« 09 Bowman Sterling 開封 1パック | トップページ | 09 UD Ultimate Collection 開封 »

2010年1月30日 (土)

09 Topps Tribute 開封 1パック

Untitled0

値段が張るので買おうかどうか悩んだのですが、1パックだけならと、摘んでみました。
1/2のオッズでオートが出るのですが、現役・引退選手ともにメンツがかなり良いので、
そちらを引ければ値段に見合うそれなりのリターンは得られるはず、と踏んでの決断です。
1/2の確率の場合、自分は大抵悪い方の結果にしかならないのが怖いところですが。

では、開封。




Untitled2

ただのレギュラーですが、Ruthが見えたときに本気でいいの引いたなと思えました。
あまりにも綺麗だったので、3枚すべてスリーブに入れて保管してます。
奥行きすら感じさせるほどのリフの輝きと、それを引き立てるシンプルな箔押しが絶妙。



Untitled4
Base Set Blue F.Robinson /219

パック1のパラはブルー版。
最も出やすいバージョンですが、個人的に好きな色なので問題なし、というか好都合。
やはり、リフ加工のカードには原色を使ったパラレルが似合いますね。





Munson_relic
Base Set Relic Blue T.Munson /75

期待のパック1のヒットですが、やはり悪い方の1/2が出ました。
なんかの呪いかと思うほど酷い引きが続くので、泣きそうです。

ただ、このカードの放つ魅力は、ここ数年でナンバーワンといえるレベルかもしれません。
発売時に「メモラ枠が陳腐」と言いましたが、実物を見るとそんなことは忘れるほどで、
久々にベケ値とか関係無しにカード自体の魅力で痺れさせてくれる、強烈な1枚でした。

ただ、挟み込まれてる物体が一体なんなのかという事がベケでも話題になってるようで。





以上、開封終了。

カードが高級版の名に恥じない造りになっており、その優雅さ、美麗さは溜息ものです。
また、オートが50%という高確率で出るうえ、メンツもToppsとは思えないほどの質なので、
リターンの方も十分に期待でき、開封時の緊張感が一層楽しめるのではないかと思います。

しかし、リスクの高さもかなりのもの。
値段からすると、引退選手であっても、メモラで満足できるほどのものは限られてますし、
現役選手のメモラが出た場合は号泣レベルのダメージになるのではないかと思います。

それと、メモラの素材が怪しいのは、ちょっといかがなものかと思います。
木材が2個以上使われてるメモラは、バットと球場シートの両方が使われてるらしいです…。



<追記>
09 UD Ultimateが発売。 
開封動画はこちら() ケース開封はこちら()とこちら
平凡なメモラが多く出現するだろうと予想して、特に気にしてなかった商品だったのですが、
出品されてる品々は豪華なものがかなり多くて驚きました。
直書きオートにデカパッチ、レジェンド級を含むコンボメモラなど、当たりの方が多いかも?

09 Topps Sterlingも発売。 開封動画はこちら(
カードの基本的な造りは、特に変化も見られず例年通りといった雰囲気ですが…。

|

« 09 Bowman Sterling 開封 1パック | トップページ | 09 UD Ultimate Collection 開封 »

MLB 開封結果 2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/33012572

この記事へのトラックバック一覧です: 09 Topps Tribute 開封 1パック:

« 09 Bowman Sterling 開封 1パック | トップページ | 09 UD Ultimate Collection 開封 »