« 09 Bowman Sterling 開封 4パック目 | トップページ | 2010 Bowman Platinum »

2010年7月31日 (土)

08 UD Masterpieces 開封

Untitled0

以前から気になっていた08 UD Masterpiecesを買ってみました。
カードの出来には定評があり、オートも直書きと、良さそうな商品なんですが、妙に安いです。

ま、とりあえず開封開封。




Untitled2

レギュラーは、キャンバス地を再現した加工と手触りで、ブランドの独自性を感じさせてくれます。
それに合わせて写真も絵画風になっているのですが、絵師のよっては、肌の質感が奇妙だったり、
逆にあまりにリアルすぎて元の写真との違いがほとんどわからないような場合もあったりします。
あと、引退選手の有名な場面の写真は、前年にほとんど使ってしまったせいか、今年は普通め。

画像右端の福留のRCは、かなり嬉しかったです。



Untitled3
Framed Red B.Webb
Framed Black D.Wright
Framed Black I.Kennedy
Framed Black J.Chamberlain
Framed Black R.Carew

フレームパラは、赤が1枚、黒が4枚。

派手な原色のフレームが使われてるので、白を基調としたレギュラーとは印象が変わっており、
また、フレーム部の金箔が引き立つように見えるせいか、ワンランク上のカードっぽいです。
非常に格好いいのでもっと多く欲しいところなのですが、枚数が少なくて残念。


Untitled4
Framed Silver 25 W.Ford /25

シリアル入りのフレームパラは1枚だけでしたが、少シリのシルバーパラでした。
フレーム部分に細かいラメのような加工があり、それが渋く光るという秀逸な出来です。


Untitled5
Yankees Stadium Legacy 1744
Yankees Stadium Legacy 1769
Yankees Stadium Legacy 1794
Yankees Stadium Legacy 4586

YSLのインサートも出るのですが、カードの質感がMasterpiecesと全然違うので、違和感が。
正直なところ、これらの代わりにレギュラーやパラが入ってくれてた方が嬉しかったかも。




ボックスヒットの紹介はメモラから、と行きたいところなんですが、なんと出ませんでした
レギュラーだけが4枚しか入っていない変なパックがあったので、嫌な予感がしたのですが…。
箱に2枚しかないボックスヒットのうちの1枚を入れ忘れられると、かなり痛いです。




Untitled8
Stroke of Genius Signatures K.Johnson

箱1のオートは直書きで、予想通りの素晴らしさ。
カードの加工・素材の性質のせいか、インクがすこし滲んでいるのはご愛嬌?

ケースヒットのオートジャージは、さらに魅力的なカードなので、引いてみたかったなあ。




以上、開封終了。

妙に安い値段で取引されるようになっている理由が、ちょっとだけわかったような気がします。

まず、パック数が12個と少ないためか、開封後はすこし物足りなさが残りました。
カードが高品質なので、手ごろな値段に収めるためには、パック数を絞る必要があったのかも。

また、ボックスヒットのオート・メモラは共に1種だけで固定されてるといってほどの構成なので、
多くの箱の内容がどれも似通っており、箱開けの醍醐味である「波乱」の可能性が薄いのが残念。
ケースヒットの数から考えると、1ケース(16箱)のうち11箱は同じ内容なので…微妙です。
個人的な意見ですが、オートやメモラにもフレームの色パラがあれば良かった気がしました。

ただ、構造的な部分に不満はあれど、全てのカードの造りが優秀で文句のつけようが無いので、
今のような格安の値段であれば、買って損をするような商品ではないのでは?と感じました。
また安く買えるのであれば、スカ箱を引いたリベンジでもしようかな…。


<追記>
Youtubeにケースの開封結果動画があるので、ご参考までに。

<追記の追記>
2010 Topps Tributeが発売。
e-bayを見る限りでは、Ruthなどの大物のメモラは昨年ほど出易くはなさそうなんですが、
ケースの開封動画や、2ケースの開封結果など、かなり開封動画が上がっており、今年も人気のよう。
レデではあるものの、S.Strasburgのメモラオートが存在してる影響もあるからなのでしょうか。

|

« 09 Bowman Sterling 開封 4パック目 | トップページ | 2010 Bowman Platinum »

MLB 開封結果 2010」カテゴリの記事

コメント

このシリーズはカードのデザインが渋めでワタクシも好みであります。
直サインといいすっきりした見た目といいCG全快のカードよりも、むしろ栄えるデザインはコンプ目指す人も多いとか…
しかしへっぽこさんおっしゃるとおり開封はつまらないです。
引けるモノはレギュラーパラ、メモラだけですから…
UD…この頃から直サインに戻し始めて良くなってきたと思ったのに…

後NFLでは箱でサイン1、ジャージ2の割合だったんですけどMLBだとどちらか1枚なんですね。
そりゃ安くなりますわい。

投稿: かわうそ | 2010年8月 1日 (日) 23時45分

>CG全快のカードよりも、むしろ栄えるデザインはコンプ目指す人も多いとか…
UDはシンプルなCGが多いですからね~。
特徴のつかめないCGデザインのカードに比べると、存在感が際立って見えてくるので、一層グッときますよ!

>UD…この頃から直サインに戻し始めて良くなってきたと思ったのに…
カードの作りが良くなったと思ったら、他の部分が…となって、全体的なバランスが変な感じなんですよね。
一長一短ということなのかもしれませんが…なにかしっくりきません。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年8月 2日 (月) 00時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/35961108

この記事へのトラックバック一覧です: 08 UD Masterpieces 開封:

« 09 Bowman Sterling 開封 4パック目 | トップページ | 2010 Bowman Platinum »