« 2010 Bowman Chrome | トップページ | 2010 Topps Allen&Ginter 発売 »

2010年6月26日 (土)

2010 BBM 広島東洋カープ 開封 25パック

久しぶりのNPB開封は、カープリミ。

今年は箱買いをせずに、パックをちまちま買っていくことにしました。
その理由は、あまりにスカが続いてるので、一度にまとまった資金を出すのが怖くなったから。
それでも、この悪夢をいい加減終わらせたいという義務感だけで買い続けている事を考えると、
なんか随分と変なカード中毒者になったもんだなあと、自嘲気味になってしまいます。




Untitled2
Untitled3

今年はパズルカードの裏面の記述が例年よりも充実しており、読み応えがありました。
クロスブランドとして話題になっているCross Streamですが、企画が目新しかったとしても、
カードそのものがありきたりなデザインで特別な感じがしないのが、なんとなく寂しいです。

全体的には、良くも悪くもいつも通りといった印象。



Untitled5

パック1のホイルパラは、相変わらずおまけ的存在です。
おまけだからこそ、マエケンや堂林のようないい選手が出ると得した気分になります。

ただ、今回はバラでパック買いしたためか、ダブリが大量に発生してしまいました。


Untitled8
Soul of Carp 東出輝裕
Soul of Carp 栗原健太
Soul of Carp 赤松真人
Soul of Carp 天谷宗一郎

名前は変わっていますが、カードとしてのポジションも加工も去年までのShinig Starとほぼ同じ。
「銀ホイルが背景」「選手名とインサート名に色つきの箔押し」というマンネリも酷いですが、
やる気が全く感じられないこの野暮ったいデザインをインサートカードに使うのは、ちょっと…。



Untitled9
背番号物語 大竹寛&川端順

もう一つのインサート・背番号物語は、素晴らしいとしか言いようがありません。

BBMのインサートは、CGとアルファベットを駆使した現代的な雰囲気のものが大半なのですが、
こちらは、工芸品を思わせるような淡い煌き、漢字、赤い鯉の箔押しで「和」の雰囲気があり、
それが新旧選手の歴史・カープというチームの古風なイメージに合致していて、秀逸すぎます。
鯉の箔押しも、鱗やヒレなどが細部にわたって再現されており、その印刷技術の高さにも脱帽。



Untitled13
Soul of Carp 150枚限定パラレル 前田健太 /150

今年もインサートの150シリパラレルは同じ加工。
色違いの箔押しにシリアルナンバーを打ち込むだけのワンパターンに飽きられたせいか、
ヤフオクなどでのカードの落札価格を見ると、たった数百円程度にまで下落しています。
粗製濫造の極みと言うべき代物とはいえ、これにはさすがに驚きました。

50シリのダイカットパラなんかのように、BBMも良いカードを作れるはずなんですが。




そして、20パックを超えた頃に


Nagakawa_m_auto
直筆サインカード 永川光浩 /59

ついに出ました、直筆サイン。
選手は永川勝浩の実弟で、今年の育成ドラフト1位で入団した永川光浩。
兄とは随分とスタイルが違っており、多彩な変化球を駆使する技巧派ピッチャーらしいです。

NAGAKAWAの文字が見えたときは、いきなり主力選手が引けたと思いましたが…。
なんにせよ、直筆サインが出たので、それ以上を求めては贅沢というものですね。




以上、開封終了。

これでカープリミにおける直筆なしの連続記録がようやく途絶えてくれました。
この記録はギャラリーにある05カープリミ佐々岡直筆を自引きした直後から続いているのですが、
箱&パック買いをざっと合計してみると、150パック連続直筆なしという驚異的かつ圧倒的な数字が。
これって日本でワースト10位に入るくらいの連続記録ではないかと思うのですが…。マジひでぇ。

なんにせよ、これで記録が終わってしまい、嬉しいような、寂し……くはないです、さすがに。



<追記>
先日紹介した、Million Card GiveawayでS.StrasburgのRCが出現するという話には続きがあり、
見事引き当てることが出来た人には、オート入りのバージョンを受けとれるチャンスがあるとか。
ただし、先着300人限定なうえ、350ドルを支払わないといけませんが。

<追記の追記>
はやくも2010 Topps Allen&Ginterの開封動画()が。

|

« 2010 Bowman Chrome | トップページ | 2010 Topps Allen&Ginter 発売 »

NPB プロ野球 開封結果」カテゴリの記事

コメント

2010 BBM 広島東洋カープを自分も2箱開封いたしました。

2箱ともにスカ箱に当たってしまいガッカリでした。

初めは書店でパック買いし直筆が出たらその時点で撤退
なんて意気込んでいたのですが2箱開けても直筆が出ず・・・。

今年はカートンで直筆が7ですのでスカ箱がカートンで
5箱存在しますからなかなか厳しいシリーズです。

チームリミも全シリーズ箱1保証になる時代は来るのでしょうか?


ですが、
基本的に相性はよいシリーズで去年は4パックで小窪直筆を
引いているので文句は言えませんが・・・。

それと連敗ストップおめでとうございます。


投稿: マッカーサー | 2010年6月26日 (土) 23時34分

>2箱ともにスカ箱に当たってしまいガッカリでした。
うう~ん、それは残念でしたね…。
おっしゃるように、昨年主力級の小窪のサインを引かれてるので、合計でトントンといったところかもしれませんね。
今年はジャージがないせいで、スカが1箱増えたみたいですから、去年よりも厳しくなっているみたいです。

>チームリミも全シリーズ箱1保証になる時代は来るのでしょうか?
チームによって随分とバラつきがあるのが謎ですね。
応援してるチームと一緒にカードでの満足度までバラつくのは残念です。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年6月27日 (日) 19時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/35418308

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 BBM 広島東洋カープ 開封 25パック:

« 2010 Bowman Chrome | トップページ | 2010 Topps Allen&Ginter 発売 »