« UD とMLB選手会の金銭問題 | トップページ | 2010 Topps Chrome »

2010年4月29日 (木)

2010 Topps Series1 10パック+α 開封

ぽつぽつと色んなパックを開けていたので、その結果をまとめてご紹介。





Untitled2
Untitled4

画像1&2段目は2010 Topps Series1
今年はパックに2枚インサートが出るので、開けると必ず何らかの収穫が得られますし、
復刻カードなど歴史を感じさせるインサートが新登場しているので、その点が新鮮な感じ。
過去のオリジナルカードが当たるMillion Card Giveawayが欲しかったのですが、引けず。

画像3段目は2010 Topps Heritage
こちらは新鮮さが皆無というか、マンネリの美学を追求する商品なので、特に変化は無し。
SPのLincecumだけ裏面が綺麗な仕上がり&紙質になっており、それが逆に違和感。

画像4段目は2009 Donruss Elite Extra
インサートに加工がなく、並みのカードに成り下がっていたことに、めちゃくちゃガッカリ。
レギュラーでドラ1の選手たちがぽつぽつと出てくるのは嬉しいのですが…。



Untitled3
Base Set Short Print Variation J.Morgan

Topps Series1でこのSPが引けたのは、なかなかの収穫でした。
オッズが結構シビアなわりに派手なアナウンスもなくひっそりと封入されており、
その奥ゆかしさ(?)と発見できた時の妙な高揚感がグッと来る変なカードです。

何が出るかわからない宝探し的な楽しみをちゃんと仕込んでくれてる所はさすがToppsです。





Untitled6
WBC Relic Blue Refractor F.Cepeda /125

Bowman Sterlingのボーナスパックが残っていたので、ついでに衝動買いしてみました。
選手がキューバの外野手で大会ベスト9にも選ばれたF.Cepedaとまずまずの結果でしたし、
青リフ+ジャージの赤と原色だらけで見た目がド派手で面白いので、買ってよかったかな。

ただ、今回はメモラしか出ないので、オートの出る例年のものに比べると地味に思えます。
いつもはすぐに消えるはずなのに、今年だけ売れ残ってた原因はこれでしょうか。





んで、1番のヒットはBowman DPから出たコレ。





James_goldref_auto
Draft Picks Autograph Gold Refractor C.James /50

1年半ぶりのゴールドリフオート。

C.Jamesは09年ドラフト全米18位、マーリンズ1巡目指名の高卒左腕。
最速94マイルの速球、高レベルのパワーカーブ、チェンジアップが持ち球。

評価はそこそこ高いのですが、制球力、変化球の安定性、投球フォームに改善点があるので、
若手を積極的に起用するマーリンズであっても、メジャーデビューには時間がかかる気がします。
特に制球力は問題ありで、高校最終年に63.1イニングで33個もの四球を出してるのは…。



パック買いは箱開けとはまた違った楽しみがあるので止められませんね。
あまり気にしてなかったブランドを摘んでみて、その魅力に気づいて嬉しくなったり、
なぜか箱開け以上の成果を挙げてしまったりと、予想外の収穫を得ることもしばしば。

開けてるうちに必要以上に熱くなり、後で財布の中身を見て泣きそうになることもありますが。





<追記>
2010 Topps National Chicleが発売。 開封動画はこちらこちら
独特の絵柄のレギュや、絵を描いた画家自身のオートカードなど、かなり怪しげな雰囲気が。

余談ですが、今年はNational Chicle、Heritage、A&G、T206などのレトロ系商品が妙に多いですね。
使われてるアイデアもイラスト調加工、ミニカード、大型のボックストッパー、フレームカードと、
どこか共通しているところがあるので、どれも似通ったものに見えてしまい、ちょっと萎え。

不況の今、新企画を使ったチャレンジブルな商品を売ろうとするのは企業にはリスクが大きいので、
固定客が見込める既存のブランド&アイデアで手堅く行くのは仕方ないのかもしれませんが、
それは、なんにも変化がない停滞した状態にも成りかねないという危険性もあるわけで…。
トレカ界に漂うこの停滞感を吹き飛ばしてくれるような話題が出てきてくれないかなぁ。

|

« UD とMLB選手会の金銭問題 | トップページ | 2010 Topps Chrome »

MLB 開封結果 2010」カテゴリの記事

コメント

おぉ! やはりこういう開封でレアなトコロを引くのがへっぽこさんですね!w
選手はともかくTOPPS、BOWMAN CHROMEのリフオートは素晴らしいです。 
コレクションに数枚加えておきたい代物ですよね!
まぁ後は出来れば良い選手がでてくれれば、ですがw

かくいう私も何故かBOWMAN CHROMEとは相性がよく、ちょくちょく極小シリアルのリフを引きます。
今年はBrian CushingというディフェンスのRookie of The Yearを受賞した、彼の赤リフオート(5シリ!)が引けてウハウハでした。
他のシリーズでハズしまくってたので嬉しさ倍増だったモンです、、、

投稿: かわうそ | 2010年4月29日 (木) 01時17分

>選手はともかくTOPPS、BOWMAN CHROMEのリフオートは素晴らしいです。
>Brian CushingというディフェンスのRookie of The Yearを受賞した、彼の赤リフオート
リフっているとオートも引き立つというか、なんとなく高級感に溢れた感じに見えますからね~。
オッズを抑え気味にしてる色リフなんかは特にそんな気がします。
しかし、レッドリフの自引きとは物凄いですね!自分は現物を見たことすらありませんよ…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年4月30日 (金) 22時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/33093361

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 Topps Series1 10パック+α 開封:

« UD とMLB選手会の金銭問題 | トップページ | 2010 Topps Chrome »