわかりやすいまとめなので、若手に疎い人でも取っ付きやすいかも。


Untitled8
Prospect Refractor S.Ochinko /799
Base Set Blue G.Sizemore /500
Base Set Blue F.Hernandez /500

今年のプロスペクトリフは、輝き方が一段と綺麗になっています。
白を基調とした色使いになっているおかげでしょうか?

ちなみに、選手は一部で熱狂的な人気があるOchinkoさん。





Untitled10
Prospect Autograph Y.Cabrera

オートはプロスペクトの通常版オートでした。
丸1年ほどChromeブランドでリフオートが引けていないのですが…どうなってるんだろう?

Y.Cabreraは2010年ドラフト全米60位、アスレチックス2順目指名の高卒内野手。
身体能力は高いけどそれを十分発揮できるだけの技術はまだ持ってないという評価ですし、
これまでのマイナーの打撃成績も平凡なものなので、上に行くにはまだまだ時間がかかりそう。





以上、開封終了。

B.Harperの人気と昨年の余熱の影響で注目度が高い商品であるものの、内容は例年通り。
Bowmanはもともと強力な定番商品なのでしっかりした良い商品であることは間違いないのですが、
B.Harper関連以外の部分の存在感が薄く、なにか物足りない感じがするという印象が拭えません。

オートのラインナップが地味なのも、その辺に影響してしまってる気がします。
無名の若手選手の今後の成長に期待するというプロスペクトブランドにおける楽しみ方から考えれば、
あまり悲観することでもないのかもしれませんが、現段階における満足度があまり高くないのも事実。

良作だった昨年度版との落差もあってか、なんとも言い難い感覚が残ってしまいました…。
う~ん。

|

« 2011 Topps Marquee & 2011 Topps Finest | トップページ | 2011 BBM 広島東洋カープ 開封 20パック »

MLB 開封結果 2011」カテゴリの記事

コメント

自分もパック買いですが2011 Bowmanを開封しました。

結果は、WAGNER MATEO・STETSON ALLIE・MASON WILLIAMSリフ・
KYLE DRABEK RC autoでした。

地元のショップで入荷日に購入したのですがそこでは高騰前の価格だったせいかものの4時間で完売しビックリしました。

ジャンボ・ホビー版合わせて1万2千円ぐらい使ってしまったのですが
今考えると安いくらいだったかもしれません。

Harperのクロームが引けなかったので追加を考え本日の地元のカードショーで探していたのですが甘くはなかったです。


あるショップさんでは1万2千500円でホビー版が売られていましたが
この価格では当然手が出せませんでした。

2010Bowman DPとTopps Chromeを合わせて上記と同値段で売られていたので購入し、Machadoの青パラやCHANCE RUFFIN青リフ・高橋の
autoが引け楽しく開封することが出来ました。

改めて考えて見ますと確かに大物はいますが現在の価格からすると満足するメンツはごく小数に限られておりここまで高騰するのはおかしいのではないかとすら思えてきます。

去年もそうでしたがなぜこのような状態になってしまったのでしょうか・・・。


投稿: マッカーサー | 2011年5月29日 (日) 22時59分

はじめましてこんばんわ。
いつも楽しく読ませて頂いています。

へっぽこさんが書かれているようにオートの面子が地味な気がしてしまいますね。
ハーパーは欲しいですが、あのカードリストを見てしまうと・・・

投稿: からあげさん | 2011年5月29日 (日) 23時02分

>4時間で完売
ええ~、そんな短時間での売り切れですか!まさに瞬殺…。
そんな中でならば1万2千円でオート4枚はかなりの収穫かもしれませんね。

>あるショップさんでは1万2千500円でホビー版が売られていましたが
人気があるのは間違いないので、ショップさんも強気なんでしょうね~。
harperはかなり早い時期から注目されて異例なほどメディア露出も多かったので、期待度が桁外れに大きくなってるのが原因でしょうか?
でも、正直なところ2011 Bowmanが値段に見合う内容かというと疑問がありますので、現在の高騰ぶりには自分も違和感を覚えています。
無理して買うよりも、マッカーサーさんのように予算内で他の商品を選んだ方が正解かもしれません。

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年5月29日 (日) 23時37分

>からあげさん
こんにちは、はじめまして。
コメントが反映されず、申し訳ありませんm(_ _)m

>ハーパーは欲しいですが、あのカードリストを見てしまうと・・・
チームのプロスペクトランキングで10位以内にも入っていない選手とかが結構いるのが痛いですよね。
夢のハーパーオートとの落差を感じずにはいられません…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年5月29日 (日) 23時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/40157904

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 Bowman 開封:

« 2011 Topps Marquee & 2011 Topps Finest | トップページ | 2011 BBM 広島東洋カープ 開封 20パック »