« 09 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 | トップページ | 09 Topps Tribute 開封 1パック »

2010年1月22日 (金)

09 Bowman Sterling 開封 1パック

Untitled0

Bowman DPに続く年末年始の定番ブランド、Bowman Sterlingの開封です。
昨年はRazorの影響でドラフトピックのオートが貧弱になってしまいましたが、
今年は20人弱がラインナップされているので、期待度もなかなかだと思います。

では、開封。





Untitled2
Rookie A.Carpenter
Prospect E.Colina


今年のデザインは、2年続いた無骨な雰囲気とは真逆なものに仕上がっています。
白色を基調にし、文字等は銀色と、落ちついたカラーリングがなされているのに、
背景に異様に目立つロゴをでかでかと配置してるのがアンバランスな気もしますが。





Untitled3
WBC Relic P-H.Keng

パック1のWBCメモラは、台湾の選手でした。
かなり多くの選手がラインナップされているので、特定の国・選手を引のは難しそう。



Untitled6
Prospect Autograph J.Mier

J.Mierは09年ドラフト全米21位、アストロズ1巡目指名の高卒内野手。
ショートの守備が非常に上手いらしく、メジャーでも平均以上になるのではと言われてます。
打撃の方は、コンパクトなスイングでラインドライブの打球を放つのが特徴で、パワーは少な目。
フリースインガーの気があると言われてますが、マイナーではそれなりに四球を選んでます。



Untitled7
Prospect Autograph R.Singh

R.Singhはパイレーツ所属の高卒左腕。
インドでのトライアウトで注目され、契約まで漕ぎつけたことが話題になった選手です。
アメリカに来るまでは槍投げみたいな投げ方をしてたらしく、技術面はまだまだ未完成。
他にも、文化や言語の違いなど、乗り越えなければならない壁は色々と多そうです。

球団はそこをちゃんとサポートできるのかなあ。
インド人選手の育成ノウハウなんて、まだ確立されていないでしょうし…。




以上、開封終了。

毎年空気だったメモラですが、今年はTopps独占のWBCメモラなので楽しみが大幅増。
オートもドラフトピックが十分確保されているので完全にハズレることが少ない(?)のに、
当たりと言えるデュアルオートが箱1で期待できるというのも、かなり美味しいかと。

欠点は、ドラフトピック以外のプロスペクトオートが、話題性重視っぽい人選なこと。
インド人とキューバ人は、WBCメモラに合わせて国際色を意識しての事なんでしょうが、
オートを書くプロスペクトとしては、実力的にまだまだって感じがするので…。
ただ、今回のように引けたら引けたで、なかなか面白いです。



<追記>
09 Donruss Elite Extraが発売
オートのオッズが変わっており、1箱に6枚、ホットボックスは10枚の大盤振る舞いだとか。

<追記の追記>
Eliteのドラフトピックオートの中には、直書きオートのものが存在するようです。

|

« 09 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 | トップページ | 09 Topps Tribute 開封 1パック »

MLB 開封結果 2010」カテゴリの記事

コメント

納得!(笑)

私もニュージランド初の大リーガーを目指してる方を引きましたっ!
面白いかどうかは微妙でしたが・・・( ̄▽ ̄)

投稿: フミノヒデ | 2010年1月23日 (土) 22時54分

>私もニュージランド初の大リーガーを目指してる方を引きましたっ!
インド・キューバに加えてニュージーランドですか!
WBCといい、じわりと野球が世界に広がっているんですかね~。
初のメジャーリーガーになれば、記念の1枚として…。

投稿: へっぽこ太郎 | 2010年1月24日 (日) 00時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/33068429

この記事へのトラックバック一覧です: 09 Bowman Sterling 開封 1パック:

« 09 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 | トップページ | 09 Topps Tribute 開封 1パック »