« 2010 Bowman Platinum | トップページ | 2010 Topps Pro Debut Series1 開封 »

2010年8月13日 (金)

2010 BBM 広島東洋カープ 開封 20パック

前回の開封報告以降も、カープリミのパック買いをちまちまと続けています。
連続直筆サインなし記録がようやく途切れてくれたおかげなのかか、かなり気楽な気分になり、
以前のような義務感もなく、精神的に健全な状態で買えるので、開封が随分楽しくなってます。







Untitled1

バラパック買いのせいなのか、パック1のキラパラレルの引きが非常に偏っています。
2~4枚ぐらい引く選手もいれば、1枚も引いていない選手もいて、ぜんぜんコンプできません。
現在は、36種中25種。

レギュラーの方ならコンプできてるかと整理してみると、こちらも偏りが酷くてコンプならず…。
残り10枚弱なので、シングル買いで完成させようかなぁ。


Untitled2
Soul of Carp 大竹寛
Soul of Carp 永川勝浩
背番号物語 前田智徳&山崎立翔 ×2

インサートでも背番号物語がいきなりダブリ。
ただ、Soul of Carpのほうは綺麗にバラけており、前回の4種と合わせて6種が引けています。

そして、主なヒットは以下の2枚。







Untitled6
パズルカード 100枚限定パラレル 大竹寛 /100

今年のパズルカードのシリパラは、金属を薄く引き伸ばしたような加工になっています。
これはBBMのインサートの加工として定番なので、さほど目新しいという訳ではないのですが、
前年のものがパック1パラと共通の安いホイル加工だったことを考えると、少しはマシかも?







Tekeuchi_rc_number
背番号限定パラレル 武内久士 /12

今回の開封で1番のヒットが、このパラレル。
背景の模様が花火のように広がるホロ加工になっており、見た目がとんでもなくド派手ですし、
名前の通りシリアルも選手の背番号に由来したものなので、まさに特別なカードといった印象。

選手は今年のドラフト3位で入団した武内久士。
大学時代から豪腕のリリーフとして有名で、メジャーもスカウトを派遣する程だったのですが、
右肩を故障したことにより多くの球団が撤退、指名順位もこのように下になってしまったとか。
現在は2軍でクローザーを任されており、リーグ最多の17セーブをあげています。


今回はシリパラだけでしたが、12シリのパラレルとかなりの収穫があって、大満足。
昨年までの地獄のようなスカ&引きがウソのようで、なにやら妙に怖くなってきますが、
調子のいい今のうちに買い続けておいたほうがいいのでは、という気持ちもあります。

これで、肝心のカープの方も調子が良くなれば言うことないのですが…。

|

« 2010 Bowman Platinum | トップページ | 2010 Topps Pro Debut Series1 開封 »

NPB プロ野球 開封結果」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/36112274

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 BBM 広島東洋カープ 開封 20パック:

« 2010 Bowman Platinum | トップページ | 2010 Topps Pro Debut Series1 開封 »