« 2010 Bowman Chromeで封入ミス | トップページ | 2010 Topps Triple Threads 開封 2パック目 »

2010年11月20日 (土)

来日外国人のMLBカード その12

国内FAの交渉が解禁になったこともあり、ストーブリーグの話題も熱を帯びてきています。
そんな中、早速来日することが決まった助っ人選手が。




bowmans balentien auto.JPG
ヤクルトスワローズ ウラディミール・バレンティン

イチローの同僚だったこともあるバレンティンです。
NHKでマリナーズの試合が頻繁に放送されているので、名前をご存知の方も多いのでは。

マイナーで4度の20HR・3度の2桁盗塁を記録するなどパンチ力と走力を併せ持ってるうえ、
外野守備ではすばらしい強肩を見せるなど、トータルの身体能力が非常に高いのが特徴の選手。
その辺りが評価され、将来の中軸候補とまで言われたことも。

その一方で、とにかく荒削りすぎて能力を生かしきれないところが難点。
確実性や選球眼が課題だったときに、マイナーでそれらを改善させた経験もあるはずなのに、
いつの間にか元の悪い状態に戻っているので、技術を自分のものにすることが苦手なのかも。


ちなみに画像は05 Bowman's BestのゴールドRCオート。
25シリのレアオートを自引きしたという縁から、何年も彼のブレイクを期待し続けていたのですが、
昨年ごろから「来日助っ人になるかも」と思い始め、期待の方向性がだんだんと変わっていきました。
そして本当に期待通り来日することになったときは、さすがに少し驚きましたが。

という感じでこのカード1枚で随分と長い間楽しんできましたし、これからも楽しめそう。
今後は、彼が日本で活躍できるのか、そこを楽しみにしていきたいです。
ただ、過去にこのカテゴリで紹介した選手は、残念な結果に終わってばかりなのが気になります…。

|

« 2010 Bowman Chromeで封入ミス | トップページ | 2010 Topps Triple Threads 開封 2パック目 »

来日外国人」カテゴリの記事

コメント

彼が来ると聞いたときは、本当にびっくりしました。2005年のトッププロスペクトが来日するんですねぇ…。ルイスの例もありますし、日本で一回り成長してくれると嬉しいですが、そうなるとまた契約でもめてしまうかもしれませんね。

投稿: くつ | 2010年11月20日 (土) 01時19分

>彼が来ると聞いたときは、本当にびっくりしました。
つい最近まで有望な若手扱いでしたし、実際にまだ26歳ですからね。
来るにしてもずいぶんと早いな、と驚きました。

>そうなるとまた契約でもめてしまうかもしれませんね。
活躍したらしたで米国に帰っちゃうかもしれないという心配があるってのは複雑ですね…。
マートンなんかは来季契約が切れたらメジャー復帰か、なんて話も出てますし。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年11月20日 (土) 22時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/37722778

この記事へのトラックバック一覧です: 来日外国人のMLBカード その12:

« 2010 Bowman Chromeで封入ミス | トップページ | 2010 Topps Triple Threads 開封 2パック目 »