« 2010 Topps Chrome 開封 | トップページ | 2010 Bowman Chrome 開封 »

2010年10月22日 (金)

商品情報 小ネタ

2010 Donruss Elite Extraに封入されてるJ.Swagertyのオートにエラーがあるそうで、
なぜかNBAの殿堂入り名選手であるMagic Johnsonのオートシールが使われてるとか。

e-bayで検索してみると、すでに現物がいくつか出ていました。
元々はなんでもない普通のドラフトピック選手のカードとして製作されていたせいなのか、
パラレル版やインサート版などのものも合計すると、905枚と大量に存在してるそうです。

シールオートは、特性上、貼り間違いが起こりやすくて好ましく思っていなかったのですが、
今回に間違いに限っては、あまりにシュールなものなので、逆に好意的に捉えてしまいました。
一応、Panini側は修正版を出すことを考えているようですが、交換する人は少ないのでは?


あと、NPBカードのネタなんですが、前田健太のカードセットが出るとか。
生産数とシリパラの枚数から考えると、35%程度の確率でメモラorサインが出るようですし、
今セリーグで一番アツい投手の初セットものということか、随分と人気を集めてるみたいです。

しかし、単独でカードセットが作られるような選手がカープから出てくるなんて、嬉しい話です。



<追記>
ToppsがBryce Harperとオート&メモラの独占契約を結びました。
彼のオートが入るのは来年以降かと思ってましたが、さっそく今年の2ブランドに封入されるそうで、
USAバイバックオートが2010 Bowman Chromeに、Aflacオートが2010 Bowman DPに入るとか。


しかし、今年のStrasburg推しといい、近年はプロスペクト系商品が強化される傾向にありますが、
その一方で、面白企画を盛り込んだ新ブランドや、全コレクター対応の通常版が減ってるのが残念。
これにより、カードの楽しみ方のバリエーションが狭まってしまい、抑揚のない流れになり始めてる感が。

確かにプロスペクト商品は魅力あるものだと思いますが、それ一辺倒というのはさすがにキツイです。
以前はUDとDonrussがその辺を補う役目を果たしていたのですが…。


<追記の追記>
Toppsのミスにより2010 Bowman ChromeにUSAバイバックオートは入りませんでした

|

« 2010 Topps Chrome 開封 | トップページ | 2010 Bowman Chrome 開封 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

カレッジパッチまでですからね。大学違うのに。
1)事前にMagicに了承済みの仕込み
2)Paniniのボーンヘッド。パッチはサイン貰ってから縫いつけ
3)Paniniのボーンヘッド。Magicのサインが代筆のため間違いに気付かず

3)でなけりゃどっちでもいいです。3)だけはやめて下さい

投稿: へば | 2010年10月22日 (金) 20時50分

>カレッジパッチまでですからね。大学違うのに。
ベケでもこの辺のコメントが多いですね。
代筆はトレカで時々話題になりますが、やはり気になりますね。

一応、「マジックのボーンヘッドで、ロゴの意味を知らずにサインを書いた」という可能性もあるかなと思っています。
コレクターはあのパッチに「サインを書いた選手の出身大学のロゴ」という+αの意味が含まれていることを予備知識として知っていますが、panini側がそれをマジックに知らせていない場合、マジックはあのパッチを見ても「見たことない可愛い刺繍」という視覚的・表面的な情報しかわかりようがないないからです。
なので、契約どおりサインを書いただけということもあり得るのではないかと。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年10月22日 (金) 22時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/37335610

この記事へのトラックバック一覧です: 商品情報 小ネタ:

« 2010 Topps Chrome 開封 | トップページ | 2010 Bowman Chrome 開封 »