« 2011 Bowman | トップページ | 2010 Bowman Sterling 発売 »

2011年1月13日 (木)

来日外国人のMLBカード その13

昨年のチームの惨状を重く見たのか、今年のカープは助っ人補強に随分と力を入れてる様です。
彼ら助っ人のMLBカードがないかとストレージを漁ってみるといくつか見つかったので紹介します。





Untitled1
広島カープ チャド・トレーシー

複数の会社・ブランドでカード化されていることからわかる通り、トレーシーは元スター選手。
05~06年は2年連続で20HR(合計47HR)を記録するなど、大砲としての仕事を果たしていました。

しかし、実際は純粋な長距離砲というよりか、どちらかというとコンタクトのうまい中距離打者らしく、
カード裏のスカウティングレポートでも「ラインドライブの打球をギャップ方向に打つ」と評されてます。
確かに各データを見てみると、打者有利の本拠地ではよく打っていますが、他では普通の成績です。
マツダスタジアムは左バッターにかなり不利な球場なので、もしかしたらHRは少ないかも…?
ただ、打率が高くて三振は少ないタイプなので、扇風機にはならないのではないかと思っています。

ちなみに守備の方の評価は、平均以下で送球にも難があるとか。
一塁や外野も守れるのですが、それを理由に監督がまた変なコンバートをやらかしそうなのも心配。





Untitled2
広島カープ ブライアン・バリントン

もう一人の補強の目玉・バリントンですが、彼のカードで手元にあったのはこれ1枚だけ。
マイナー暮らしが長かったせいで、カード化される機会が少なかったからだと思います。
ということは、当然その実力も微妙なわけで、メジャーでもマイナーでも成績はパッとせず。

しかしながら、実はこの選手はそこそこ有名なんです。
ドラフト全米1位指名の選手なのに大ハズレだった」という残念な理由でですが…。

|

« 2011 Bowman | トップページ | 2010 Bowman Sterling 発売 »

来日外国人」カテゴリの記事

コメント

トレーシーはともかく、日本の球団がバリントンを連れてくるとは思いませんでした。これで花開いたら、新たなサクセスストーリーとして語り継がれるかも??
今オフはオリックスの朴、巨人のバニスターとカードコレクターには馴染みのある選手が多く来日しますね。

投稿: くつ | 2011年1月14日 (金) 14時06分

>日本の球団がバリントンを連れてくるとは思いませんでした。
投手難のKCですら積極的に起用しようとしていない選手でしたからね…。
コントロールが良くて多少まとまってるところを評価したのでしょうか。
花開いてかつての栄光(?)や期待を取り戻してくれたら、確かに面白いサクセスストーリーになりそうですね。

>カードコレクターには馴染みのある選手が多く来日
これって主力級に働いていた選手が1年に何人も来てるってことなんですよね。
WBCのおかげなのか、海を渡って野球をすることに抵抗感がなくなっているのかも?
コレクターからすると楽しみが倍増するのでどんどんこの流れになって欲しいです(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年1月14日 (金) 22時02分

そういえば、去年広島が連れて来たヒューバーもかなり期待されたプロスペクトでしたよね。その前のルイスといい、MLBで期待されてるけどイマイチ伸び悩んでるなーって若手を連れてくる方針なんでしょうか。
マートンだってBowman Chrome/Heritageにオートが入るほどの素材でしたし、こういう選手が日本野球を席巻・・・という程でなくても、才能を開花させてMLBに戻って活躍、というのは楽しいでしょうね。とりあえずバレンティンに期待してます(笑)

投稿: くつ | 2011年1月17日 (月) 18時26分

>MLBで期待されてるけどイマイチ伸び悩んでるなーって若手を連れてくる方針なんでしょうか。
MLBで活躍した場合は年俸があがっちゃうので、安く済むマイナーリーガーの中から探してるんだと思います。
マートンあたりも一応獲得しようとしてたらしいのですが、お金がかかるので諦めたらしいので…。
なので、今回トレーシーを獲得したのはカープとしては異例です。

>とりあえずバレンティンに期待してます(笑)
開花すれば凄まじい選手になれそうな雰囲気がありますからね~。
弱点の外角の変化球への対処を学べるかどうかが鍵?
自分も期待していますが、カープキラーにだけはならないで…(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年1月17日 (月) 21時20分

しかし
「また変な外人に金をつぎ込む!そんな金があったら若手に少しでもだしてやれ!」
とかいうヒューバー、フィオと
チャド・トレーシーの実績の差も知らないオーナー気取りのバカファンだけはなんとかなりませんかね(怒)

仮にトレーシーが失敗しても偶然予言が当たっただけのバカファンに大きな顔されたくないですね。

まあ逆に成功したら
「見た瞬間こいつはやる!って思ってた」
ってあいつら言うんだろうな。

投稿: フミノヒデ | 2011年1月17日 (月) 22時48分

>「また変な外人に金をつぎ込む!そんな金があったら若手に少しでもだしてやれ!」
生え抜きスターが生まれることに越したことはありませんし、外国人はどうしても当たり外れがあるので、その気持ちもわからないでもないですね…。
由宇に足を運んで応援されてるファンもいらっしゃるので、そういう方は特にそう思うのかも?

ただ、現状では栗原を援護するパワーヒッターが明らかに欠け、その役目をすぐに任せられる若手もいないので、助っ人補強は必須だと思います。
特に堂林や松山が一人立ちできそうになるまでは。

>成功したら「見た瞬間こいつはやる!って思ってた」
「見た瞬間こいつはやる(かもしんないし、やらないかもしんない)」の略なんです、きっと(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2011年1月17日 (月) 23時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/38005372

この記事へのトラックバック一覧です: 来日外国人のMLBカード その13:

« 2011 Bowman | トップページ | 2010 Bowman Sterling 発売 »