« 2010 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 | トップページ | 2011 Bowman »

2010年12月27日 (月)

2010 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目

Untitled0

2010年のToppsは独占市場にあぐらをかいて非常に残念な商品を作ってばかりだったのですが、
このBowman DPはそれなりにマシな出来な気がしたので、追加購入をしてみることにしました。
1年を綺麗に締める箱になってくればいのですが。

では、開封。





1
2
3

レギュラー等を整理してから気づいたのですが、前代未聞の事態が発生していました。
プロスペクト・USA通常版の合計72枚すべてが前回開けた箱とまったく同じってどういうこと?

さらにRCがコモンだらけだったので、実質的な収穫はプロスペクトChromeの20枚だけでした。
これは酷い。

また、RCの数が前回より14枚も少なかったので、その原因をいろいろと調べてみると、
前回の箱はRCを1枚余計に入れてしまったパックが14個あったっぽいことが判明。
なんかもう、色々と適当すぎ…。





Untitled2
Base Set Blue W.Ramos /399
Base Set Refractor B.Boesch
Prospects Refractor A.Wimmers


レギュで収穫がなかったうえ、シリパラ・リフもパッとせず。
しかも、色リフなしということでダメージが余計に大きくなってしまった感も。





Untitled4
Prospects Autograph D.Pomeranz


最後の仕上げとばかりに、オートはレデ。
しかも、返ってくるのは2011年の4月ごろとかなり先になるみたいです。

トホホ…。



やはりToppsはToppsでした。
2010年のToppsを象徴するような腐りきった箱だったので、年の締めとしてはある意味適正なのかも。
ただ、箱買いでこの仕打ちはマジでやってらんねえ。
前回開封したときは好印象だっただけに、この落差はめちゃくちゃ堪えました…。



<追記>
2010 Bowman SterlingにB.Harperのインスクリプション入り直書きオートが入るとか。
ただ、総枚数が60枚しかないので、引くのは相当困難かと。

一部のカードに精力を注いでものすごい魅力的な目玉カードを作って封入したとしても、
それは超絶SPにしかならず、その恩恵に与れる人は極一部に限られてしまうのですから、
もっと身近なヒットの内容やらカードセットの出来を充実させた方が有り難味があります。

<追記の追記>
2010 Topps USA Baseball Team Setが発売
デザインはなかなかいいのですが、UDのような趣向を凝らしたカードがないのが残念。

<追記の追記の追記>
またPaniniの動画ネタですが、ビッグヒットのメモラ・オートのパック詰め動画をどうぞ。
普通に素手で直接触ってたりしてるので、ちょっとビックリしました。

|

« 2010 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 | トップページ | 2011 Bowman »

MLB 開封結果 2010」カテゴリの記事

コメント

私も開封しました。
他のChrome系と違いいろいろなカードが出るため、開けていて退屈しませんでした。
ただ気になったのは、Grandelのカードに箔押しサインがなかったことと、金パラってどこにいっちゃったの?ということです。
オートはLADのZach Lee、青リフはOAKのM.Choiceと、箱の帰趨を決めるヒットでドラ1が引けたので、開封納めとしてはよかったです。
できればRCでPosey、プロスペクトでMachadoを引きたかったですが、大方満足しています。
オートが全員ドラ1みたいですから、追加購入も考えてます。

>箱の構成

実は私もボウクロ2箱目で、プロスペクトの内容が1箱目とほぼ同じという目にあってます(笑)新しい収穫はGary Sanchezだけでした。
シャッフルクオリティは相変わらず?

投稿: H-KOB | 2010年12月29日 (水) 15時29分

>H-KOBさん
コメントが反映されず、申し訳ありません。
スパム対策としてメールアドレスが記入されたコメントは表示されないような設定にしてあるので、その影響かと思われます…。

>私も開封しました。
1パックに複数種のカードが入ってるだけで、開封時の印象が全然違うんですよね~。
いつもは金パラがあってさらに多彩なんですけど…今年はどうしたんですかね?
e-bayを見ると一応金パラ自体は存在してるのですが。Retail専用カードなのかも。
印刷サインなしは他のBowmanシリーズでも見かけたのですが、法則性がいまだにわかりません。
パラレルというわけでもなさそうですし…。

>オートはLADのZach Lee、青リフはOAKのM.Choice
ヒット2枚ともがこのメンツというのはアツいですね!
しかも、オートはメンツ多め、シリは枚数少なめの中でってのが素晴らしい。
みなさんいい引きされてますね~。

>実は私もボウクロ2箱目で、プロスペクトの内容が1箱目とほぼ同じという目にあってます(笑)
ええ~、H-KOBさんも、しかも別ブランドでも似たことがあったんですか!
大増産でパック詰め作業が面倒になって、バラけさせるようなシャッフルを諦めたのかもしれませんね。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年12月29日 (水) 22時49分

シャッフルがウンコなのは以前からよくありましたね 
Highend商品でも無いのに収集選手引けないとか… 
それにしても完全に同じとはヒドい 

>普通に素手で直接触ってたり
開封動画観てるとパッチ部分を擦ったりカードをポイッとしたり欧米人らしい無頓着さが現れてますね
ワタシは本国の人とよく交換しますがカードがスリーブに入ってるのに指紋だらけだったりとか…w
直接的なダメージが無ければやわこい布で拭き取れるからイイですけどね
でもグレーディングなんかが商売になったり、よく解りませんねw

投稿: かわうそ | 2010年12月30日 (木) 00時19分

>シャッフルがウンコなのは以前からよくありましたね
そうなんですか…。自分はこんな事態は初だったのでかなりショックでした。
しかし、完全に同じってのはさすがに改善してほしいものですね。

>欧米人らしい無頓着さ
開封動画では、ショップの人が売り物やお客さんに引き渡すべきパッチカードをスリスリ触ってるのをよく見ますね。
それ大丈夫なの?と疑問に思ってましたが、かわうそさんの指紋だらけのカードというエピソードを聞くと納得です(笑
グレーディングは…それらの反動で逆に細部へのこだわりに目覚めちゃったとかなんですかね~。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年12月30日 (木) 22時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/38199026

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目:

« 2010 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 | トップページ | 2011 Bowman »