« 来日外国人のMLBカード その8 | トップページ | 99 UD Retro 開封 »

2009年2月18日 (水)

08 Bowman Sterling 開封 3&4パック目

Untitled0

このぐらいの時期は新商品の発売間隔が緩やかなので、トレカ熱は下がり気味なのですが、
Bowman Sterlingの良さを知った去年から、それなりに盛り上がる開封ができるように。
まだ目玉のルーキー達のオートを引けてないことですし、2パックを追加。

では、開封。





Untitled2
Prospect R.Porcello
Prospect L.Morrison
Base Set J.Cueto
Base Set J.Miller


あまり期待してないレギュラーたちですが、非常に嬉しいプロスペクトが2枚も。
前回のリフだったコモン2枚の代わりに光っていたら、どれだけ嬉しかったか…。





Untitled3
Veteran Relic Refractor M.Holliday /199
Veteran Relic Refractor C.Crawford /199


今度はメモラが2枚ともリフってました。

う~ん、2人ともいい選手ですし、格好いい仕上がりのカードではあるのですが、
このブランドでは、オートメモラが出たほうが喜べるんですよね。
ほぼ同じオッズであるだけに、余計にそう思ってしまいました。



Untitled5
Base Set Rookie Signature S.Smith
Prospect Signature D.Hernandez
Prospect Signature K.Kaaihue

期待のオート4枚のうち3枚がコモン。 1パック分が丸々スカってのは大打撃でした。


S.Smithはロッキーズの26歳の外野手。
マイナーではそこそこ数字を残しているものの、定位置は獲得できないままで、
今年もC.Gonzalezなどの若手と競争しなければならなず、正念場になりそうです。
ちなみに、確か07年のWSで松坂からポテンヒットを打っている(はず)。


D.Hernandezはオリオールズの23歳の右腕。
1パック目で出たTillmanと同じように奪三振と与四球が多い先発ピッチャーですが、
彼よりも3つ年齢が高いせいなのか、球団の期待度はそれほどでもない様子。
一応、現在ロースターに入っているので、さっさとアピールしておきたいところです。


K.Kaaihueはブレーブスの23歳の1塁手。
選球眼を生かし高い出塁率を残すのが特徴で、マイナー通算は.390とかなりのもの。
ただし、チームの1塁には、上にC.Kotchman、下にF.Freemanがいるので、立場は微妙。




Untitled10
Prospect Signature G.Halman

唯一の収穫が、この1枚。

G.Halmanはマリナーズの21歳の外野手。
この動画からわかるように、パワーとスピードを兼ね備えたアスリート系の選手らしく、
昨季は1A+と2Aで合計128試合に出場し、29本塁打、31盗塁という好成績を記録。
09年のチームプロスペクトランキングでは、堂々の1位の座に輝きしました。

ただし、球を全く見極めずに振り回しまくるため、出塁率と三振数が壊滅的に悪いし、
メジャーには新戦力やらキャラが被ってるW.Balentienがいるので、昇格はまだ先かも。





う~ん、Halmanはともかく、オートもメモラも微妙すぎてガッカリ感があるのは否めません。
2パック分の資金ならば、評価が爆上げ中の08 Ultimate Collectionを1つ買えていただけに、
ある程度はリターンがないとキツイかなと感じてしまいます。

というか、そろそろプロスペクト系商品は食傷気味
去年から1年を通じてそれらを購入し続けた己の偏食ぶりのせいでもあるわけですが、
シューボックスに鎮座した大量のコモンオートを眺めていると、なんだか憂鬱な気分に…。

オートを安く大量に書いてもらえるせいか、各社がこぞって出し倒していますが、
「スター候補生」と言われるプロスペクトといえども、あくまで「候補」でしかなく、
いつの間にか消えてしまう選手がかなりいるという過酷な現実があるわけですから、
長いスパンで考えると、意外と厳しいものなのかなあ、プロスペクト系商品って。

.

|

« 来日外国人のMLBカード その8 | トップページ | 99 UD Retro 開封 »

MLB 開封結果 2009」カテゴリの記事

コメント

ども!!
いつも楽しく見させていただいてます!!

プロスペクト系カードの盛り上がりって、
なんだかカード会社の策略にハマってるみたいで
どうも馴染めませんねーー。

あと、プホルスの大高騰があって、
その幻影を追っかけちゃってる...みたいな感じもします。
引いた選手がどれだけ這い上がるか......のワクワク感も解るんですが、
例えコモン級でも、しっかりとメジャーで生き残っている選手や、
殿堂級じゃなくても、メジャーのキャリアを駆け抜けた引退選手を
もっとカードコレクションを通して楽しめるような商品、期待したいですね!!

ちなみに、私は熱烈に応援するフィリーズの若手のみ、収集対象にしております。

投稿: gumbo管理人 | 2009年2月18日 (水) 02時08分

たしかに期待されてたの消えていく選手も多数いますが、その逆も結構あるので、そこがプロスペクトの面白いところではありますよね。今コモンだけど、10年後にはそのカードの価値が何倍にも跳ね上がってるということも考えられますし。

投稿: K・T | 2009年2月18日 (水) 07時05分

なかなか注目はされませんがノンメモラのプロスペクトも期待の選手が出るとうれしいですよね。
L.Morrisonは個人的にもかなり期待しています。
08 Donruss Elite ExtraのオートのBVにはかなりびっくりしましたが・・・。

僕も昨年からプロスペクトものばかり開封してきたので、そろそろバリバリの現役選手のオートが出る箱を開けたいと思っているところです。

投稿: kanon_y_k | 2009年2月18日 (水) 18時51分

SEAの外野手は、スタッツを見るかぎりなかなかスケールが大きそうですね。
ただ出塁率が壊滅的で三振が多いんですか…それ何てC.Gomez(MIN)?

BowmanSterlingは、安心感もある一方で、オートが2枚とも知らない選手だったときにはリアクションに困りますね。
私の場合、プロスペクトは自引きした選手だけ集めることにしています。LaPortaやBumgarnerでも、縁も縁もないのに集めるには、リスクが伴いますし。

とはいえ、ALではBOS、NLではFLAのファームの人材の豊富さは素晴らしいと思います。
どのポジションにも、マイナー全体レベルで評価の高い選手がいますからね。

Ultimate…確かに直書きメモラや直書きデュアルの影響で、評判はいいんですよね。
ただ出やすくなった分、通常ジャージやUSAオートだったときは再起不能になりそうで、購入をためらっています。
単なるメモラでも工夫があれば、まだ救われるんですが。

投稿: H.K41 | 2009年2月18日 (水) 20時42分

う~ん恐いですねえ。実は明日うちにもこれ1パック届く予定です。
ただオートコレクターだと1ボックスでオートがたくさん出るプロスペクト系に
ついつい流れていってしまうのですよね(汗)
でも今度はすたあたさんあたりで
2005 UD Past Time Pennantsか、
あとオートの確率は低いですが、懐かしの2001 UD SP Game Used
でもいってみようかなあ。。。

投稿: フミノヒデ | 2009年2月18日 (水) 22時20分

>いつも楽しく見させていただいてます!!
ありがとうございます。自分もteshi11さんの書き上げる濃厚な物語をいつも楽しみにしておりますよ!

>なんだかカード会社の策略にハマってるみたい
商品の目玉カードとかでもRC系にテーマを絞ったものが増えたのに、現役&引退選手のカードが妙に減っていっているので、そんな気持ちにもなっちゃいますね。

>プホルスの大高騰があって、その幻影を追っかけちゃってる
>例えコモン級でも、しっかりとメジャーで生き残っている選手や、殿堂級じゃなくても、メジャーのキャリアを駆け抜けた引退選手

ううむ、確かに自分もスーパースター候補のプロスペクトを引けるよう望むことが増えてきたので、耳が痛いです…。
最近は超一流といわれる選手以外はカード化されなくなってきてますよねえ。プロスペクトかスーパースターのどちらか2極化というか…。
コモン・マイナースターなどとカテゴライズされても、ドラマを持った選手も沢山いるのでもっとスポットを当ててもいいものですが…?むう。

>私は熱烈に応援するフィリーズの若手のみ、収集対象
好きなチームから新星が生まれると試合がドンドン楽しく見れて格別ですよね。特にカードも持っていると。

投稿: へっぽこ太郎 | 2009年2月18日 (水) 22時33分

>その逆も結構あるので、そこがプロスペクトの面白いところではありますよね。
選手の成長に一喜一憂するのが、プロスペクト系ブランドの一番いい楽しみ方ですよね。
ただ、ときどき最初から最後までトホホなままの選手もいたりするのがちょっと…(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2009年2月18日 (水) 22時36分

>L.Morrisonは個人的にもかなり期待しています。
持ち前の長打力だけでなく、技術も向上させて打率と出塁率を良くしたのはすごいです。
オートはBowman系では出てなくて、ドンラスではSPなので人気が集中しちゃうんでしょうね。

>そろそろバリバリの現役選手のオートが出る箱を
最近はちょっと古めの箱を格安で売ってる店があるので、いくつか良いのがありそうです。

投稿: へっぽこ太郎 | 2009年2月18日 (水) 22時42分

>それ何てC.Gomez(MIN)?
マイナーの成績を比べると、C.Gomezよりさらに低い出塁率でした。大丈夫かいな(笑

>プロスペクトは自引きした選手だけ集めることにしています。
プロスペクトって本当に数が多いので、引いたときは「何かの縁」って感じがしますね。
知らない選手であっても、調べてるうちに妙にそんな気になっちゃう選手もいます。

>ALではBOS、NLではFLA
名前も知らなかった若手がだんだんと成長していく姿を見ていくのは面白く、また愛着が湧くので、もっとチームに魅力を感じるようになります。
FLAには少しカープと同じ匂いがするだけに余計に…。

>通常ジャージやUSAオートだったときは再起不能
予定されていた4ジャージがなくなったので、実は中身が濃くなっているのですが、それでもキツイものがあるのには違いありませんよねえ。
そこの部分は相変わらずUltimateらしいです。

投稿: へっぽこ太郎 | 2009年2月18日 (水) 22時52分

>1ボックスでオートがたくさん出るプロスペクト系についつい流れていってしまう
プロスペクトに特化した商品ほど沢山でちゃうので、気持ちはわかります。
手にいっぱいオートを持ってみると妙な幸福感が…(笑

>すたあたさん
あのお店、面白い品揃えですよね~。自分もよくチェックしてます。2001 UD SP Game Usedとかどこから入手したんだろう?
Past Time Pennantsは直書き&レジェンドといういまでは珍しくなったブランドですよね。ミニペナントも入ってたような。

投稿: へっぽこ太郎 | 2009年2月18日 (水) 22時58分

プロスペクト系は、自分も一時熱中してた時期があってかなりオートとか残ってますけど
その時は、プロスペクト ランキングで上位でも消えてしまったりしらない内に日本に来てたりしますもんね。

しかし、プロスペクト系はベケ見てもオートの値段メジャーリーガーのジャージより安い選手多いですもんね。

投稿: kuniz | 2009年2月21日 (土) 21時45分

>ランキングで上位でも消えてしまったりしらない内に日本に来てたり
浮き沈みが激しいですよね、プロスペクトの評価は。
メジャー全体でもトップランクと評された若手がレギュラーを取れずに放出ってパターンは結構ショックを受けます。

>ジャージより安い選手多いですもんね。
この辺りは、やっぱり「あくまで候補」に過ぎない選手って感じが。

投稿: へっぽこ太郎 | 2009年2月21日 (土) 23時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/28168598

この記事へのトラックバック一覧です: 08 Bowman Sterling 開封 3&4パック目:

« 来日外国人のMLBカード その8 | トップページ | 99 UD Retro 開封 »