« 08 Bowman Sterling 開封 2パック目 | トップページ | 来日外国人のMLBカード その8 »

2009年1月28日 (水)

08 Razor Signature Series 開封 2パック

最近はDonruss Elite、Bowman DP、Bowman Sterlingなどを買っているものの、
08年のドラ1選手のオートは1枚だけと、からっきし手に入りません。
もっと効率よく手に入れるため、いまさらながら話題のRazorをパック買いしてみました。
ついでに、去年から今年にかけてのパック買いの結果もご紹介。

まずは、パックの主な結果。





Untitled1
Untitled2
Mantle Home Run History Red Refractor /25
Base Set Orange Refractor H.Pence /25
Prospect Blue Refractor M.Sapp /150
Base Set Copper Refractor M.Ordonez /599
Base Set Black J.Werth /57
Base Set Gold Border J.Mclaren /2008
Base Set Gold Border G.Soto /2008
Base Set Gold Border J.Chanberlain /2008


Toppsは様々な種類のカードが出現するので、パック開けの楽しさは格別なものが。
乱発しすぎと言われる色違いパラですが、出るとやっぱり嬉しいものですね。
特に、リフのようなパラレルは、元々の写真の綺麗さとの相乗効果で大好物。

Mantleのレッド、Penceのオレンジは下手なメモラ・オートよりもお気に入りですし、
J.Mclarenのカードにイチローが一緒に写っているのに気づき、思わず得した気分に。



Untitled3
Winning Materials Baseball 99 G.Anderson /99
Framed Black D.Matsuzaka


逆に、UDはパックの中身が淡白だったり割高に感じることが多かったです。
目玉カードに力を注いでいる商品は、その反動か、レギュ等に魅力があるとは言い難く、
美麗カードの代表格といえるMasterpieceは、パックだと若干高いような…てな具合で。

結局、一番の収穫はMasterpieceの松坂ブラックフレーム。
絵画調の写真、エンボス加工、渋いフレーム、優しい手触りの紙質の調和が素晴らしく、
UD製のレギュラーとは思えないほど抜群の一品に仕上がっています。



それでは、Razor Signatureの結果を。



Untitled8

レギュラーは1パック4枚で、うち2枚が独占契約の選手のもの。
それらのカードのみにわざわざ「exclusive」の箔押しがしてあるのを見つけ、
Razorはこの独占契約に社運をかけているんだなあと感じました。

ただ、カードの出来は平凡なような…。
同じMiLBカードを作っているJustに比べると、頑張っていますが。



Untitled9
Black Parallel of Base Autograph B.Hunter /199

オートは直書きで、大きく書かれているのは好印象。
ただ、SPxの台紙組み込み型のオートみたいな無骨デザインなのが微妙。
所属チームやポジションなどのプロフィールが無いことや、小さい写真もちょっと…。

B.Hunterは08年ドラフト全米214位、アスレチックス7順目指名の大卒右腕。
07年の秋までは98マイルの速球を投げる豪腕だったのですが、翌年春に怪我。
活躍できるかは、怪我の回復次第でしょうか。



Untitled11
Exclusive Autograph D.Cooper /1199

目的通り、ドラ1、しかも独占契約選手のオートが引けました。

D.Cooperは08年ドラフト全米17位、ブルージェイズ1順目指名の大卒野手。
走塁面、守備面の貢献度は少ないものの、それを補って余りある打棒が魅力で、
このバッティングフォームからわかるように、かなりのパワーヒッターだそうです。

プロ入り後は1A-、1A、1A+の3つのリーグを経験し、打率.333、OPS901と、安定した内容。
ただ、ホームランは5本と少なめでした。





以上、開封終了。

メンツがピンキリとはいえ、独占契約選手の直書きオートが引けるのは魅力的ですね。
さらに、それらが1500円以下で手に入るというコストパフォーマンスの良さも光ります。

ただ、全般的になんとなく変化に乏しいのが引っかかりました。
全部のパックにオートが保障されていて、変に安心感があるせいなのでしょうか?
それとも、デザインや中身の構成などが原因?
なんだか、UD SPxのパック開封の感覚に似ているような…。

.

|

« 08 Bowman Sterling 開封 2パック目 | トップページ | 来日外国人のMLBカード その8 »

MLB 開封結果 2009」カテゴリの記事

コメント

Mantleのレッドは私も引きましたが結構レアなんでしょうね。引く手あまたでした(笑)
レザーに関しては私もデザインが微妙でした。そうですか私の言いたかったことは「無骨」
でしたか・・・言葉が見つからなくてうまく言えませんでしたが同じ気持ちです。
選手的には08年ドラフト全米17位は、
まずまず当たりですね(^^)

投稿: フミノヒデ | 2009年1月28日 (水) 20時56分

>引く手あまたでした
去年から続くシリーズものので、人気選手のカードだからというのもあるかもしれませんが、カード自体の格好良さは惚れ惚れするレベルなので、手に入れたい人は多いかもしれませんね。
自分も気に入ったので、珍しくファイルに入れて保管してます。

>レザーに関しては私もデザインが微妙でした。
駄目じゃないけど、なんか足りない感じがしました。
デザインセンスは各会社で違うので、これもrazorの特徴ってことで(笑

投稿: へっぽこ太郎 | 2009年1月29日 (木) 00時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/27526702

この記事へのトラックバック一覧です: 08 Razor Signature Series 開封 2パック:

« 08 Bowman Sterling 開封 2パック目 | トップページ | 来日外国人のMLBカード その8 »