« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月21日 (日)

Toppsのレデンプション 到着

郵便受けの中を見ると、いつものオレンジ封筒が入っていました。
はて、09 Ultimateで引いたレデの到着にしては早いけど?と不思議に思いながら開けると…




Untitled2
Base Set Rookie Autograph J.Clement

半年以上前に開けた08 Stadium ClubのJ.Clementのオートレデでした。
彼は今年から1塁転向のようですが、打撃力が1塁手としては力不足と指摘する声があったり、
同ポジションには昨年ブレイクした強打者G.Jonesが入ることもあるので、前途多難っぽいです。
少ないチャンスを生かすことができるのでしょうか?


しかし、Stadium Clubのカードはやっぱり格好いいですね。
ブランドそのものを完全復活してくれるのが1番嬉しいのですが、それが難しいのであれば、
Turkey RedのようにTopps Seriesの中でインサートとして残していって欲しいなあと思ったり。



<追記>
2010 Topps Finestが発売
写真が大きく使われているせいもあるのか、ちょっとだけリフの雰囲気が変わってるような。

<追記の追記>
開封動画はこちらこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

09 Bowman Sterling 開封 3パック目

Untitled0

相も変わらずBowman Sterlingをパック買い。
Ackleyなど一部のドラ1選手の1stオートはDonruss Eliteに遅れを取りましたが、
封入されてるオート全体の優秀度はBowman Sterlingのほうが明らかに上なので、
リスクは少なくてリターンはそこそこと、高確率で無難な結果が得られます。
個人的には、こういった傾向を持つ商品が好きなので、止められません。

では、開封。





Untitled2
Rookie D.Hernandez
Prospect T.Yockey


D.Hernandezは08 Sterling09 Bowmanでオートを引く縁があって注目してましたが、
101イニングで27本もHRを喰らうという非常に残念な成績で終わってしまいました。
今年はブルペンへと降格らしいですが、そこで開花してほしいものです。





Untitled4
Prospect Autograph J.Michell

J.Michellは09年ドラフト全米23位、アストロズ1巡目指名の大卒外野手。
大学時代はアメフトもプレーしており、身体能力だけならトップランクのようですが、
素晴らしい選球眼がある一方でスイングの軌道の影響で空振りしてしまうのが多いことや、
スピードがあって守備範囲は広いけどセンターで使えるほど肩が強いわけではないなど、
色々とアレな話もあるので、今後どのような選手に成長するのか予測ができません。

オープン戦でスタメン出場してそこそこ打っているので、人気は上昇してる様子。



Untitled5
Prospect Autograph R.Grichuk

R.Gurichukは09年ドラフト全米24位、エンゼルス1巡目指名の高卒外野手。
高校最終年に、28試合で21HR、打率.613、OPS2.329という異常極まりない数字を記録。
この実績を買われたのか、レイズ本拠地で行われたホームランコンテストにも出場し、
第1ラウンドで最多の12本、決勝ラウンドでは2位の8本の柵越えを放ちました。

ようやく夢のある長距離砲が、と思っていたら、彼の評価はあまり高くない様子。
積極的に振りすぎて四球を全く選ばない事やサイズの小ささなどが問題なのでしょうか。



ドラ1オート2枚に気をよくしていたら、もう1枚いいのが引けました。





Abe_wbc
WBC Relic S.Abe

まさかのWBC日本代表、阿部のジャージ。
ラインナップの多さから、日本チームを引くのは無理と諦めていたので、驚きました。



ドラ1オートにWBC日本代表ジャージと、理想通りといえる結果には、思わず笑みが。
ただ、いまだに箱1オッズのデュアルオートやリフオート達には出会えていませんし、
このブランドは毎年4~5パック買っているので、まだまだ追加で買ってしまうかも。
素直に箱ごと買ってたほうが賢明だったかもしれませんが…。



<追記>
R.Grichukのホームランコンテストの動画がありました。
ついでに、同大会に出場して強烈な印象を残したB.Haper動画もご一緒に。
どちらも高校生というレベルを遥かに超えるモンスターです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

UDとMLBの訴訟問題

UDとMLBの訴訟問題が決着に向かうようです。
要点をまとめると、以下のようなものになるみたいです。

・UDはMLB側に240万ドル以上の金銭を払う
・今回のような権利侵害を行っている商品を今後は発売しない
 (09 Signature Stars、09 Ultimate Collection、2010 UD Series1の発売は継続可能)
・MLBマーク、チームマーク、チームカラーを使ったカードを作成しない
・今後商品を作る際は、MLBのマークを隠したり修整したりしない
・UDはジャージ等のメモラビリアをトレカで使う際、MLB側に承認を得なければならない



写真の修整等で各種ロゴを隠しているから大丈夫!という言い訳が通じなかったところや、
MLB側に金を払わないといけないこと、権利侵害を怒られるところまでは予想通りでした。
ただ、個人的に一番痛いと思ったのが、修整を使った抜け道的手法までが禁止になった事。
これにより、今後は奇策を使った「MLBカードもどき」すら発売することができなくなるのでは?
発売予定のSPx、SP Authentic、Goudeyも一体どうなるんでしょうか?

MiLBカードもToppsが独占契約しちゃっているので、こちらも入り込む余地はないでしょうし、
ここ数年UDが作り続けてきたUSAチームカードToppsが作るようになってしまいました。
UDは八方塞…。
もう彼らに残っているのは、カットオートみたいな写真なしのメモラか、カレッジカードぐらい?



<追記>
Toppsから発行されるUSAチームカードですが、2010 Bowmanに封入されるそうです。
基本オッズが1:4パックと微妙にSPになっており、リフも発行枚数が少なめになってます。
ちなみに、あのBryce Harperも入るとか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

09 Bowman Sterling 開封 2パック目

Untitled0

普通の箱を開けるよりかは安価で済むけど開封の満足度はそこそこ有るせいか、
気が付いたらBowman Sterlingのパックへと手が伸びてしまっていました。
好評のUltimateは速攻で値上がり&品切れになったので、さすがに簡単には買えませんし。

ここまで手持ちの09年のドラ1選手のオートは2枚、WBCジャージも1枚だけなので、
開ければそれなりに収穫が見込めるはず、と考えながら開封。





Untitled2_2
Rookie A.Bailey
Prospect L.Jimenez


2パック目ですが、いまだリフは出ず。
この怪しい背景がリフではどのように輝くのか興味があるのですが…。





Untitled3_2
WBC Relic P.Aumont

WBCメモラはカナダのP.Aumont。

今年のWBCカードは、このような若手が主体で、現役スターがさっぱりカード化されませんね。
そのせいか、今年のWBC関連カードはあまり印象に残らないものが多いのが残念。



Untitled4_2
Prospect Autograph S.Campbell

S.Campbellは06年ドラフト全米300位、ブルージェイズ10巡目指名の大卒内野手。
我慢強く球を見極めていくスタイルなんですが、その割りに三振が少ないのが特徴です。
数少ないニュージーランド出身の野球選手ですが、メジャーリーガーになれるかは微妙…。



Untitled7_2
Prospect Autograph A.J.Pollock

A.J.Pollockは09年ドラフト全米17位、ダイアモンドバックス1巡目指名の大卒外野手。
平均以上のスピードと、高い打率&出塁率が見込めるバッティングの上手さが武器。
パワーはあまりなく、ラインドライブの打球をギャップ方向へ打つ中距離打者だそうです。
内野からセンターへコンバートされて間もないので、守備力はまだまだ未知数な感じ。

YoutubeでPolleckの動画を探すと、ドラフト指名直後の様子の動画なんてものがありました。



期待通りドラ1のオートが引けたので、十分満足いく結果でした。
Youtubeなんかで確認すると、ほぼパック1といっていいほどの高確率でドラ1が出るので、
今年のドラフトピックのオートを一通り集めるにはもってこいのブランドですね。
StrasburgやAckleyなんかの上位指名選手が2010年ブランドに持ち越しなのがちと残念です。



<追記>
2010 Tristar In the Pursuit of the MajorsにはTed Williamsの1939年のオリジナルRC、
インスクリプション入りオートフルネームで書かれたオートなどが封入されるとか。
マイナーリーガーのインスクリプションオートって珍しいので気になりますが、超SPみたい。
ちなみにMiLBカードもTopps独占になっているので、Tristarも胡散臭い修正写真を使う様子。
なんか権利関係の問題って、チキンレースの様相を呈してきているような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »