« 商品情報 小ネタ | トップページ | 2010 Bowman Chromeで封入ミス »

2010年11月 6日 (土)

2010 Bowman Chrome 開封

Untitled0

商品の情報が出てから随分と経ちましたが、ようやく2010 Bowman Chromeが発売。
正直なところ、S.StrasgurgのRCオート以外に惹かれる部分があるとはいい難いものの、
2006年から毎年欠かさず購入しているお気に入りブランドなので、今年も買ってみました。

では、開封。





Untitled2

レギュラーを含めた各種カードは、例年通りの金属調のクールな出来。
昨年はカードの厚みが薄くなる謎の仕様になっていましたが、それもちゃんと元に戻っていました。

RCが5枚と多めに出た上に、個人的に注目してるM.Stantonが引けたのでかなり満足です。


Untitled4
Untitled6

プロスペクトは35枚、USAチームは5枚出てきました。
ほぼ確実にパック2でプロスペクトが入るような封入になっていたのが嬉しい限り。

ちなみに、オートに名を連ねている選手たちのオートなしの通常クロームが用意されていることや、
すでにDonruss Elite等でカード化がなされている選手が存在してるところは2010 Bowmanと同じ。
しかし、半年前の2010 Bowmanに入ってたK.Nieuwenhuis(画像右隅)を入れるところまで同じとは。
彼のカードが入っていたパックは封入枚数が1枚分多かったりと、なんか怪しい感じが漂ってました。





Untitled8
Base Set Refractor L.Hochevar
Base Set Refractor M.Cabrera
Base Set Refractor W.Rodriguez
Base Set Refractor F.Sanchez

リフは4枚。
量的に少ない気がしましたが、過去の開封を振り返って確認してみると毎年こんな枚数でした。

WS制覇を成し遂げたジャイアンツのF.Sanchezが引けたのがタイムリーで嬉しかったです。


Untitled10
Base Set Blue Refractor R.Davis /150
Topps 100 Prospect A.Cardenas /999

シリ入りカードは、青リフとインサートが1枚ずつ。

Topps 100 Prospectはシリなしで多めに封入かと思っていたので、この扱いには少し驚きました。
名前の通り全100種もあるインサートが、箱1、もしくはそれ以上のオッズであるうえ、
さらに各種リフパラレルもあるということを考えると、コンプはめちゃくちゃ大変そうです。





Untitled12
Prospect Autograph J.Urbina

オートは2010 Bowmanで引いたK.Nieuwenhuisに続き、メッツのプロスペクトでした。

J.Urbinaはメッツ所属の17歳の左腕。
90マイル前後の速球、チェンジアップが持ち球で、それらの制球もなかなか良いらしいです。
他にも、クレバーな投球ができたり、綺麗なフォームで故障のリスクも少ないなど、長所が多め、
さらに球速はまだ向上すると予測されてる事を考えると、成長によっては大化けもあるかも。
ただし、課題もいつくか残っており、今年のルーキーリーグの成績は低調に終わっています。

ちなみに、父親は元メジャーリーガーのUgueth Urbina。
農場の従業員へガソリンをかけるなどの騒動を起こして逮捕、懲役14年の判決を受けて服役中…。





以上、開封終了。

今年のBowman Chromeですが、オートのメンツの多さを除け変化はなく平均的に思えましたが、
その内容よりも、発売時期に問題があったせいで、楽しみが削がれたように感じました。

まず、延期を繰り返したことで発売日がBowman DPのそれと間が空かなくなったのがキツいです。
短期間に複数の商品が出れば、資金の負担が増えますし、各商品に対する興味も分散してしまいます。
そもそもコンセプトが同じという事を考えると、よっぽどの要素がない限り「買い」とは言い難いかと。
B.HarperのUSAバイバックオートを追加封入しているのは、その辺を考えてのことなのでしょうか。

他にも、目玉として推していたStrasgurgが発売前に故障し、それに伴い商品への興味も低下したこと、
先に発売されたTopps Chromeがオートの質・量ともに良かったので、そちらに注目が集まったことなど、
いろんな要素がマイナスに働いてしまったような気がします。

時間が経ち、独立の商品価値のみを考えられる時期になれば、印象もまた違ってくるかもしれませんが。


<追記>
一応S.StrasgurgのRCオートが入っていますが、そのオッズは1:3810Packs
リフ等のバリエーションも含めると実際のオッズはもう少しマシなのでしょうが、それでも凶悪。

あと、プロスペクトオートのメンツは40人と、こっちもなかなか手ごわいです。
それに対し、目玉といえる選手はA.Chapman、A.Vizcaino、M.Sano、A.Hechavarriaと少な目なのが…。

<追記の追記>
恒例の開封動画()とケースの開封結果動画(

<追記の追記の追記>
Toppsのミスにより2010 Bowman ChromeにUSAバイバックオートは入りませんでした

|

« 商品情報 小ネタ | トップページ | 2010 Bowman Chromeで封入ミス »

MLB 開封結果 2010」カテゴリの記事

コメント

今年のTopps ChromeとBowman Chromeを天秤にかけて、目玉が違うから両方買うことにしましたが、前者はともかく後者は看板倒れの匂いがプンプンしてきました。
予定されていたAlonsoやBeckhamは書かなかったし、Strasburgは回り道。USAオートはシール。
トッププロスペクトのChapman, Gibson, Liddi, Miller, Sano, Sanchezの初オートがある分、一昨年や昨年よりはまだましですが…。
あとおっしゃる通り、Topps Chromeが稀に見るいい内容でしたから、よりBowmanのダメさが際立ってしまいました。リフの光り方なんて、むしろTopps ChromeのほうがBowman Chrome化してます。
正直、同じくらいの価格ならTopps Chromeを選ぶでしょう。

ただオートはよかったと思います。
左腕で超若手と夢は膨らみますし、中南米の選手が多いMetsとあり、環境にもはやくなじめそうです。
それにしても、へっぽこ太郎さまの引きを見て、今年はどのブランドもMetsのルーキーやプロスペクトがたくさんラインナップされていることがわかります。
私も、この1年でDavis(Topps Chrome), Thole(Finest), Marte(Bowman)と3枚引きました。

プロスペクトリフが出なかったのは残念ですが、オートとStantonのルーキーカードは今後も楽しめそうですね。
どうもありがとうございました。

投稿: H-KOB | 2010年11月 6日 (土) 01時51分

>後者は看板倒れの匂いがプンプンしてきました。
>予定されていたAlonsoやBeckhamは書かなかったし
情報が流れはじめた時期と比べるとあきらかに残念な雰囲気が漂ってますよね。
そういえば、AlonsoやBeckhamのオートの話ってありましたよね…なんか2回目ぐらいのラインナップ情報が出たときには完全になかったことになっていたので、H-KOBさんのご指摘があるまで完全に忘れてました。
本当にToppsはどうしちゃったんだろう?

>よりBowmanのダメさが際立って
他の商品と比べると、やはりBowman Chromeは見劣りの感は否めないです。
平均点の域を出ないというか…。

>Metsのルーキーやプロスペクトがたくさんラインナップ
他にもmejiaやtejadaとかなり若いルーキーがいるので、メッツの今後が楽しみですね。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年11月 6日 (土) 22時44分

自分も1箱開封しましたがやはり強敵でした(笑)

Pedro Baez autoでしたが成績を調べてもパッとしませんねぇ。

基本的に寝かせ系のブランドなので何があるのか分かりませんが・・・。

今年からTopps独占で偏ったリリースになってしまいもう少し
ベテランのautoが入った商品を出して欲しいです。

確かにルーキーの当たり年ですし魅力はありますが、
当たりはずれが激し過ぎますし発売当初は目玉でも数年後に
結果が分かった時厳しい現実が待っているなんてこともありますから。

来年はもう少しこのへんを改善したリリースをして欲しいのですがどうなることやら。

投稿: マッカーサー | 2010年11月 7日 (日) 21時27分

開封しました。
カードの表面がえらく粉っぽかったのですが、このブランドでは仕様なのでしょうか?私はこのブランドを3年ぶりに買ったので、気になりました。
オート以外ではLeakeのRCとMillerのファーストカードとプロスペクトリフ(Belnome #500)が収穫でした。
オートはCarlos PegueroとUSAオートのChristian Montgomeryでした。オッズオーバーですし、Pegueroは今年のFutures Gameに選ばれてるみたいなんで、暫くは期待できそうです。

投稿: H-KOB | 2010年11月 7日 (日) 22時09分

>基本的に寝かせ系のブランドなので何があるのか分かりませんが・・・。
当初はコモン扱いだった選手がジワジワと活躍しだして重要な役割を任せられるまでになることってありますし、おっしゃるように逆のパターンも普通にあるので評価が難しいブランドです。
プロスペクト商品は楽しめるものではありますが、現実的なリターン面ではそれほど…ということが多いと思います。


>今年からTopps独占で偏ったリリースになってしまいもう少しベテランのautoが入った商品を出して欲しいです

今年はRCオート、もしくはルーキーのインサートオートばかりが出る商品しかなかった、といっていいぐらいの内容でしたね。
コンセプトやデザインが似通ってたりして、個性が感じられる商品が限られてたのも不満に思います。
よくもわるくもToppsらしい道を突き進んだ1年なのでしょうが、来年は傾向を変えてほしいですね。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年11月 7日 (日) 23時26分

>カードの表面がえらく粉っぽかった
自分が開封したときもなぜか白い粉がくっ付いていました。
去年まではこんなことはなかったのですが…。
大量生産しすぎて、カードの裁断時にでる紙の粉末がいっぱい出たのでしょうか?

>オートはCarlos PegueroとUSAオートのChristian Montgomeryでした
ケースヒットのUSAオートゲットですか!いいですね。
Christian Montgomeryは来年のドラフトに登場しそうですから、これまた楽しめそうです。
Carlos Pegueroはマリナーズらしい素材型でしょうか、完成されればスターに?

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年11月 7日 (日) 23時36分

確かに私の引いたカードも裏に白い粉がついてました(汗)
なんか今年はいろいろ雑ですよね・・・
次のドラフトも雑なつくりですかね?
ちょっと心配です。
まあトップスクロームみたいなサインのスレのオンパレードは勘弁してほしいですが。

投稿: フミノヒデ | 2010年11月 8日 (月) 00時15分

BCでも鬼引きを期待しましたが平均的な箱だったようですね。
それにしても高校生のサインとか野球は他スポーツと比べて異色っすね。
あくまでも野球をあまりしらない私の主観ですが。

へっぽこさんの意見には同感ですねー
NFLではここ最近TOPPSがラッシュを仕掛けてきてもうどれを選べばいいのやら。
しかも内容はどれもこれも似た様なモノばかり…
ちょっと落ち着いてほしいところです。 首回りませんよー

それとカードの粉ですがNFLでも満載です。 布で拭いて綺麗にしないとならないレベル。
カード自体も曇り?がかっていて、これもまた拭かないといけないレベル。
ものっそい雑です。 今期のTOPPS。

投稿: かわうそ | 2010年11月 8日 (月) 00時56分

あの粉ですが、カード同士の接触による擦り傷を防止する目的で意図的に封入されたのではないか?という解釈はどうでしょう(笑)

投稿: くつ | 2010年11月 8日 (月) 01時04分

>なんか今年はいろいろ雑ですよね・・・
>サインのスレのオンパレード
どちらも大増産のからくる品質低下ではないかと思います。
Topps ChromeもBowman Chromeもオッズから考えると例年の2倍以上生産、オートも1人で3000枚弱書かされてるような…。
これで工場の人もサインを書いてる選手も耐えられなかったのでは。

>次のドラフトも雑なつくりですかね?
この流れだとやっぱり…と危惧しています。
同じ生産数ならばオートのメンツも40人に増えたりして…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年11月 8日 (月) 22時11分

>それにしても高校生のサインとか野球は他スポーツと比べて異色っすね。
野球はマイナーの下積み経験が長く必要なので、そのぶん獲得時の年齢が低くなりやすいのかも?
また、最近は選手の青田刈りが進んでるので、その影響でカードでも、ということかもしれません。

>ちょっと落ち着いてほしいところです。
発売時期を均等にバラけさせるだけで随分マシになるんですけどね~。
しかし、MLBでもNFLでも似た商品ばかりって、製作者側はどうしたのでしょうか…。
不況なので確実に売れ行きが見込める人気企画を使っておこうってことなのかもしれませんが、いくらなんでも安直すぎ。

>布で拭いて綺麗にしないとならないレベル。
全面粉だらけなので、開封してる途中で指先が汚れてきます…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年11月 8日 (月) 22時26分

>カード同士の接触による擦り傷を防止する目的
おお、なるほどっ!
たしかにカードが重なっているときにあの粉があるとスベスベしますし、心なしかカードに傷が少ないような…。
でも、裁断などの製作時についたと思われる引っかき傷の方が派手にあったりします(涙

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年11月 8日 (月) 22時31分

こんにちは。初コメと思います。
最近カード収集を10年ぶりに再開して、自宅近くのカードショップにてBowman Chromeを1Box開封しました。

結果、Antoが入ってない???
と訝しんでいたら、S.StrasgurgのAutoとのRedemptionがありました。。!!
Toppsによると2011年2月にShipmentするとのことです。

日本にも届くのかな?と若干ながら疑心暗鬼中ですが(笑)

投稿: ばりてっく | 2010年11月 9日 (火) 13時47分

こんにちは、はじめまして。

>S.StrasgurgのAutoとのRedemptionがありました
おめでとうございます!
あのオッズのカードを引かれる方がいらっしゃるとは。

>日本にも届くのかな?と若干ながら疑心暗鬼中ですが(笑)
通常のレデならば日本に届くと思いますよ~。
自分もToppsのレデを登録したことがありますが普通に届きました。
ただ、最初の予定よりもめちゃくちゃ遅れて発送されましたが…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年11月 9日 (火) 22時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/37543392

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 Bowman Chrome 開封:

« 商品情報 小ネタ | トップページ | 2010 Bowman Chromeで封入ミス »