« 2010 Topps Triple Threads 開封 1パック | トップページ | 商品情報 小ネタ »

2010年10月 8日 (金)

2010 Topps Chrome 開封

Untitled0

昨年からRCオートが直書きになり、評価が上昇したTopps Chrome。
今年も引き続き直書きで、加えてメンツもS.Strasburg、J.Heyward、M.Stanton、S.Castroなど、
かなりの数の大物がラインナップに並んでいることもあって、発売前から大人気のようです。

個人的には、そういったオートのメンツだけでなく、インサートの種類が増えていることが、
開封をより一層楽しませてくれるのではないかと思い、発売前から楽しみにしてました。

では、開封。





Untitled4_2
Untitled3
Untitled2

レギュラーはいつも通りの加工で変化は無し。
センタリングが悪かったり、極端に反り返ったものがあったりするところも、いつも通り。

RCが19枚と大量に出て、かなりの収穫でした。
特にS.Strasburgなど狙っていた選手の大半が手に入ったので嬉しかったです。



Untitled8
Base Set Refractor H.Pence
Base Set Refractor D.Jeter
Base Set Refractor B.Robert
Base Set Refractor J.Mejia

今年のリフは、枠がギラギラ輝くタイプのものなので、かなり派手です。
個人的には、こちらの方が好み。

1箱に8枚入っているはずなのですが、今回は4枚だけしか出てきませんでした。
オッズ割れはMLBカードでは良くあることですが、4枚も足りないなんて聞いたことありませんし、
さらに、色リフに至っては1枚も出ないという最悪のハズレ箱を引いてしまいました。


Untitled9
Topps T-206 Chrome Insert Gold Refractor A.Rodriguez /50
Topps T-206 Chrome Insert M.Holliday /999
Topps Heritage Chrome Insert D.Price /1961

Toppsの別ブランドのクロームが3枚出現。
1:497というレアオッズな金リフが出たものの、出るならばオートの方で、と思い、なんか複雑。
こちらのカードも封入数が少なく、1箱に2~3枚が基本のよう。

カードの出来は、どちらも背景にぽつぽつと斑点のようなエンボス加工が施してあり、
レギュラーのクロームとは少し違ったレトロな雰囲気が漂っておるので、なかなか○。
それ故に、もうすこし緩いオッズで出てほしかったです。




Untitled10
Autographed Rookie E.Rogers
Autographed Rookie D.Bautera

オートは2枚ともコモン選手。
チェックリストを見ると、全50種とものすごい人数になっており、玉石混交な感じでした。

E.Rogersはロッキーズの25歳の右腕。
もともと内野手でしたが、06年に投手に転向し、わずか4年でメジャーに辿り着きました。
ただ、メジャーでもマイナーでも目立った成績を収めておらず、かなり微妙な選手です。

D.Bauteraはメッツのの05年ドラフト5巡目指名の大卒捕手で、現在はツインズに所属。
守備は好評価なのですが、打撃が絶望的で、マイナー通算打率が2割ギリギリという有様。
そもそも、ツインズはJ.Mauerと長期契約を結んでいるので、控え捕手以上にはなれないかと。





以上、開封終了。

今年のTopps Chromeはかなり期待してたのですが、思ってたほど手応えがありませんでした。
発売前は、色リフやインサートのクロームパラが大量に出てくれると期待していたのですが、
蓋を開けてみると、それらは箱に1枚ずつ程度のオッズでしかなかったので、ちょっとガッカリ。
08~09年のものだと、多様なカードがガンガン出てくれて開封が楽しめたのですが…。
もしかして、人気に合わせて総生産数を増やしたせいで、封入率が薄められたとか?

ただ、このオッズの問題以外では、RCオートは昨年よりもちゃんとした出来に仕上がっており、
大物も期待でき、通常RCは大量出現、インサートの作りもしっかりしてるなど、良い部分が多め。

できればリベンジも兼ねて追加購入してみたいところですが…?



<追記>
箱開け後、ショップに行ってみるとパック売りしてたので25パック買ったところ、驚異的な結果が。
オート0枚リフが再び4枚オッズ割れと、箱買いを遥かに凌駕する完全スカで震えました。

商品自体は今年1番の良作ブランドで間違いないと思いますが、自分個人に限って言えば、
箱でもパックでも相性最悪とわかったので、今年のTopps Chromeはもうお腹いっぱいです。
しかし、きっついのう…。

|

« 2010 Topps Triple Threads 開封 1パック | トップページ | 商品情報 小ネタ »

MLB 開封結果 2010」カテゴリの記事

コメント

仰る通り、裁断がいい加減ですね。初期傷や角折れも目立ちました。
リフはオッズが1対3だったので、8枚は出るはずなのですが、私も5枚でした。通常リフで福留、青リフで好きなプレイヤーのBournが出てくれはしましたが。シリパラ2枚とあわせて7枚。うーん。
ただへっぽこ太郎様の場合は、リフでJeter、T-206金リフでA-ROIDを引かれているんで、少数精鋭?という善解もできそうですが…(苦笑)
オートは私の場合、Manzella(擦れあり)とIke Davisでした。最近Metsよく引くんですよね。
しかし50種…。うち大当たりがStrasburg, Heyward, Stanton, Castro。
まあまあ当たりがSantana, Jackson, Leake, Ike Davis, Colvin, 高橋。あとStubbs, Bouche, Wade Davis, Matuzs, Mejia, Stolen, Desmond…。
確かに満足できるメンツも揃ってますし、史上最強だとは思います。ただその分、無名選手を引いたときの滑りっぷりはハンパないですね。
しかもオッズ割れのリスクもあるみたいですね。なかなか厳しい。
私も夢を見ていましたが、へっぽこ太郎様の開封結果を拝見し、現実に引き戻されそうです(苦笑)。

投稿: H-KOB | 2010年10月 8日 (金) 01時14分

1ボックス以上、25パックもあってオート無しとは・・・・
それは2ボックスくらいでオート抜いた後のカスパック???
といってもまだ出たばかりなのでそんな手の込んだことできるとは思えないので・・・
めったにないスカボックス???
どちらにしてもカード開封はまさにギャンブルですね・・・

わたしもよくやらかします呉辺りで(爆)

投稿: フミノヒデ | 2010年10月 8日 (金) 20時34分

>仰る通り、裁断がいい加減ですね。初期傷や角折れも目立ちました。
ほとんどのカードがセンタリングが酷いんですよね、今回は。
綺麗になってるのを探すのが難しいくらいです。

>オートは私の場合、Manzella(擦れあり)とIke Davisでした
I.Davisはいいところを引かれましたね。
彼は打力だけでなく守備でも華があるので、まさにスター候補生って感じです。

>確かに満足できるメンツも揃ってますし、史上最強だとは思います。
レギュラー候補ってだけでなく、チームの顔になれそうな選手が多いってのがすごいんですよね~。
箱2枚オッズでこれは驚異です。

>現実に引き戻されそうです(苦笑)。
当たりも現実、ハズレも現実かと(笑
2~3箱に1枚ぐらいの確率で結構なオートが引けはず…たぶん。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年10月 8日 (金) 21時37分

>めったにないスカボックス???
もしかしたらそうなのかもしれません。
一応、リフやインサートは箱買いの分と同じような量が出たので。
ただ、一部のレギュラーがダブって出ているので、2箱分の残りという可能性もあります。
どっちなんでしょう?

>わたしもよくやらかします呉辺りで(爆)
残りパックが多いと深追いしちゃいたくなって止められないときがありますよね…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年10月 8日 (金) 21時41分

はじめまして、CHROME開封を検索していて拝見させていただきました。
そして、引いたオートの選手が2名とも同じ選手でしたのでコメントも^^;
どんな選手なのか気になって、調べていたのでへっぽこ太郎さんの記事大変参考になりました!

25パック0オート・・・怖いですね~;;

投稿: MAA | 2010年10月14日 (木) 02時39分

こんにちは、はじめまして。

>そして、引いたオートの選手が2名とも同じ選手でしたのでコメントも^^;
あらら、2人とも同じだったんですか。
去年のChromeは箱2オートの組み合わせがほぼ決まっていたのですが、今年も似た封入になってるんですかね~。

>25パック0オート・・・怖いですね~;;
開けてる途中で諦めの境地になり、最後は苦笑いしてしまいました。
パック買いではコレが怖いです。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年10月14日 (木) 21時05分

パック買いはこれがあるから怖いですね。

自分もまるまる1箱分購入したのにautoなしだった時は正直へこみました。

パック買いは深追いしてはダメだと分かっていても手が止まらなくなってしまうのはコレクターのサガでしょうか?


遅くはなりましたが本日2010 Topps Chromeを1箱開封いたしましたので結果を書いておきます。


結果はScott SizemoreとRuben Tejada autoでした。

イマイチ消化不良でしたがこの値段で1箱で2枚のautoが出るので商品的にはいいのではないかと思います。

目玉もきちんといますし・・・。

しかし人数の多さからピンポイントで狙いの選手を引き当てるのも難しそうです。


投稿: マッカーサー | 2010年10月21日 (木) 21時09分

>パック買いは深追いしてはダメだと分かっていても手が止まらなくなってしまうのはコレクターのサガでしょうか?
たぶんまだ残ってるはず!と考え始めると深追いのドツボにはまっちゃいますね~。
一応、そこを理性で止めようと努めていますが、年に何回かやらかしてしまいます。

>この値段で1箱で2枚のauto
今回も構成が良いので、あとは誰を引けるかが勝負どころなんですよね。
Tejadaはかなり若いのにメジャーまで辿りついているので、伸びしろが期待できる気がします。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年10月21日 (木) 23時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/37092909

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 Topps Chrome 開封:

« 2010 Topps Triple Threads 開封 1パック | トップページ | 商品情報 小ネタ »