« 2010 BBM 広島東洋カープ 開封 20パック | トップページ | 2010 Bowman Sterling »

2010年8月28日 (土)

2010 Topps Pro Debut Series1 開封

Untitled0

Topps Triple ThreadsやT-206が延期したせいもあり、収集熱も減退ぎみ…。
来月はそれらがずれ込むうえに、Topps Chrome、Donruss Elite Extraも予定され、
ついでにBBMでもTTGや20周年記念が出るので、少しは面白くなりそうですが。

そんな中、こんなものを開けてみました。
MiLBカードとはいえ、レアメモラが出ればかなりアツくなれそうな商品なので、ちょっと期待。

では、開封。





Untitled2

レギュラーのデザイン・造りは2010 Topps Seriesと完全に同一のもののはずなんですが、
選手のユニフォームやカード左下のチームロゴが見慣れないマイナーのものであるせいか、
雰囲気がTopps Seriesとは似ておらず、むしろ全然別物のように感じました。

170枚ほど手に入るのですが、その内30枚ほどが07~09年のドラ1選手。
その中に、あまりカード化されてないサインドイッチピックの選手もいたのが収穫でした。



Untitled3
Triple-A All Stars ×6枚
Double-A All Stars ×6枚
Single-A All Stars ×6枚

3種のマイナーオールスターのインサートが、6枚づつ綺麗に出現しました。
デザインが共通で見た目がほとんど同じですし、特に加工もないので、かなり地味です。

メンツは各マイナーのオールスターの選手達なんですが、トッププロスペクトという感じではなく、
所属してるリーグのレベルの事を考えると若干年齢を重ねてしまっている選手といった人が多めです。
ちなみに、助っ人として来日している、広島のHuber阪神のMurtonもラインナップされてます。


Untitled4
Hall of Fame Stars P.Rizzuto
Hall of Fame Stars C.Yaztrezemski

もう1つのインサートであるHall of Fame Starsも、かなり地味。

ただ、往年の名選手がカード化される場合は、ベテランになったのときの写真が使われるのが常ですが、
このカードはマイナーユニに袖を通して初々しい表情を見せている写真が使われており、非常に新鮮。




Untitled6
Base Set Gold M.Minor /50
Base Set Blue C.Dykstra /259
Base Set Blue M.Mesa /259
Base Set Blue N.Arendo /259
Base Set Blue C.Mcguiness /259
Base Set Blue M.Hobgood /259
Base Set Blue J.Thompson /259
Base Set Blue P-J.Jang /259

パラレルは金パラ1枚、青パラが7枚出現。
少シリの金パラでトッププロスペクトのM.Minorが手に入ったのはラッキーでした。

Topps Seriesと同じ加工を期待してましたが、これには光るラメがなく、ただの枠の色違いなのが残念。
それなりの枚数が出るわりには、存在感が薄かった気がします。




Untitled8
Autograph Blue J.Locke /199
Autograph  A.Liebel

オートは2枚ともコモン選手。
MoustakasやMontgomeryなど、有望株が結構揃っているので、それらを期待してたのですが…。

それ以上に期待はずれだったのが、カードの出来。
さしたる特徴もないデザインに、銀シールのオートを埋め込んだだけという、あまりに簡素な造りは、
他のTopps商品に封入されているオートと比べると、ダントツでチープと言わざるを得ません。
さほど高額ではないMiLBカードとはいえ、ボックスヒットがこれだと厳しいかなぁ。




Untitled10
Futures Game Relic D.Jones  /139

この商品で一番の目玉のメモラも、オート同様にコモン選手でした。 あちゃー。

ただ、カードに対する印象は真逆のもので、かなり気に入りました。
乱発されすぎて単に記号的なボックスヒットになってしまってるメモラビリアカードという感じではなく、
メモラカード当初の目的通り、「メモラ」の存在感がちゃんと感じられるカードになっている気が。
まあ、この感想は単に自分が入れ込みすぎてるだけなのかもしれませんが。




以上、開封終了。

全体的な印象ですが、予想していたよりもパンチに欠けていた様な気がします。

カード全般の作りがかなりシンプルなことに加え、開封が淡々と進んでいったことが原因でしょうか。
こういった事はJustやTristarなどの他のMiLBカード商品でも普通に見られることだと思うのですが、
この商品を作ったのが様々なMLBカードを恒常的に作っているToppsであるとこを考えると、期待はずれ。
どうしても、ToppsのMLBブランドの出来と比べてしまい、それらとの落差を感じて萎え…。

むろん、悪いところだけでなく、良いところもあります。

前述のようにメモラの存在感は飛びぬけてますし、レアメモラの魅力は抜群です。
また、オートのラインナップはなかなかで、プロスペクトがそれなりに揃ってるのですが、
全17種と選手の数を絞っているおかげで、彼らが引ける可能性が期待できるのは嬉しいところ。



<追記>
2010 FinestのRCレデが10番まで発表されましたので、以下にまとめました。

#01 J.Heyward (1/10 auto)
#02 I.Davis
#03 S.Castro
#04 M.Leake
#05 M.Stanton
#06 S.Strasburg
#07 A.Cashner (auto)
#08 D.Viciedo
#09 D.Brown
#10 R.Kalish

<追記の追記>
参考までに、Topps Pro Debutの開封動画ケース開封結果動画でも。

|

« 2010 BBM 広島東洋カープ 開封 20パック | トップページ | 2010 Bowman Sterling »

MLB 開封結果 2010」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
いつも楽しく拝見させて頂いております。
最近、魅力的なリリースがなく、すっかりMLBカードの開封が滞っております。
そんな中、古箱だったり最新作だったり国内野球だったり
いろいろな開封結果のアップをいつも楽しみにしております。
最近、他ブログでは更新が滞っているのが多い中、いつも精力的に集めていらっしゃる
サイト運営者の方には ただただ脱帽です。
これからも訪問するのを楽しみにしておりますので、宜しくおねがいいたします。
いつも利用する店舗が「ミント香椎店」なのですが、ここは結構「古箱」が安く手に入るので
購入を迷った時にいつも参考にさせて頂いておりました。

投稿: ふくおか在住 | 2010年8月28日 (土) 19時16分

こんにちは、はじめまして。

>最近、魅力的なリリースがなく、すっかりMLBカードの開封が滞っております。
Topps独占のおかげでUDのリリース分だけすっぽり抜け落ちちゃったのがモロに影響しちゃってますよね…。
こういう状態だと、自分も更新に気が乗らないときもあったりしますが、なんとか続いています(笑

>これからも訪問するのを楽しみにしておりますので、宜しくおねがいいたします。
こちらこそ、よろしくお願いしますm(_ _)m
書いた記事を参考にしていただけて、とても嬉しいです。

>ミント香椎店
ネットショッピングですが、自分も結構利用してます!
安いですし、たまーにビックリするような商品が入荷されてて面白いですよね。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年8月28日 (土) 23時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/36341832

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 Topps Pro Debut Series1 開封:

« 2010 BBM 広島東洋カープ 開封 20パック | トップページ | 2010 Bowman Sterling »