« 2011 Topps Triple Threads | トップページ | 2011 Topps Lineage »

2011年3月29日 (火)

2010 Bowman Sterling 開封 4パック目

Untitled0

今年のBowman Sterlingは売れ行きが良いようで、再入荷の店では値上がりしているようです。
自分が購入しているお店ではまだ発売当初の値段のままで普通に残っている状態なんですが、
今のうちに早めに確保しておいたほうが良いかもしれないと考えてまた追加してみました。
いまだに狙いの選手が出ていないので、そろそろ出て欲しいのですが…。

では、開封。





Untitled2
Rookie L.Morrison
Prospect Refractor A.Dykstra /199
USA Relic K.Winkler

06~09年の開封ではリフをあまり引けてなかったのですが、なぜか今回はよく引いています。



んで、オート1枚目。



Untitled4
Prospect Autograph T.Lindsey

T.Lindseyは全米37位、エンゼルス1巡目指名の高卒遊撃手。
高校最終年の打撃成績は打率.592、本塁打18本と申し分ないうえ、三振がなんと0個。
この数字を見たときは期待できる選手なのではと思ったのですが、どうも注目度はイマイチな様子。
スカウトからの評価はかなり辛口で、下半身の使い方がヘタでパワーを伝え切れていないとか、
肩が強いのでいっそキャッチャーにコンバートしたらそこそこの選手になる、などと評されてます。



で、オート2枚目を確認しようとちらっとカードの端を見てみると、違和感が。
しかし、なんか最近見たことがあるような気も…。





Jay_1of1_plate_auto
Rookie Autograph Printing Plate Black J.Jay 1/1

そのカードの正体は原版オートでした。
側面を見た時に特徴的なフレームの構造が見えたのである程度は正体を予測できたのですが、
先日のUD Blackの開封から時間が経ってないのにまた1of1が出るとは考えていなかったので、
カードを確認したときは少し戸惑ってしまいました。

ちなみに、選手はJ.Jay。
今年はL.Berkmanにポジションを奪われたりフィリーズへのトレード話が持ち上がったりしてるので、
昨年以上にアピールしていかないとレギュラーを獲得するのは難しいかもしれません。



しかし、このブランドとは相性が良いのか悪いのかどっちなんだろう?
過去の開封を振り返ってみると、引いたドラフトピックオートの選手の全てが伸び悩んでる一方で、
引いたRCオートの方は選手がかなり活躍してたり今回のように1of1が出たりと、対照的です。
買うときにいつも期待しているのはドラフトピックオートの方なんで、この偏りはなんか複雑。

|

« 2011 Topps Triple Threads | トップページ | 2011 Topps Lineage »

MLB 開封結果 2011」カテゴリの記事

コメント

まずPlateオートおめでとうございます。このブランドで鉄板オートは初めて拝見しました。
選手のJon Jayはルーキーで3割打つあたりなかなかの選手ですが、移籍先?のPHIファンとしては「GloadやDobbsとキャラ被る選手取ってどうするよ?」というのが本音です(苦笑)
うちは主力からプロスペクトにいたるまで左偏重なので、同じSTLならむしろ右打ちのCraigのほうが補強ポイントに合致してると思います。

>相性

私が思うには、へっぽこ太郎さまが仰る相性についてはこのブランドの特色が一因ではないでしょうか。
すなわちドラフト組やプロスペクトが出やすく逆にルーキーは数が少ない。するとルーキー組が少数精鋭になるからルーキー組のほうが当たりやすくなるのではないかと。特に2007年や今年はルーキーの半数はスター候補です。
あくまでも仮説ですが…。

ちなみに私の場合だと2パックでオッズ通りオート4枚でしたが、

1パック目 Hudson(REF) Lee
2パック目 Yelich(Gold REF) Chapman

となりました。
堅実なブランドというイメージがあったので2パック目には非常に驚きました。今年のものは当たりが同じパックに固まってるのかもしれません。

投稿: H-KOB | 2011年3月29日 (火) 01時41分

1OF1プレートおめでとうございます!
選手もJ・JAYなら大成功ですね。
実は、僕も引いちゃったんです。
詳細はブログで紹介してるんで、
良かったら遊びに来て下さい~

投稿: yoshikazu | 2011年3月29日 (火) 18時38分

>「GloadやDobbsとキャラ被る選手取ってどうするよ?」
この辺を考えてなのか、トレード話はすぐにお流れになったみたいです。
CraigはPujolsとの契約延長が上手くいかなかったときに代わりの1Bとして使えそうなので、STLは放出しないかも…?

>すなわちドラフト組やプロスペクトが出やすく逆にルーキーは数が少ない。
あっ!なるほど!確かにそうですね。
チェックしてみると人数に2~3倍の差がありますし、内容の濃さも違うので、H-KOBさんの説がバッチリ合致しています。
心のモヤモヤが解けました!

>私の場合だと2パックでオッズ通りオート4枚でしたが
4枚のうち3枚が当たりってのがすごいですね。まさに理想的な内容です。
youtubeの開封動画でも1パック内や1箱内でやたらと目玉選手が出てくるものをたまに見ますから、チャンスはそこそこあるのかしら?

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年3月29日 (火) 23時08分

>選手もJ・JAYなら大成功ですね。
正直、今年のルーキーオートのメンツはハズレがほとんどないですからね~。
StrasburgとかHeywardのほうが…とも一瞬考えちゃいましたけど(笑

>実は、僕も引いちゃったんです。
おめでとうございます。
出にくいカードが同時に出るなんて不思議ですね。シンクロニシティ?

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年3月29日 (火) 23時15分

熱い! 熱いですなぁ
わずかな期間にサクサク1of1引けるなんて羨ましい限りです。
私もコレクタ歴ソコソコありますが2回しか引いたコト無いッス。
しかもただのレギパラ。

いいなぁ いいなぁ 右手くださいヨ〜

投稿: かわうそ | 2011年4月 1日 (金) 00時48分

>わずかな期間にサクサク1of1引けるなんて羨ましい限りです。
昨年のtriple threads以降はずっと停滞感のある開封が続いていたので、ギャップがありすぎてちょっと不気味ですよ…。

>右手くださいヨ〜
今回は通販による購入だったので、ショップ店員さんの手が活躍してくれたみたいです(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年4月 1日 (金) 21時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/39391563

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 Bowman Sterling 開封 4パック目:

« 2011 Topps Triple Threads | トップページ | 2011 Topps Lineage »